PAGE TOP

アメリカ 軽装甲車 M8 グレイハウンド (タミヤ 1/48)

タミヤ 1/48 グレイハウンド

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.51
株式会社 タミヤ
2007年発売
2013年購入 (購入時価格 ¥1,800 (税別))



フォードが開発し、1943年に生産が開始されたアメリカ陸軍の汎用装輪装甲車。
オープントップ式の旋回砲塔に37mm砲を搭載。

タミヤ 1/48 グレイハウンド パッケージ パッケージ側面には組み立てて塗装したグレイハウンドの写真。


左側の写真は1/48 ミリタリーミニチュアシリーズのウリ?の持ったときにズッシリと重みがくるというダイキャストシャーシ。

 

タミヤ 1/48 グレイハウンド 解説グレイハウンドの簡単な解説も載っている。
「6輪駆動の優れた足まわりにより高い機動力を発揮。」
戦後も多くの国々で使用されたとあるが、2000年になっても使っていた国があるようだ。


大戦期のこんな車、オークションなどで買ってる人は今でもいるが・・欲しい・・

間違いを探して喜ぶわけではないが、文章のおしまいが「戦後も多くの国々で使われ続けまし」で終わってる。
いや、今後は修正されるだろうから、このパッケージは貴重!?か。
まぁ、お札やエラーコインとは違うんであまり貴重ではないか。

 

タミヤ 1/48 グレイハウンド パッケージ パッケージの反対側には前後と横から見た図が描かれている。


やはり、オープントップ式の旋回砲塔にかなり特徴がある。

 

タミヤ 1/48 グレイハウンド 模型要目横に書かれている模型要目にはオープントップ式砲塔は内部の砲尾やバスケットまでパーツ化とある。


タミヤ 1/48 グレイハウンド 組み立て説明書組み立て説明書では砲塔内部はこのあたり。


タミヤ 1/48 グレイハウンド 砲塔旋回砲塔のパーツはこんな感じ


雨の日はどうなるんだろう・・?

タミヤ 1/48 グレイハウンド キット構成キット構成はこんな感じ。


タミヤ 1/48 グレイハウンド ダイキャストシャーシ 全長5mほどの軽装甲車ということで模型は全長104mmと小柄。
したがって、ダイキャストシャーシもかなり小さいもの。


タミヤ 1/48 グレイハウンド パーツランナーはオリーブドラブのような感じの色で大小合わせて5個。


タミヤ 1/48 グレイハウンド 組み立て説明書


タミヤ 1/48 グレイハウンド 組み立て説明書 マーキングは2種類。

塗色は 2 1/2トン カーゴトラックと同様に、基本的には茶系の強いオリーブドラブ。大戦末期には緑系の強いオリーブドラブも生産されたようだ。

ただ、カーゴトラックが冬季迷彩はあまり見られなかったというのに対してこちらは白の水性塗料を全体に塗った車両もあったそうな。


車長のフィギュア1体がついているが、これはパッケージと同様の姿勢で立っている姿。
砲塔内に人はいない。

 



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト