ヴォクシーのカーステ交換

最近、バイクも車もほとんど乗らなくなったけど、一応車検は受けとかなくちゃいざという時乗ることもできないただの箱。
もう何年選手かも忘れた我が家のヴォクシーだけど、ほとんど乗らないし、これがいいという車も見かけないので買い替える気にもならない。

たまに街中で昔乗っていた一世代のライトエース・ノアや、その前に乗っていた二世代前のライトエースを見かけることもある。

昔は7~8年置きに買い替えていたけど、もうそんな時代じゃないんだろうし。
やっと最近は壊れていなけりゃ乗り続けりゃいいという心境になってきた。
逆に一番最初に買ったセリカLBが欲しいくらい・・イカン、イカン、なんでそんなん買いたがるんじゃ(^^;

それにしても、重量税。
13年や18年経過するとなんで高くなるんじゃ?
環境に負荷が高いからというが・・
13年、18年乗っているということは、大切に何十万キロも乗るパターンもあるだろうけど、我が家みたいに年間数百キロしか走らない場合もある。
最新のハイブリッド車で年間数千キロ走る車より排ガスは少ないんじゃないけ?
しかも、車も一台をずっと使っているわけだから、この期間で2台、3台と乗り換える車の分の素材や加工のための工場の稼働エネルギーも節約してエコに貢献しとるんじゃないけ?

新しい冷蔵庫やエアコンは節電になるとは思うが、乗る頻度が少ない車を大切に乗ってちゃ反エコなんけ?

車が売れず、経済成長には反するかもしれんけど、トータルでは環境負荷削減に貢献しとらんけ?

・・まぁ、とりあえずは車検受けなきゃ乗るに乗れん、というところに話を戻そう。

今年の車検はエンジンオイル、ブレーキフルードなどの油脂類、バッテリー交換などやっておいた。

事前に、古くなってひび割れが出てきたタイヤの交換もやっておいた。

ちなみに、あとは以前から調子の悪かったカーステレオも交換しておいた。

以前のカーステレオは通常の操作の他に細かな設定をしたりCDを交換するときは操作パネルがスライドするタイプ。
いつも操作パネルをオープンにしていたので車のキーをオンにしてカーステの電源が入るとパネルがスライドし、キーをオフにするとパネルが閉じていた。

この繰り返しのため操作パネルと本体の間のフラットケーブルが割れて接触不良となり、パネルを開くと操作ボタンが効かなくなっていた。
パネルを閉じた状態だと操作できるのだが、間違ってパネルをオープンすると操作ができない。で、車のキーをオンにしてパネルがスライドする前にクローズのボタンが押せればしめたものだったが、やっぱ・・操作性か悪いというかなんというか(^^;

やっぱ、機械的な動作も少ないシンプルな構造が一番ですなぁ。

たまにしか乗らないからといっても、やっぱ音楽が欲しいということで取り換えることにした。

カーパーツショップで特売品の6,980円のカーステを発見。
ただ、取り換え工賃が3,240円~。

ウ~ム、自分で取り換えよう。

センターコンソールの樹脂製のパネルは爪で引っかかっているだけだが、引っ張り出すには運転席と助手席にあるコンソールのふたが邪魔になる。
これはねじ止めされている。
あとはシフトノブが邪魔するので一番下まで移動しておいてセンターコンソールのパネルの隙間に指を差し込みながら爪を外していく。

