PAGE TOP

Honda Super Cub (フジミ 1/12)

フジミ 1/12 カブ

フジミ

バイクシリーズ No.1
ホンダ スーパーカブC100
1958年(昭和33年)

2015年8月購入 購入時価格 ¥2,600(税別)


スーパーカブはダイキャスト製のものは見かけたことがあるが、プラモデルでも発売されたようだ。

バイクは実車のニューモデルも目立ったものがなく、当然模型に登場してくるものも少ない。
MotoGPなどのものが多いが、最近、テレビでレース中継なんかも見たことがないが・・。
なので、おじさんとしてはこんなんが欲しいです。

 

このスーパーカブC100は1958年(昭和33年)にカブから進化して登場した初期型がモデル。
実車は現在も同じスタイルが踏襲されており、アタイより息が長いモデルということですな。

 

フジミ 1/12 カブ パッケージ側面パッケージ側面には実車の写真が4枚ほど載っている。


ただ、そのうち2枚がメーター部。
せっかくなら参考として違うアングルのものがあったらねぇ。

キットの構成

実車もシンプルなので、キットの構成もいたってシンプル。

フジミ 1/12 カブ キット構成パッケージの中はこんな感じ。


フジミ 1/12 カブ メッキパーツブレーキドラム、マフラー、ホイール等は艶ありのメッキパーツ。


フジミ 1/12 カブ パーツフレームなどは着色したランナー。
カブの特徴でもある白いレッグシールドは別ランナーながら、フレームのランナーと同じ色。
ちょっと残念だが、厚ぼったく塗装しなくても隠蔽は楽そう。


ちなみに、ハーフタイプのヘルメットもついていた。

 

フジミ 1/12 タイヤ

フジミのバイク模型にはタイヤがプラ製で、左右張り合わせるタイプのものがある。
今時、プラ張り合わせというのは・・それはそれで貴重かもしれないが。

で、ちょっと心配していたのだが、プラではないがゴムでもない、柔らかい素材。
・・なんと言うんか知らんが、プラの張り合わせより良いじゃろ。


まぁ、実車のタイヤも細いので、模型のタイヤも細い。多くのバイク模型はスポーツタイプなので幅広のものを見慣れている者としてはかなり細く感じる。
ただ、それなりにトレッドパターンも再現され・・頑張りましたという感じ。

 

中身を見終わったところでフト思う。

メーカー希望小売価格、税別で¥2,600はチト高いのではなかろうか・・



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト