PAGE TOP

HONDA MONKEY 2000 ANIVERSARY (タミヤ 1/6)

タミヤ 1/6 モンキー2000

1/6 オートバイシリーズ No.30
ホンダ モンキー 2000年スペシャルモデル

株式会社 タミヤ(田宮模型)

2000年7月発売 発売時価格 ¥4,800
2000年10月 購入


【実車】

  • 1961年遊園地「多摩テック」に登場(Z100)
      49cc 4.3ps/9,500rpm
      非売品
  • 1963年輸出車(CZ100)販売開始
      49cc 4.3ps/9,500rpm
  • 1967年3月公道モンキー1号(Z50M)販売開始
      49cc 2.5ps/6,000rpm 0.31kg-m/5,500rpm
      ¥63,000

 

ダックス、ゴリラ、モンキー、高校生の頃はこんなバイクがゴ~ロゴロ走ってた。
30年ほど前のスクータといった存在ですな。
でも、いまだにこれらの実車がリバイバル販売されるところを見ると、やはり個性的なキャラクタの持ち味が受けるのだろう。
買い主はやはり、オジサンがメインか?実車のCB750Fourも再販してくれぃ。

 

都内のちょっと大きな模型屋さんを覗いたら、このモンキーが1つとゴリラが3つほど、買ってくれい、と並んでた。
1/6スケールの模型がいくつも並んでいるのは珍しい。といっても、モンキー、ゴリラは所詮原チャ。さほど大きなパッケージではない。
ひとまず、在庫の少ないモンキーをゲットしとかなくちゃ。

で、ホンダ モンキー 2000年スペシャルモデルって何よ。

帰って組み立て説明書にある解説を見たら、「カラーリングを71年のZ50Z(2)型をイメージしたツートンで仕上げた限定生産。3,000台販売された。」とある。 オリジナルのZ50Z(2)型は知らないが、限定3,000台は多くねぇ?

カタナのファイナルエディションは限定1,000台。
モンキー2000の価格が199,000円に対して、カタナのファイナルは990,000円。
手を出しやすい価格ではあるが。

後日、2000年の原付一種(50cc以下)の販売台数を調べたら、558,459台。
その中の3,000台というと5.37%。
メーカーとしても何年もかけて売ろうとはしていないだろうが、原チャの市場5%くらいはモンキー2000が売れると踏んだから3,000台も販売したんでしょうなぁ。

結局どのくらいの期間で完売したのかは不明だが・・
市場5.37%・・限定というより、強気の販売戦略に見えるが。

 

タミヤ 1/6 モンキー2000 パッケージ側面パッケージ側面にはカラーリングの違う実車3台の写真が載っている。

・・実車の方が欲しくなる・・


タミヤ 1/6 モンキー2000 パッケージ側面反対側の側面にはキットに付属しているオプションのマフラーなどの写真がある。


キット構成

大スケール1/6といえど、原チャ。ゴリラ、ダックス同様いたってシンプルなキット構成。

 

タミヤ 1/6 モンキー2000 キット構成蓋を開けると結構多いメッキパーツが目を引く。


タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツガソリンタンクはエンジ系の成形色。

パッケージの写真にある2000年スペシャルモデルが再現できる。

ただ、このキットにはパッケージ側面にあるその他2種のカラーリングも再現できるようなデカールがついている。


タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツエンジン、ホイール類はやや艶を落としたメッキパーツ。


タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツその袋をひっくり返すと黒色成形のパーツがある。

そこにはこのキットで最大のサイズのフレームが。といってもさほど大きいものではない。


タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツマフラー、フェンダーなどはメッキパーツ。

そのマフラーはヨシムラサイクロン、SP武川トルネードショートマフラーが選択できる。

また、ノーマルのマフラーも選択できるようだ。


アタイは選択部品があると考えこんでしまうタイプ。
どれにします?

エンジ系のランナーにはチェーンとスプロケットが一体成形されたパーツがついている。

 

タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツ ミラーやリヤのキャリヤーはメッキパーツ。


タミヤ 1/6 モンキー2000 パーツ その袋をひっくり返すと、黒色成形のパーツにブレーキレバーなどがある。


このランナーにもチェーンとスプロケットが一体成形されたパーツがついている。
組み立て説明書では、こちらのパーツを使うようになっている。

エンジ色のランナーのチェーンパーツとをじっと見比べると・・

特に説明書には記載されていないが、どうやら、リアスプロケットの形状が違うようだ。

 この黒色ランナーのブレーキハンドル、チェーンカバーなどのパーツは他のランナーにちょこっとずつ形状が違うものがあるが、それらは説明書では未使用となっている。
このランナーのパーツを使わずに、未使用となっているパーツを使えばタミヤがオリジナルとして製作した1/6スケールのモンキーが作れるということですな。

・・そんな、まどろっこしいことはやめて、「HONDA MONKEY Z50J-I (タミヤ 1/6)」を買った・・



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト