漫画トレース用の素材・机

学習机

娘の小学生の頃からの趣味は漫画を描くこと。
現在も結構書いているようだ。

小学生の時はトレースなどにタカラトミーの「スララ」とか、・・商品名は忘れたが・・乳白色のアクリル板の下から照明をあててとかいうものを使っていたが、その後環境はパソコンにタブレットをつないでいた時代を経て、数年前からはタブレットも液晶タブレットにバージョンアップ。
本格的じゃん。

いまだに、娘と一緒におじゃる丸を見ている変な父娘であるが、おじゃる丸に登場する「うすいさちよ」。
28歳独身、売れない少女漫画家。いつの日か一発当ててお城のような家に住み・・・
我が家の娘も一発当てて親にいい車でも買ってはくれまいか・・

そう、「うすいさちよ」を目指して。
いや、この場合うすいさちよを目指すんじゃなく、漫画家を目指してもらわないと困るのか!?

娘の歳?バラしたら殴られます・・たぶん。

絵を描くためのソフトはCLIP STUDIO
ちなみに、このソフトのインストール、液タブの設定などはアタイの仕事でした。爺やは頑張ってます。

CLIP STUDIOでは自分で作ったり、販売されている3Dの素材を元に角度を変えたりしてトレースすることもできるらしい。
ということで、教室の机とか椅子の素材を買って使っているようだが、ドアや窓の開け閉め、何個もある机や椅子を1つずつ向きを変えたり移動したりもできる。ほ~。それで1,000円也。

で、娘から「学校以外のものも同じように作れる?」というおねだり?が。
今恩を売っとけば、車は買ってもらえなくても老後の面倒でも見てもらえる特典があるのか?

調査開始

CLIP STUDIOで読み込める3Dデータは、
FBX、LWO、LWS、OBJ、C2FR/C2FC、6KT、6KH、PEP
など。

6KT、6KHは六角大王が出力するファイル。
なんと六角大王はクリップスタジオを販売している株式会社セルシスが買収したみたいだ。

ちなみにアタイがモデラで切削するためのstlファイルを作成するためにメインで使用しているのがキヤノンITソリューションズが扱っている「TurboCad v15」。
10年くらい前に六角大王は試してみたことはあるがアタイの目的とするものが作れないため試してみたことはあるが使ってはいない。

TurboCadで出力が可能で、CLIP STUDIOで読み込み可能なファイルはOBJだけ

そこで、これまでモデラで切削するために作ったデータをOBJにしてCLIP STUDIOで読み込んでみた。

10個くらい試してみて結果は1つのみCLIP STUDIOに読み込むことができたが、その他はことごとくCLIP STUDIOが強制終了してしまった。
CLIP STUDIOは娘のパソコンにしか入っていないので娘に読み込みを試してもらったのだが、「パソコン壊れない?」と言われた。
・・さぁ。

ウ~ム。
TurboCAD v15で作成したSTLでモデラは動かせたのだが。
TurboCADで作成するOBJに方言があるのかそれともバグか。1つだけCLIP STUDIOに読み込むことができたのも気になるところ。
TurboCAD v15というソフト、今調べると2011年頃の発売で価格は定価で98,000円。
個人で買うには安いと言えるものではないが、高価なCADが軒を連ねていた時代の中では安かった。

ただし・・
このTurboCAD、3Dの処理をしようとするとしょっちゅう落ちまくるというものでお世辞にもいいソフトとは言えなかった。
なので、例えば3Dのエッジ処理をしたら、エッジ処理後という名前でセーブ、結合したら結合後という名前でセーブというようにものすごい数のバックアップファイルを作りながら処理をしていた。何しろ、いつ落ちるかわからない不安定さ。
趣味でモデラのデータを作るために使っていたので我慢していたが、業務ではこれで使用に耐えられるのか?という製品だった。
現在もTurboCAD v2015という名前で販売されている。我が家のに「20」が余分についている。

安値のサイトでStandard版約3万円、Professional版約7.8万円。
ひとまず・・買えない。

じゃ、六角大王は?
お試し版をダウンロードしてみたが、どうも机とか椅子などいろんなものを作成するようなソフトではなさそう。

その他無償お試し期間があるソフトがあるので試してみるのはいいけど、結構お高い。
いいソフトだからといって無償期間が終わったあとお気軽に製品を買うことはできない。
しかも、娘の趣味の漫画のトレースの素材を作るのに数十万円かかったり、毎年ウン万円のライセンス払うものだったりは買えんでしょう。

ファイルのフォーマット変換
TurboCADから直接CLIP STUDIOに読み込めるものを作ることができないとなると次に考えられるのはファイルのフォーマット変換。
TurboCADから出力したファイルを一旦別のソフトに読み込み、そこから出力したものをCLIP STUDIOに読み込ませる。

フリーのCADを調べたら「DesignSpark Mechanical」というのがあった。
「DesignSpark Mechanical」で読み込めるファイルはECAD(idf、idf、emm)、OBJ、SketchUp(skp)、STLなど。
ただ、いくつかの形式で出力はできるのだが、DesignSpark Mechanicalで出力し、CLIP STUDIOで読み込めるのはOBJだけ。

DesignSpark Mechanical
とりあえず、インストールしてみた。

TurboCAD v15で作成したOBJを読み込ませたところエラーとなってどのファイルも読み込むことはできなかった
CLIP STUDIOのように強制終了することはなかったが、どのファイルもエラーとなった。
(CLIP STUDIOで唯一読み込めたファイルは試しいてないが。)

TurboCAD v15で出力でき、DesignSpark Mechanicalに読み込めるファイルにはSTLもあった。
そこでSTLを試したところちゃんとDesignSpark Mechanicalに読み込めた。
学習机
色はつかない。

学習机

学習机

これをDesignSpark MechanicalでOBJとして出力しCLIP STUDIOに読み込ませると・・
お~、読み込めた!

CLIP STUDIO側でちゃんと回転させたりすることもできた。

じゃ、複数の机を描いた1ファイルをCLIP STUDIOに入力にしてそれぞれの机を1つずつ移動させられるのか?

考えられるのはレイヤーを分けること。

TurboCADで2つのレイヤーにそれぞれ机を配置してSTLファイルを作成し、DesignSpark Mechanicalに読み込ませる。
・・1つのレイヤーに配置された。ガク_| ̄|○

2つ見えている机のうち、1つの机をコピーし、新しいレイヤーを作成して貼り付けたところ机2つとも貼りつき、合計4つの机になった。ガク_| ̄|○

詳しくはしらないけど、そもそもSTLファイルの名称の由来は光造形法を意味するStereolithographyからきてるらしい。
STLのデータは主に光造機やプリンタ、プロッタなどの出力機器にかませるためのもの。ファイルはレイヤーなんぞの概念を保存するものではない?

DesignSpark Mechanicalでファイルを編集中に別のファイルを挿入する機能があった。
ただ、これだと希望する位置に配置していくのが結構面倒そう。
とはいえ、本来はこの機能を使っていろんなパーツを基板上に配置したりするような使い方をするみたい。

最初からDesignSpark Mechanicalだけで作ればよいことなのかもしれないが、新しいものを習得するのが億劫な年ごろの爺なのです・・

TurboCAD v2015
ちなみに、TurboCAD v2015も30日間無償で使える体験版があった。
やはり、気になるのがTurboCADのOBJに方言があるのかv15にバグがあるのか。

インストール済みのv15に影響があると思うので別のPCにv2015体験版をインストールしてみた。
・・こうしていろんなものをインストールしてレジストリが汚れて肥大化していくのであった・・
TurboCAD v2015で既存のファイルを読み込んでOBJを作成してみると、
CLIP STUDIO -> 落ちた
DesignSpark Mechanical -> 読み込めなかった

ずっとOBJファイルの作成にバグを持っているとは考えにくい。
やっぱ、方言を持っているのではなかろうか。
(v15の品質を思うとやっぱバグかも?)

TurboCAD v2015では出力ファイルにSKPファイルが増えていた。これはDesignSpark Mechanicalでも読み込める形式。

SKPファイル読み込み
試してみると・・・1つのレイヤとして読み込まれた。
結合していたパーツはそれぞれ個別のソリッドになっていた。

DesignSpark Mechanical

それらは組み合わせコマンドで1つにすることができた。
また、STLファイルを読み込んだ時と違い机1つだけ別レイヤに移動することができた

学習机
複数のレイヤーに配置した状態でOBJとして保存し、CLIP STUDIOに読み込ませるとそのレイヤーの部品ごとに回転や移動といった操作ができる。

これならTurboCAD v2015で作図してSKPファイルとして出力、DesignSpark Mechanicalに読み込んでレイヤー配置を見直してOBJファイルとして出力、CLIP STUDIOに読み込み、という手順でできそうだ。

が、TurboCAD v2015はStandard版で約3万円、Professional版で約7.8万円。
アタイはモデラのデータを作るには今持っているバージョンで十分、娘もこんな金額は払えない。

ということで、我が家では
・v15とDesignSpark Mechanicalの組み合わせで面倒な部分があっても頑張る
・DesignSpark Mechanicalの使い方に精通してこれのみで作成する
のいずれかに。

さて、娘からは何を作ってくれというリクエストがあるのだろうか。
・・アタイの欲しい車は・・

ここで、DesignSpark MechanicalにSKPファイルを読み込ませた時個別のソリッドになっていたことを思い出した。
もしかして、TurboCAD v15で作図したときのモデルがサーフェスかソリッドかによって結果が違うのか?
試しにTurboCADでソリッドで四角形を作ってOBJを作成しDesignSpark Mechanicalに読み込ませてみた。
結果はエラー。

続いて、サーフェスで四角形を作って読み込ませてみた。
結果は読み込まれた。

どうやらTurboCADでソリッドで作ったOBJにDesignSpark MechanicalやCLIP STUDIOで読み込めないクセのある部分がありそうだ

娘からのリクエストにはTurboCAD v15でサーフェスのみで作図すればCLIP STUDIOで読み込める・・かも知れない。
複雑な図形を書いて試してみてはいないので未知数だが。

学習机
TurboCAD v15で作図した机。
漫画のトレースに使用するため足となるパイプ部分は少し太めにしてみた。
おおきなお世話?

ちなみに、サイズはgoogleで検索して出てきた実物の机のサイズ。
高さはいろいろあるようだが、670mmくらいにした・・別にどうでもよいことかも知れない。

学習机
両側面には荷物かけもつけてみた。
ちゃんと教科書を入れる場所も空間を開けといた。
ちょっと太めの足のゴムもつけた・・太すぎた・・

学習机

学習机

痛車のプラモデルとフィギュア

痛車のプラモデルを玄関に置いた

痛車のプラモデル。家族に内緒で玄関に置いてみた。

・・・すぐにバレた。
 
 
アラサーの娘から痛車は飾るなとクギをさされていたのだが、あたいの部屋はもう一杯なのでバレなきゃいいかなと。
まぁ、バレないはずがない場所なのだが。
 
(-_-メ)
やはり、怒られた・・

 
そこのところを何とかお願いしますと何度も懇願して置かせてもらうことになった
(^O^)/
 
娘からはフィギュアも禁止されていた。
昔、1/6のバイクと一緒に飾るといってワイルドセブンの飛葉とかも買っていたことがある。
この頃はまだ娘は中学生くらいで、あたいは父親として威厳をふりまいていた!?
 
最近はルパン三世のフィギュアなどコッソリ買うようになっていた。(^^;
親に隠れてタバコ吸ってる中高生という感じか!?
 
 
でも、やはりフィギュアはお姉さんものが欲しい・・
どうしても欲しい・・
 
娘に何度もお願いしてやっと許可が出た
(^O^)/
 
当然ながら、玄関、リビングなど娘の目につくところには絶対に飾らないこと!!
という条件がついた。
 
まぁ、実家に引っ込んで隠居するときに飾ろう。
 
でも、孫が来て「おじいちゃんのお人形さんの隣に飾ろう」といってリカちゃん人形なんか持ってきたらどうしよう。
 
 

そんなことを考えながらも買ってしまった・・
 

フィギュア
こんなん買ってみた。

フィギュア
こんなんも買ってみた。

フィギュア
ついでにこんなんも買ってみた。

フィギュア
最後にこんなん買ってみた。

 
 
孫娘に弁解しよう。
これはまだ、おじいちゃんになる前に買ったんだよ・・

古くなったタブレットの再利用

iconatab(acer) a500

娘が(たぶん)2012年の正月に買ったタブレット「Acer iconia tab A500」

おととしには結構高価なノートパソコンを買ったのでほとんど使わなくなっていたようだ。
ちなみに、どちらもネットワークの設定などはアタイの仕事。
 
 

まだ使えるものを処分するとき自分で捨てると気が引けるので、一応周りの人に「いる?」と聞いてみる。
欲しいという人がいないと自分でも後ろめたさが少しなくなるのか「じゃ、捨てよう」とふんぎりがつく・・
 
我が家では「いる?」と聞かれるのがだいたいアタイ。
お菓子などの綺麗な缶やら箱やらも「いる?」と聞かれる。
アタイとしては・・「もったいないなぁ・・とりあえずもらっとくわ。」ということでどんどんゴミが溜まっていく・・
お菓子なら、まぁ、だいたい一緒に食べているのでしょうがない。
・・食べさせてはもらえずに箱だけ「いる?」と聞かれると怒るべきなんでしょうけど、幸いそんな事態はさけられている。
・・実は知らないうちにみんなで食べて箱も密かに処分されてたりして(^^;
 
 
そんなこんなでもらったタブレットではあるが、今となっては性能がねぇ。
(今となっては・・といっても高々5年なのだが。)
 
 
CPU:Tegra 2 デュアルコア 1GHz
メモリ:DDR2 1GB
ストレージ:16GB SSD
 
10.1インチ WXGA (1280x800 px) TFT液晶
 
 

古くなったタブレットの再利用法をネットで調べてみたところ、PCのセカンドモニタとして使う、トイレや寝室で使う等々。
やっぱ、オ~・そうか~というほど良い使い道はない。
 
我が家には17インチのスクエアモニタが3台ほど余ってる。
今は無料で引き取ってくれるところも少なく結局はセカンドモニタとして使っている。
昔は作業中にmp3の音楽をBGMとして流していたが、今は動画が増えたのでセカンドモニタが重宝している。
 
ただ、メインのPCはいまどきの27インチワイドモニタ、42インチテレビ、17インチスクエアモニタとトリプルモニタ体制。
10.1インチのタブレットの入り込む余地はない。
他のPCも同様にタブレットのセカンドモニタは特に必要ない。
 
 
ならば、10.1インチのモニタより小さいラズパイのモニタとしてはどうか。

 

リモートデスクトップ接続

・・・の前に。
 
日本ではAndroid3.2のアップデートまで公開されているようであるが、現時点ではインストールできないアプリも多々ある模様。
頑張ればAndroid4.4などにもアップデートできるようだが、結構テマヒマがかかるようだ。失敗したら元も子もない。
 
手っ取り早いのは海外で公開されているICS4.03をダウンロードしてSDカードに入れて起動するだけという方法。
 
結構簡単。
ただし、英語版なので「MoreLocale 2」や日本語入力用のアプリを入れて日本語対応にしておいた。
 
 
その後、リモートデスクトップ接続のアプリを入れ、ラズパイ3にリモートデスクトップ接続してみた。
ラズパイ3をリモートデスクトップ接続
左:ラズパイ3 公式7インチ タッチ・スクリーン
右:iconia tab A500 10.1インチ
 
ワイヤレスでリモート接続はできたが・・
 
何しよう・・

ブラウザもちゃんと起動でき、サイトの閲覧も問題なくできる。
・・でも、何でリモート接続してまでホスト側でブラウザを起動させるんじゃ!?
タブレット自身にブラウザもってるし・・
 
 
まぁ、リモート接続するとすれば、モニタもキーボードもマウスも無いいわゆるヘッドレスサーバを運用する際、シャットダウンなどの簡易な操作を行うために使うのが良いかも。

 
簡易な操作・・タブレットはソフトウェアキーボード。
慣れていりゃ問題ないが、キー入力が多い場合はやっぱ通常のキーボードを接続した方が操作性は良いわなぁ。
ということで、簡易な操作だけでよい場合やエマジェンシー対応として使用するリモート接続クライアントならいいかも。
 
エマジェンシー時のリモート接続クライアント・・・出番少なっ・・
 

メディアプレーヤー

出窓においてメディアプレーヤーはどうじゃ。
 
音楽を聴くためだけにPCを起動するより、起動、終了がすばやく出来てしかも省電力。
 
 
タブレットが立てた状態でおけるようアクリル板でスタンドを作った。
使ったのは自作のアクリル曲げ用ヒーター
 

自作タブレットスタンド
形は単純なJ字形というか・・まぁ、写真のとおりですわ。

自作タブレットスタンド
あまり直立ではなく、かといって寝すぎではなく。
見る場所を想定し、こんな角度かなぁという感じで現物あわせで加工。

自作タブレットスタンド
タブレット後部とアクリル板の隙間には2.5インチのHDDを置くことができる。
このなかに再生したいファイルを入れる。

100均で色々見かけるが、すぐにパキッといきそう。板厚によっては材料費もそれなりのお値段になるがまぁ、良いのではなかろうか。
 
 
で、再生したみた。
 
詳細はおいといて・・
1125iのMV(ミュージックビデオ)だと結構コマ落ちする。
525iのものだと問題なく再生できる。
という感じだった。

iconatab a500とラズパイ3
左:ラズベリーパイと公式7インチディスプレイ
右:10.1インチのタブレット
 
やっぱ、10.1インチくらいあるとメディアプレーヤーとして窓辺においてもいいかも知れない。

ただ、ここでも問題が。
手持ちに525iのMVが少ない。
わざわざ1125iのMVからビットレートを落とすのも面倒。
 
ということで、mp3を再生しながらスライドショーで静止画を表示させてみた。
まぁ、いいかなぁ・・
 
と思ったが、やはり曲に合せた画像やらをフォルダ分けして管理するのも・・面倒だった(^^;
 
iconatab(acer) a500
綺麗な箱と一緒にもらったのだが・・

 
 

冬場は風呂上りにはすぐに布団に入りたい。
ということで、最終的には・・布団の中でネットを見てるだけ。
まぁ、本来の使い方が一番なんでしょうなぁ。

スピーカースタンドを自作

自作スピーカースタンド

5.1chサラウンドのスピーカーのうち3個をテレビ台の中に入れているが、スピーカースタンドを作ってもう少し近くで鳴らすことにした。
 
歳のせいで耳が・・!?

サラウンドシステムはONKYOのBASE-V10X。結構古いもの。
アンプ部はPR-155、スピーカーはD-L1X。
 

フロント側のスピーカー3個はテレビ台の中、リア側のスピーカー2個は純正のスピーカースタンドAS-75Hを使っている。

市販スピーカースタンド
AS-75Hはその名のとおり、床面からスピーカー底面までが75cm。
・・75cmが名前の由来じゃなかったりして(^^;

AS-75Hは販売終了となっているが、同じスタイルのスタンドは12,500円~15,000円程度で売られているようだ。
ただ、現在は床に座椅子を置いてテレビを見ているためフロント側がこんな高さのスタンドではちょっと高すぎる。
また、市販のスタンドはデカいスピーカーを置くためのものが多く、ちっちゃいサテライトスピーカー用のスタンドはあまり見たことがない。
 
じゃぁ・・・作ろう。
 
手元近くに置きたいが、そんなにいつも5.1chで聞いている訳ではないのでサッと出して、サッと片付けられること、使うときは少し低めでテレビの視界にあまり入らないこと、当然ながら安くあがることなどが要件。
 
がっちりとした木の台のようなもの作るとスピーカー自体がちぃちゃいのでどっちがメインかわからなくなりそう。
スピーカーサイズに合せてちっちゃくすると軽くなってコテッと倒れそう。
・・ということでリア同様のパイプの上にスピーカーを配置するスタイルのものにした。
 
 

スタンドパーツ
素材はダイソーで売っているメタルラックのパイプとイモノ四角皿。

鋳物四角皿
鋳物の皿にはギョーザが3個のってる写真が貼ってあった。
熱々のギョーザを食卓に・・というものらしい。
皿の重量は約640g。
結構ずっしりしておりスピーカーを立てても簡単に転びそうにはない。
 
幅17センチ。

スタンドパーツ
その他のパーツはネジとアルミのコの字形アングル。

支柱となるメタルラックのパイプの径は実測値12.87mm。
1/2インチ12.7mmのパイプに溝の加工やらメッキをしたものらしい。
 
長さは25センチ、39センチ、47センチと3種類あったが、テレビを見るときの視界に入らないよう一番短い25センチのにした。
 
 

メタルラックパイプ
パイプの上側はキャップがあるが、このキャップを取るとネジが切られており、延長パイプが取り付けられるようになっている。
 
内径(ネジの内側)を測って見ると約10mm。
 

M11か?
ただ、M11というのはあまり一般的でない。
 
ユニファイネジなら7/16インチ(3分5厘)で11mm強。
これか!?ただし、ピッチは分からない。
 
近所のホームセンターに行ってみたが、このサイズような大き目のユニファイネジやらウィットネジはない。
ひとまずM10のネジを買って、これを差込んでスプリングピンでも打って止めてみることにした。
 
 
スピーカーにはM5の雌ネジが2個埋め込まれている。
アルミのコの字形アングルに穴を開けてスピーカーをネジ止めできるようにした。
また、支柱となるパイプをネジ止めする穴も開けた。

 

スピーカー取り付け座
両端の穴がスピーカーネジ止め用。
真ん中のボルトを支柱にネジ止めする。

スピーカー取り付け座
今回使用したアルミアングルはM10六角ボルトの二辺を少しヤスることでピッタリはまって回り止めも兼ねられた。

パイプ内でネジが切られている部分は端から10mm程度のところまで。

スピーカー取り付け座
試しにM10のネジの根元10mm位の部分に水道工事などで使うシールテープを厚めに巻きつけてネジ込んでみることにした。

スピーカー取り付け座
グラグラにはならずに結構しっかり止めることができた。
 

移動の際にスピーカー自体を持たず、支柱を持つようにすれば支障がなさそうである。
と、いうことでスプリングピンは省略。
 
スピーカー取り付け座
支柱3本できあがり。

スタンドベース

パイプの下側にはM6のネジが切られた穴があり、高さを微調整するネジ付きの足がある。
これは鋳物の皿にφ6.5の穴を開けてこのネジを流用すれば固定できる。
 

・・穴を開けた時点で料理皿への転用は難しくなった・・
 
スピーカースタンド完成
結構安定感もある出来上がり。
 
ウ~ム、自己満足~

自作スピーカースタンド
スピーカーを乗せて完成。
 

 
視聴してみたがビビリ音なども出ず良好。
欲を言えば背を低くしてあるのでスピーカーが少し上を向けられればこの上ない。
 
ただし、このように角度調整ができるように作ろうとするとガクッとうなだれるようになる場合が多々ある・・
余計なことはやらないのが吉。
 
パイプ1本108円×3、鋳物の皿1個324円×3。
M10の六角ボルト2個入り138円×2。
アルミのコの字形アングル900mm462円。
 
合計 2,034円
 
1個当たり678円
 
価格的にもよろしいんじゃないでしょうか。

1 2 3 17