低容量ハードディスク

古いハードディスクを整理しようと思った。

玄箱、白箱やUSB変換ケースに組み込んだもの、裸でUSB変換用のアダプタを使用して接続していたものなど、120Gbyte、250Gbyte、320Gbyteなど今となっては低容量のハードディスクがゴロゴロと10数基。

S.M.A.R.T.の情報を見る限りエラーはないようなので、データのバックアップをとっていたが、データを更新した時の差分のバックアップを考えると現実的でないため、結局1度バックアップしただけ。

使い道を考えたが、あまりいい案はない。

玄箱
USB変換ケースに組み込んだハードディスクが1つあるので、私のPCにデジタル化して保存している子供のビデオや写真を格納して娘に。

玄箱にも同じものを入れて息子に。

子供たちの記録が自分たちの手元にあれば、私が死んでもPCの中を探しまわらなくても良いだろうし。

ハードディスク
玄箱はあと2台あるので、それぞれ320Gbyteのディスクを。
白箱は250Gbyteのディスクのミラーリング。

あとはUSB変換機1台と250Gbyteのディスクを1台残すことにして、120Gbyteクラスのハードディスクは・・・処分。

白箱は、mp3のデータを入れて、PCなしでリンクシアターあたりから再生できるようにする予定。

残るは玄箱2台と裸のハードディスクの使い道。
・・・今のところ思いつかず。