voxyセンターコンソールのカーステ
元のステレオが姿を現したときにいきなりコードは外さず、新しいカーステのコードを比較。

元のステレオの電源ラインにはヒューズが入っていた。
新しいカーステには電源ラインにはヒューズを入れてと・・・説明書きが入っていた。安いんですから・・

指定容量が同じだったので昔のヒューズを使うことにして若干配線の加工をした。

voxyセンターコンソールのカーステ
で、新しいカーステを接続。

工賃3,240円節約。

早速新しいCDを焼いて試聴。
ウン? 曲のタイトルの表示が・・・
何々、日本語未対応ですか。安いんですから・・

まぁ、今度のはCDだけじゃなくipodやUSBメモリも使えるんだから前のより使い勝手はいいかも。

・・ipod持ってないや・・

Nゲージ電機用コントローラ (その8) 運転台全形

現在PICマイコンを使ってのNゲージ関連のコントローラ、制御盤、ターンテーブル、ポイントマシンなどの製作を並行して進めている。

それぞれが相関関係を持っているので並行して作業しているのだが、遅々として進まず、作りかけでそのまま放置されているパーツやら、ものによっては買ったまま手つかずのパーツがいっぱい。

特に作りかけのパーツは何とかしないと場所をとってしょうがない。

ということで、ここらで運転台の木工、金工で作りかけているパーツを組み上げることにした。

 

運転台ベース
ベースは4mm厚の合板。
幅580mmで、一番出っ張っている右端の主幹制御器が載る部分の奥行は300mm。

一応図面を書いて作り始めたのだが、実際にパーツとして素材を切り出していくと結構デカく感じる。

 

Nゲージレイアウト用制御盤などでは「鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2」のようなもので、BGM、駅構内の各種の音を再生するようにしているが、このコントローラでもATSのベルやチャイムの音、コンプレッサーの音などを再現。

制御盤では最大4個のMP3プレーヤーの音をアンプ部でミキシングしてステレオスピーカーで再生できるようにしているが、ここでは機関車が発する単純な音の低音質・モノラルのWAVファイルを再生するのがメイン。

従って、ちっちゃなスピーカで音さえ出ていればいい感じなのでミキシングなどもなし。

1つのPIC24FJ64GA002でSDカードにあるサンプリング8kHz、16bit モノラルのWAVファイルが2ファイル同時に再生できる。
ということでPICマイコン2個、スピーカー4個を使って4つの音を同時に再生できるようにしようと思う。

こうしてミキシングをせずにアンプとスピーカーを1:1にするとボリューム調整も楽ちんだから。

 

メーターパネル部埋め込み用スピーカー
4個のスピーカーのうち、2個はメーターパネルの足の部分に組み込むことにした。

メーターパネル部埋め込み用スピーカー
表面にはネットを貼った。

メーターパネル部埋め込み用スピーカー
これは裏側。

メーターパネル部埋め込み用スピーカー
メーターパネルの足の部分はこんな感じになった。

右の部分はEBのリセットハンドルがつく予定。

運転台パーツ
グレーのサフェーサーを塗ったまま放置されていた作りかけのパーツたちもやっと出番がきた。

そうそう、早く組み立てなくちゃならない理由にはメーターパネルを塗装するときに他のパーツも同じ色調で塗られるようにと多めに調合した塗料が乾燥、蒸発しないうちに使ってしまう必要もあったのだ。

右端手前にある主幹制御器の前面と側面部は金属製、その他のものは木製。

運転台全形
切り出した素材を組み上げて立体になった時点でもデカいと感じていたが、その部品が並ぶとさらにデカく感じる。

いや~、Nゲージのコントローラにしてはでかすぎるだろう・・

でも、これ以上小さくしたらハンドル類が小さくなりすぎて操作に気分がのらないだろうし。
・・もう、気分は機関士になりきっているんだから。

ガタン、ゴトン・・ガタン、ゴトン・・

主幹制御器埋め込み用スピーカー
メーターパネルの足の部分に組み込むスピーカー以外にもう2個のスピーカーを用意。

主幹制御器埋め込み用スピーカー
これも表面にはネットを貼った。

主幹制御器埋め込み用スピーカー
これは裏側。

主幹制御器の下の部分に設置する。

運転台全形
主幹制御器の部分の天板はこれから色々なパーツがつくのでまだ未塗装。

しかし・・・やっぱデカイ。

ちなみに、くまモンがいる部分には最終的に現在使わなくなった32インチのテレビを置く予定。
そんでもって動力車につけたCCDカメラの映像をこのテレビに映し出す。

お~、電車でGOや鉄道運転シミュレーター Bve trainsim 以上のものができそうな予感がするではないか。

いぐねぇ?

