PAGE TOP

アンプのボリューム調整ができない・・

ケンウッド R-SE7

昔買ったケンウッドのミニコンポ。
CD、MD、カセットテープデッキなどのセットで買ったのだが、今残っているのはR-SE7というアンプ・チューナー部(レシーバー部)とスピーカーのみ。


パソコンからの音楽を再生するために残しているのだが、リモコンでボリームの調整はできるのだが、本体のダイヤルで調整ができない。
ボチボチ引退か。

 

そもそも、このミニコンポはいつ頃のだ?と思って調べてみたら1997年発売のものらしい。
ウ~ム、21年物。
まぁ、その部屋のパソコン自体も最近はあまり使わないので、アンプ・スピーカーも不要といえば不要か。

・・と言ってすぐに処分できない貧乏性。

修理できんかい?

症状は。

このアンプのボリュームは左右に回すとどこかで止まるタイプではなく、クルクルといつまでも回るタイプ。
リモコンでのボリームの調整は全く問題はない。
つまり、ボリューム部の不具合と思われる。

回転は少し重い感じがする。
おそらく、軸にグリスが塗ってあるのなら、そのグリスも劣化しているのだろう。

分解

ひとまず、カバーを外してみた。

ケンウッド R-SE7 分解さほどホコリは積んでいない。

液漏れしているコンデンサが無さそうか、見てみる。


液漏れしているコンデンサがあるなら、さすがに処分したほうがいいほどの時代物だから。

幸か不幸か、コンデンサは大丈夫そう。

 

ケンウッド R-SE7 分解フロントの操作パネル部を外す。


ケンウッド R-SE7 操作パネルボリュームのダイヤルを引き抜くと、ボリュームを固定している六角ナットがあるのでこれを外す。


ケンウッド R-SE7 操作パネル 分解後は基盤部を固定しているネジを外せばパネルと基板は外れる。


ケンウッド R-SE7 ボリュームで、ボリュームはこんな感じで基板にハンダ付けされている。


爪があってそれをドライバーでこじれば上部が外れるような構造のボリュームもあるようだが、これは分解できないようだ。

ならば、部品の交換となるが・・

清掃

ただ、21年物。部品交換を考えて互換パーツを探すより、まずは接点復活剤でしょう。

 

エレキクリーナー これは、車のパーツショップで買ったエレキクリーナーという電気部品の洗浄スプレー。


相当前に買ったものだが・・使い切らん。

で、これをボリュームの軸の部分に吹き付けながら、ボリームを回してみることをしばらく繰り返す。 かなりボリュームが軽く回るようになった。

直ったか?

ボリュームが軽く回るようになったので、しばらくクリーナーが乾くのを待って仮組。

通電して動作確認をしたら、バッチリ直った

軽くホコリを掃除してショートなどしないようにして組み上げて完了。

しばらくは延命できたようだ。

当然、問題もある

この方法、全く問題がないわけではない。

ボリュームの軸を洗い流しているためグリス分が無くなっているので、今はスムースに回転していても、そのうち回転は鈍くなってボリュームは永くはもたないかも。

また、流れ出たグリス分がついた基盤は一応ふき掃除はしたが、あまり基板にはよくないだろう。

まぁ、新しいアンプなどでボリュームの調子が悪いときはこの方法を試すより、メーカーに相談する方が吉でしょう。

また、コンデンサに液漏れがあったり、細部に掃除しきれないほどのホコリが積んでる年期物はショートする危険があるので処分した方が吉でしょう。

1~2万円のアンプけちって火事になってもねぇ。
と、言いながら自分ではやってる貧乏性。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト