フィルムのスキャン

最近、DVDを焼かなくなってラベル印刷もしないので主役の座をすっかりレーザプリンタに奪われた我が家のインクジェットプリンタEPSON PM-A900。

一応年賀状の季節ということで再び登場していた。

いろいろ身の回りのものを整理していて気になっていたのが、ネガフィルム。
子供の記録はフィルムとVHSビデオの時代だった。
それ以前に若かりし頃からずっと撮ってきたのも当然フィルム。

昔は専用のフィルムスキャナを買ってデジタル化しておこうとしていた時期もあったが、時間がかかりすぎるので挫折。
PM-A900を買ったときもフィルムスキャンの機能があったので再びチャレンジしたが、これもあえなく挫折。

今使っているCanon MF4270は紙のスキャンはできるが、フィルムのスキャンはできない。
今後出てくる機種もフィルムのスキャンが標準で付いている機種はどんどんなくなるだろうし。

と、いうことでPM-A900が壊れる前に、こんどこそフィルムを全部スキャンしておくことにした。

ネガフィルムはアルバムに5冊分。

フィルムのスキャン

仕事の合間に朝から夜まで2週間。
やっと1冊完了。
このペースだと毎日ずっとやってもあと2ヶ月かかりそうだが、今回は挫折せずにできそう・・か?

W400のハンドルとブレーキレバー

息子が出先で駐車中に倒されて、ブレーキレバーとハンドルが曲がってしまったW400。
 
W400ブレーキレバー
 
写真では、さほどわからないが、乗ると違和感が・・
来年4月の車検までに直しておきたいが、息子も忙しくてなかなか時間もないようで。
 
さて、バイク屋さんに行って直してもらうか、パーツを買ってきて私が直すか。
私のXJRだと、何も考えずに自分で直すのだが、どちらかといえば所有権がおかーちゃんから息子に移っているバイクだし・・
 
なんて、他人行儀なことは言わず、ひとまずパーツの値段を調べてみることにした。
 
カワサキのホームページでパーツの検索を始めたのだが、結構操作が難しい。
操作説明のページも見ているのだが、どうしてもパーツリストの図が表示されない。
 
使っているブラウザはFireFox。で、IEでやってみたら図はちゃんと表示された。
 
なんだ、操作は別に難しくないじゃん。
じゃ、GoogleChromeや、Operaではどのように表示されるんだろう..とやり始めて気が付いた。
そうだ、ブラウザでの表示試験をやるのが目的じゃなかった。
 
で、パーツの見積もり結果。
ハンドル 46003-0089 ¥5,681(2011/12現在 税込み)
ブレーキレバー 46092-1207 ¥1,281(2011/12現在 税込み)
計¥6,962
 
バイク屋さんに頼むと、プラス1時間分くらいの工賃かな?
 
さて、どうしよう。
余談ですが、2008年式からハンドルは変わってるみたいですなぁ。
 
=2012/03=
こんな感じで交換しました。



参考図書 – 模型製作

分類 タイトル 著者
(敬称略)
発行所
初版
価格 備考
模型製作 1番ゲージ
ライブスティーム
C62の製作(鉄道模型趣味
1972年1月号~12月号)
C62の製作
末近久之 機芸出版社   図面から細部の工作方法まで詳細に記述されている。
1番ゲージのキットを組み立てる方にも参考になるものと思う。もちろん絶版で、私も古書店で入手した。
模型蒸気機関車製作の
手引き
MARTIN EVANS
金田茂裕 訳
プレス・アイゼンバーン
1978年11月15日
7,500円 蒸気機関車の軸配列の説明から始まり、台枠、シリンダ、弁装置、ボイラー、給油機構などライブスチーム模型の製作に必要な基礎知識全てが記述されている。
ちょっと難解な訳が目に付いた。
すでに絶版であろう。
Building the Shay

Building the Shay

平岡幸三 Wildwood Publications
Division of Live Steam, Incorporated1982年6月
$38 3-1/2インチゲージのギヤードロコ=シェイ=の製作を図解を交えて教えてくれる。
(5インチゲージへの変更も可能のようだ。)必要な工具についても記述されており、私もこれに刺激されて、ゆくゆくは製作してみたいなと思っている。
ベベルギヤも購入してしまったがいつ着手できることやら。英語で書かれているが、図や写真が豊富なのでなんとかなるだろう。同じく平岡さんの著書に「Building the Climax」があるが、こちらは絶版となった模様である。
ライブスチームの
シェイを作ろう
ライブスチームのシェイを作ろう
平岡幸三 機芸出版社
2004年7月20日
8,095円
(税別)
Building the Shayの日本語版のようにも見えるが、性能面に改造を加えたり作りやすさも考慮した新設計である。
詳細な加工手順や運転の仕方の他、工具、材料に関するものまで内容満載である。
ライブスチーム

ライブスチーム

渡辺精一 誠文堂新光社
1982年11月25日
22,000円 MARTIN EVANS著「模型蒸気機関車製作の手引き」の日本版といった感じで構成が非常に似ている。
豊富な写真と図解によってライブスチームの設計、製作の概要が全て理解できるバイブルに違いない。
生きた蒸気機関車を
作ろう

生きた蒸気機関車を作ろう

平岡幸三 機芸出版社
平成5年7月1日
4,700円 3-1/2インチゲージの米国ペンシルバニア鉄道型機関車の製作方法で、手順を追って詳細に記述されている。Building the Shayと同じ平岡幸三さんの著によるもの。Building the Shayに比べるともっと親切に書かれているように感じるのは、こちらは日本語で書かれているからだろうか?
本書を参考に機関車を作られた方がおり、雑誌、HPで紹介されている。
特殊構造をもつ
機関車とライブスチーム特殊構造をもつ機関車とライブスチーム
三ツ矢明 機芸出版社
平成10年12月10日
3,333円
(税別)
鉄道模型趣味誌に掲載された3-1/2インチゲージ模型7両の製作記。
ボイラー、弁装置など本書を出版するにあたって書き下ろされたものもある。三ツ矢さんのSL、梅小路蒸気機関車館に展示されていた。(2006年)
Manual& Catalog

Manual& Catalog

  アスターホビー   アスターホビーの1番ゲージライブスチームのカタログ。ボイラーの種類に始まり、弁装置の仕組み、運転の方法等が書かれている。
従前のカタログにも同様の記事はあったが、今回はレイアウトの設置まで詳しく書かれている。
1番ゲージの入門書として最適。
45mmゲージ
ライブスチーマーの製作
8620形機関車

45mmゲージ ライブスチーマーの製作 8620形機関車

渡辺精一 科学教材社 2,625円
(税込み)
昭和40年代の「模型とラジオ」誌に9回に渡って連載された1番ゲージ8620形の図面付きの製作記事。この記事を初めて見たのは、私がまだ中学生の頃だった。
到底自分では作ることはできないと思ったためか、雑誌もいつの間にか処分していた。しかしながら、2000年6月、科学教材社からコピーが販売されていたので再度入手することができた。小学生の頃からライブスチーム模型の存在は知っていたが、実際に作り方を目にしたのはこの記事が最初であった。
【復刻版】
少年技師ハンドブック電気機関車の作り方
蒸気機関車の作り方
電気:山北藤一郎
蒸気:田口武二郎
誠文堂新光社
2003年02月10日
5,200円
(税別)
昭和15年発行の「電気機関車の作り方」と昭和11年発行の「蒸気機関車の作り方」の復刻版。
まさかの復刻で目にすることができた。
大げさな言い方をすると、鉄道模型界の歴史的な資料。

海外のサイトで

海外のサイトで書籍を扱っているサイトをみかけました。
Live Steam & Diesel Model Railroading

その他の参考書籍

模型設計
模型設計に関する書籍はこちらから。
機械工作
機械工作に関する書籍はこちらから。
その他
その他の書籍はこちらから。
戻る
参考図書に戻る。

参考図書 – 設計図

分類 タイトル 著者
(敬称略)
発行所
初版
価格 備考
設計図 C59形機関車明細図C59形機関車明細図 鉄道史資料
保存会編集
昭和57年
10月1日
19,500円 C59形機関車の設計図。
C62形機関車はボイラーはD52、足周りはC59を基に作られたことは知られているが、本書の中の台枠の設計図にはC62の寸法が併記されている。ちなみにC62のLT253形2軸従台車の図面は一般に出回っていないようなので模型製作にあたっては梅小路蒸気機関車館で実測。
1950年代
国鉄貨車明細図集国鉄貨車明細図集
鉄道史資料
保存会編集
昭和62年
12月1日
7,000円 比較的新しい貨車の設計図集。
貨車の模型を作るときの参考資料にできる。
9600形機関車明細図
9600形機関車明細図
鉄道史資料
保存会編集
1994年
4月1日
9,709円
(税別)
206ページ。
古い機関車らしくインチでの設計であるが、一部にメートル法の物があるようだ。
設計当初のものはインチ、その後に基本設計が変更されて図面が再作成されたり、あらたに追加された機器類の図面がメートル法となっているように見受けられる。模型づくりの参考にするにはちょっと面倒かも。
8620形機関車明細図
8620形機関車明細図
鉄道史資料
保存会編集
1994年
5月1日
9,709円
(税別)
206ページ。
9600形機関車明細図と同様にインチでの設計とメートル法の物が混在している。
C11形機関車明細図
C11形機関車明細図
鉄道史資料
保存会編集
2003年
7月1日
12,000円
(税別)
211ページ。
C53形機関車明細図
C53形機関車明細図
鉄道史資料
保存会編集
2000年
7月10日
12,000円
(税別)
やはり、見たいのはグリスレイ式の中央シリンダの部分でしょうか。もう少し、そのあたりの図面が見たかった気がする。
D50形機関車明細図
(9900形)
D50形機関車明細図
鉄道史資料
保存会編集
1994年
8月1日
10,000円
(税別)
図面上の部品名も旧字で書かれており、機関車の年代を感じる。
日本国有鉄道
蒸気機関車設計図面集蒸気機関車設計図面集
国鉄SL図面
編集委員会編
原書房 12,000円 数多くの蒸気機関車の組立図と一部部品の設計図集。
HOゲージなどの機関車を作成する際の参考にもなると思う。
夕張鉄道11形
明細図集
夕張鉄道11形明細図集
モデルワーゲン編 (有)モデルワーゲン
平成9年
6月30日
7,140円 インチ表示である。

その他の参考書籍

模型製作
模型製作に関する書籍はこちらから。
機械工作
機械工作に関する書籍はこちらから。
その他
その他の書籍はこちらから。
戻る
参考図書に戻る。
1 2 3 9