開閉式の主幹制御器前面
主幹制御器の前面は開閉可能にして内部の機器をメンテナンスできるようにしておいた。

お~、自己満足、自己満足。

しばらく格納
作りかけのいろんなパーツがある程度1か所に集めることができた。

その他はまだバラバラの状態のものが多いので、ひとまずこの状態でしまっておくことにした。

結構デカイので埃よけも大きめの可燃ゴミの袋をかけておいた。

もし、志半ばで私が死んでも、家族はこのまま燃えるゴミの日に出すことができる・・・

イヤ、金属部分があるから不燃ごみか?



Nゲージレイアウト用制御盤 (その6) 進路の制御盤パネル

今回作成しているNケージレイアウトの制御盤の目玉のひとつ、進路の制御盤。
要は、レイアウトのポイントを転換するテコを本物みたいな感じで作ろうというもの。
で、いよいよそのパネルの製作。

まずはテコ。
信号テコ
こちらは、本物のテコ。
枠は頑丈で奥行きがある。そしてネジの緩み止めなどもちゃんと施されている。

さすが、重要部品。

実物のテコの頭をシリコン&レジンでコピーすることも考えたが、それじゃぁ本物の制御盤と同じ大きさが必要になる!?
ということで、ちょっと小さめのサイズのものをモデラで削りだしてレジンで量産。

実物の信号テコと模型用自作信号テコ
左:削りだしてレジンで量産したテコ
右:本物のテコ

多くのテコは中立の位置と左右に倒した位置の3点に切り替えられる。
切り替えるときはカチッ、カチッと節度がある動作なのでこれは実現したい。
ただ、なるべく小さく作りたいのでいろんな仕組みは考えず、市販のDIPロータリースイッチを使用することにした。

DIPロータリースイッチとテコ
このスイッチはエンドレスでクルクル回すことができる。
最初はストッパを作って3点しか動かないようにしようかと思ったが、私しか使わないスイッチ。
仕組みを考えて作りこんでも結局は自己満足で終わるのが目に見えているので無駄な努力はしないことにした。

肝心のテコは裏側にDIPロータリースイッチの頭が入る穴をあけ、瞬間接着剤で固定することにした。
この頭を埋め込んだテコの部分はスイッチ本体から外すことができる。

続いて制御盤のパネル。

進路表示用青色LED
開通している進路を表示するのに青色の表面実装型のLEDを使用することにした。
光らすとこんな感じ。

進路表示用青色LED
進路を表示しようとすると複数個のLEDが点灯することになり、照度を落として光らせても目が痛いかも。
ということで、1mm厚の白色のプラ版の裏側から光らせることにした。

進路表示とは別に信号機の表示もLEDで点灯させることにした。
こちらは砲弾型のLEDで光を和らげるため拡散用のキャップをかぶせることにした。

パネルベースのアクリル板
プラ板だけだとヨレヨレになってしまうので、3mm厚のアクリル板をベースにしてその表面にプラ板を貼り付ける。

アクリル板にはテコ用のロータリースイッチの穴、LED用の穴などを明けていく。
ロータリースイッチの穴は本体が入るように四角。

ウ~ム、結構穴だらけ。

裏側に基盤を取り付けるためのM3のネジ穴もあける。

パネルベースのアクリル板と表面のブラ板
表面に貼り付けるプラ板にはロータリースイッチとLED用の穴を明ける。
ロータリースイッチの穴は軸が通るだけの丸穴。

ネジ穴はアクリル板だけにして表面からは基盤取り付け用のネジの頭が見えないようにした。

当然ながら、プラ板とアクリル板の穴の位置が合わないと、穴ぼこだらけで再利用できないプラ板とアクリル板になってしまう。orz

線路表示用パーツ
制御盤上に線路の部分を表すラインは別のプラ板から切り出したパーツを貼ることにした。

塗装した進路表示盤と線路表示パーツ
プラ板とアクリル板を貼り合わせたところで塗装。

進路表示盤に線路表示パーツを貼付
線路の部分は塗装のかわりに区間ごとに色の違うテプラのテープを貼って、LEDを透過させる部分は塗装を剥がし、テープも隙間をもたせた。

