PC電源連動機能 動作非対応

ファームウェアの更新で、起動時間が5分50秒となったLinkStation LS-WXL/R1。
ファームを元に戻す方法がないかとサポートに問い合わせたが、やはりサポートできないとの回答。まぁ、それはやむなし。

ところが、PC電源連動機能はスカパー!HDチューナーでは動作非対応なので、ONにして使ってくれとの回答も。

お~、そうきましたか。マニュアルをじ~っくり読み直すと、確かに連動しているとは一言もなかった。
でも、NASナビゲーターでPCと連動して電源のon/offができる特許だってホームページに書かれていた….あら、今目立った表示がなくなってる。
たしかにチューナーはPCではないけど、じゃぁ、PCと連動して使用するにしても6分またないとNASにアクセスできない。

3分でカップヌードルができて、3分で食べ終わったころか?

しかし、現在もスカパーのチューナーが録画時間になってLinkStationを起こしにいったらちゃんと(6分も時間をかけて)起動するし。

それにスカパーチューナーのメニューには機器の起動という機能があるが、これでもLinkStationは起動する。

でも、これってLinkStationが連動の状態でないと意味ないじゃん。

Webサーバ機能やらBitTorrenやらいろいろと機能を盛り込んでくれるのはいいけど、そんなんNASにいるんだろうか?
搭載しているcpuだって起動時にあれ起動して、これ起動してなんていろいろと言われたんじゃ本来のディスクに書き込む仕事もおろそかになるわなぁ。

まぁ、あまりクレームをつけると次回のファームアップデートでPC以外からは起動できなくなってたら困るんで、あきらめよう。

リンクシアターが複電すると

計画停電から複電したとき、LinkStationの電源が入っているのに気がついた。
LinkStationの電源スイッチはon/off/機器連動の3ポジションで、いつもはスカパーチューナーと連動させるために連動のポジションにしている。

電源を一旦offにして再び連動のポジションにもっていくと勝手に電源が入る。
なんど繰り返しても電源が入る。もう一台のLinkStationも同じ。壊れた?

別の日に、リンクシアターLT-H90WNの電源がonになっているのに気がついた。
どうやら、犯人はコイツ。

LT-H90WNの電源スイッチは物理的に電源を切るスイッチはなく、通電を止めるにはコンセントを抜くしかない。
どうやら、複電すると電源がonになるようだ。
onになったらお仕事しなくちゃと思うのか、LAN上にあるLinkStationを起こして回るようだ。

ウ~ム、フェイルセーフの考えからいっても、複電したときの電源はoffではないのか?
主電源を切っていないテレビも複電したら、ちゃんとおとなしく待ってるし。

複電時にみんなonになったらやかましくてしょうがない。



LinkStationのファームウェア更新

ファームウェアをVer.1.37に更新してから、起動時間が大幅にかかるようになったLinkStation LS-WXL/R1。
電源投入から起動が完了するまで、5分10秒
スカパーチューナーからの予約録画で番組開始時刻までに起動が完了しきっていない。

今のところ、冒頭部分は欠けるものがあるもののなんとか録画はできているが、ことによっては録画ができなくなりそう。

そこで、ファームウェアを最新のVer.1.40に更新してみた。

結果は、オ~ッ!! なんと、起動時間が5分50秒

ちなみに、1.5TByte×2のRaid-0で、ディスク使用量は約80%。

もう一台ある同一のLinkStationで試してみた。
Raid-1で、中身はほぼガラガラの状態でファームウェアはVer.1.37。

起動時間は4分40秒

若干データ量によっても起動時間が左右されているようではある。しかし、ファームをVer.1.37に更新する前は、もっと短時間で起動したはず。

これからはLinkStationはつけっぱなしでないとならんのか!?

それでなくても、いつ電気がとまるかわからない(無)計画(?)停電がある状態でディスクの電源を入れっぱなしにするのは怖いしなぁ。
録画したものはムーブすらできないコピーワンスでバックアップすらできないし。

こんなんじゃ、録画機器として使えんような気が…

 

LinkStationのファームウェア

スカパーの番組をLinkStation(LS-WX)に録画しているが、最近、録画開始時刻ちょうどに本編が始まる番組の冒頭部分が数秒程度録画されていないことが気になっていた。

LinkStationの電源スイッチは、ON、OFFと他の機器に連動してONになる3つのポジションがあって、通常は連動にしている。

たしかに、最近LinkStationの起動時間が遅いなぁとは思っていたので、起動時間を計ってみた。

電源をONにすると、POWERの青色のLEDが点滅を始める。
1分..2分..3分..4分..5分…
結局POWER LEDが点滅の状態から点灯した状態になるまで何と「5分10秒」。
ちょっと、遅すぎやしまいか。

おそらく、スカパーのチューナーが録画5分前にLinkStationを起こしに行くが、録画開始時刻10秒過ぎにやっとLinkStationが起動する状態。

別に、番組の冒頭10秒くらいはかまわないんだけど、チューナー側が「LinkStationがいませんよ~」といって録画を中止してしまったら困る。

ちなみに、起動時間がかかるようになったのはファームウェアをVer.1.37に更新してから。

バッファローのHPで確認したら、2/28にVer.1.40のファームウェアがでていた….

さて、どうしよう。これ以上起動時間がかかるようになったら録画できなくなるような気がするけど..

CPUとメモリの威力

これまでメインで使っていたパソコンは、Pentium4 3.2GHzでメモリは3GByte。

VM上で1つのLinuxを動かすには何不自由はなかったが、2つとなるとちょっと厳しい。まして、そのLinux上で同時にウイルススキャンが走ったときにはホストOSにすら中々制御が戻ってこない状態になる。

結局2台のPCを立ちあげて2つのVMを動かしていた。

今回のパソコンはCPUはi920、メモリが8GByte。そもそも、VMを快適に動かしたいという目的だった。

Linuxを3つ、Windows2000を1つ。それぞれのメモリは1GByteとして動かしてみたが結構サクサク動く。こりゃぁ、エエ。

CPUとメモリはこれで十分。

ただ、当然ながら次のネックになるのがディスクI/O。

P6T WS ProfessionalのオンボードRAIDは0,1,5,10に対応しているようだ。(SASの場合、0,1 とExpanderをつけて10に対応)。

…OSをインストールしたディスクは7,200rpmのもの2台でRAID1、先日、データ用にと追加したディスクは5,400rpmのもの2台でRAID1。

やはり、よ~く考えて7,200rpmのものを追加してRAID10にすべきだったようだ。あちゃ~~(>_<)

1 2