が、・・結果、どうもテプラのテープだとテカテカしすぎる。

ウ~ム、線路部分はもともとパネルのマスキングが大変そうなので別パーツにしてテプラのテープを貼ろうと考えたのだが、やっぱ線路の部分も塗装で表現したほうが良さそう。

進路表示盤に線路表示を塗装で再現
と、いうことでマスキングを繰り返しながら塗装。

まぁ、こんなもんでしょうか。

パネルのサイズは450mm×200mm。

塗装が終了した進路表示盤
結局信号機の部分も塗装で表現。

進路を示すLEDの部分は切り抜いてあり、その上に貼るパーツを透過させる予定だったが、上に貼るパーツがなくなった今・・・
結局LEDがそのまま見えるようになってしまったとさ。

・・世の中、思い通りに行かないことは多々ある。ウム、しょうがない。orz

進路表示盤用基盤
テコ用のDIPロータリースイッチ、着点を選択するためのタクトスイッチ、LEDなどを取り付ける基盤。
3分割してあり、アクリル板にねじ止めする。

進路表示盤用基盤にパーツを配置
基盤の表面はこんな感じ。

進路表示盤に基盤を取り付け
基盤の裏面はこんな感じ。
この基盤はスイッチとLEDを配置したもので、実際に制御するPICマイコンは別の基盤に作りこんでケーブルでつなぐ予定。

基盤の右上にあるのは「Nゲージターンテーブル (その1) ロータリースイッチを作る」で作ったターンテーブル操作用のロータリースイッチ。

完成した進路表示盤のパネル
線路の番線番号、信号の番号などをテプラで作成して貼り付け。

左上部にはターンテーブルのコントロール用スイッチがある。
この部分の線路の色塗りは別パーツに塗ってして貼り付けることにした。

完成した進路制御盤パネル
進路制御盤の心臓部・PICマイコンによるポイント転換の制御はまだまだ未完成なれど、結構形が出来上がると、さぁ、もうひと踏ん張り

・・という具合にはなかなか進まないのであるが。

ちなみに、この写真ではまだテコはついていません。
テコをつけるのは基盤のロータリースイッチなどのパーツの配線が終わってからの予定。

完成した進路表示盤のパネル裏側
裏面はこんな感じ。

P6T WS ProfessionalをWindows10にしてみた

Windows7/Windows8などからWindows10への無料upgradeが2015/7/29からスタート。

手元に2台のASUS P6T WS Professionalがあり、OSはWindows7。
1台はどちらかと言えばバックアップ的な使い方をしているのでひとまずそれをWindows10にしてみることにした。

バックアップ

一旦Windows10にアップグレードしても元のOSに戻せるようだが・・・
それはアップグレードが成功したときのこと。

失敗しては元も子もないので、OSのバックアップと起動用のCDを作成。

・・ちなみに、OSをロールバックしても起動できないAPが出たりする不具合?があるようだ。

待つ・・ひたすら待つ

Windows10へのアップグレード手続きをして2~3日様子を見た。
Cドライブに$Windows.~BTというフォルダが作成されていた。
容量は5.35Gほど。

10日くらい毎日PCを起動して経過を観察していたがそれ以上ダウンロードは行われていないようだが、中々準備ができたという表示がでない。
8月9日。待ち切れずPCに問題がないのか等々を調べてみることした。

失敗:80240020

コントロールパネルの「Windows Update」にある「更新履歴の表示」を見ると手がかりがあるらしい。
で、見てみると、「失敗:80240020」が何行か出力されていた。

ウ~ム、一応Windowsもアップグレードをしようと努力はしていたみたいだ。

エラーコードをネットで調べてみると、順番待ちらしい。
とはいえ、せっかちな人向けに対処方法もあるらしい。

レジストリを変更してWindows Updateを起動

Windows Update 80240020 のエラーでインストールに失敗する」のページを参考にして
・[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionWindowsUpdateOSUpgrade]に「DWORD (32-bit) 値 、名前 = AllowOSUpgrade , 値 = 0x00000001 」を追加

コントロール パネルを起動しなおしてWindows Updateを見ると「Windows10のアップグレード予約が完了しました」と表示された。

アップグレード実行

画面に従ってアップグレードを実行する。
途中で、「ちょっと時間がかかっていますが、もう少しで・・」という感じのメッセージが出たいたが、約1時間くらいで完了したらしく、いざログイン。

画面が点滅する

ログインしてみると以前の壁紙が表示され、昔のアイコン類が一瞬表示されたが、後はアイコン類は消え、壁紙がチカチカと点滅している。
よく解像度を変えたりしたときにもちらつく事があるが、設定の最後の段階かと思いしばらく放置。

2時間くらい待ってもマウスの操作を受け付けない。
どうやら、失敗らしい(T_T)

Windows 10 にサインイン後、画面が点滅する場合の対処法」を参考にしてみる。

キーボードは効いたのでタスクマネージャを起動してみる。
そこからは幾つかの操作はでき、点滅の合間に入力フォーカスを持っているエリアにマウスでフォーカスを当てることを繰り返せば1文字くらいずつは入力できるようだ。(画面が点滅するとフォーカスは別のところに行くらしい。)

・・ウイ対策ソフトがルス邪魔をしていることがあるらしい。
入れていたソフトは「nortonのインターネットセキュリティ」。

なくなっている・・・・
アップグレード時になんの断りもなくアンインストールされていたようだ。
・・無断でなんてことしますのん。

ひとまず次の方法としてプロンプト画面から「dism」「sfc」コマンドを実行して様子を見るが改善せず。

セーフモードで確認してみる

セーフモードで起動してみるとちゃんと起動でき、デスクトップのアイコンなども昔のものが表示されている。
スタートメニューはWindows10のものになっていた。

お~、これがWindows10のデスクトップか~!
まさか実物のWindows10のデスクトップを見る感激の機会がセーフモードからとは(^^;

気になるのはディスプレイアダプター。
デバイスマネージャーで見ると特にエラーもなかったが、ドライバーはMicrosoftのものが使用されていた。

ひとまず、このドライバーを更新しようと思って他のPCからネットワーク越しに持ってこようと「セーフモード+ネットワーク」で再起動してみる。

チーミングドライバが動かない

P6T WS Professionalは2つのネットワークアダプタがあり、これまでチーミングを組んで使っていたが、これが無効になっていた。
有効にしようとしても有効にならない。
イベントを見ると「デバイスを使用するには、さらにインストールが必要です」というような感じのメッセージが出ている。
何がいるんじゃ?
・・・もうちょっと調べると、「IP プロトコル スタックをネットワーク アダプターに自動的にバインドできませんでした。」ということらしかった。

ひとまず、チーミングはしなくていいや。
デバイスを削除し、ネットワークアダプタを1つのみ有効にしてみた。

なんとかネットワークにはつながるようになったみたい。

ディスプレイアダプタのドライバが更新できない

ディスプレイアダプタはRadeon HD 4300/4500 Series。
ドライバを探したらWindows10対応のドライバがあったので、ダウンロードしてインストールしようとしたが、
「検出ドライバーをロードできませんでした。」
というエラーでドライバが更新できない。

セーフモードではインストールできないのか、ほかに理由があるのかは不明。
ただし、通常モードでWindowsが正常に起動できない以上、インストールはできない。

・・Windows7に戻そう

そんな、こんなでWindows7に戻してしまいました。

もう一度Windows10移行に挑戦

今のところ分かっている問題は画面が点滅し操作ができないこととNICのチーミングができないこと。
画面が点滅して操作ができないのは問題点というより致命傷。OSの体をなしていないんだから。

Radeon HD 4300/4500 SeriesのWindows10対応となっているドライバはWindows8、Windows7にも対応となっている。
じゃ、ひとまずWindows7の状態でインストールしてWindows10に移行すればいいんじゃないけ?

ネットワークはチーミングを無効ににネットワークアダプターも1個を無効として残りの1個のみを有効にしておいた。

で、やってみる。
最新のドライバをインストールして、Windows10をWindows Updateで更新するためにレジストリをいじる。
WindowsUpdateで更新の準備が完了してアップグレード。

アップグレードが完了すると・・お~、今度は画面の点滅もなくちゃんと使えそう・・
ネットワークにもちゃんとつながっているようだ。

AiNapがどうの、こうの・・

ちゃんとOSが起動できたと思ったのだが、「AiNapがどうの、こうの・・」というエラーのダイアログが表示されたが、「OK」ボタンをクリックすると消えた。

で、WIndows10の操作を試して見ようとしていたが、壁紙はスクリーン全部に表示されているのだが、アプリケーションのウインドウが画面左上部かかると黒くなる。
どうやら、アイコン1個分の領域が黒く抜け、最前面に表示されているようだ。

これまでのところ心当たりはAiNapがどうの、こうの・というやつ。

AiNap.exeは、ASUSマザーボードのオーバークロックやシステム管理ソフト「AI Suite」のプログラムらしい。
ウ~ム、いらん。
アンインストールじゃ。
これでウインドウが左上部にかかっても黒く抜けることはなくなった。

Windows10への移行完了

ここで、勝手にアンインストールされたウイルスソフトをインストール。

2~3日使ってみたが、特に・・表面上は・・不具合は出ていない
と、いうことでひとまずは正常?に移行が完了したみたい。

ネットワークに関しては、Windows7の時にインストールしたチーミングのソフトは「Realtek Virtual Miniport Driver for Teaming (NDIS 6.0)」。

最新版はNDIS 6.2というのがあるらしいが、Windows10ではインストールできなかった。
これもWindows7の時にインストールしておけばWindows10でも動いたのかも知れない。

(気になったので、というより、バックアップ機にインストールしていなかったソフトがあったのでWin10でインストールしようとしたらこのOSではインストールできないと断られた。
ウ~ム、そうきたか・・
やむなくもう一度Win7に戻してAPをインストールし直したついでにこちらも直してみたのだが結局駄目だった。)

でも、もういいや。
現状では帯域分散とかの目的ではなく、単に冗長化の意味合いでチーミングしていただけだからNICがおかしくなったら、手動で切り替えよう。

もう一台Windows7のASUS P6T WS Professionalをアップグレードするときはドライバ類はすべて最新のものにしてからやれば吉・・かも。

Windows10

スタートメニューをちょこっとカスタマイズしてみた。
Windows8よりは使い勝手はよさそうな気がするが、なんか感激が薄い。
Microsoft Edge・・こちらも感激が薄い。

まぁ、Windows7のライフサイクルを考えたらWindows10に無償で移行できる時にアップグレードしておけばいいかなぁ・・という感じのまま終わったような気がしてきた。

ちなみに、もう一台のPCにはWindowsXPモードにインストールしてあるAPがある。
これをどうするか。
「イマドキXPですか?」と言われても、「XPまでしか動かないソフトがあるんだから」しょうがない。
XPのまま眠っているPC復活か!?
もしくは、それらをVMに移行か。

前向きになれない過去を引きずるおじさんなのであった・・