DE10形機関車(KATO、TOMIX)

1966年(昭和41年)に登場した機関車で、入換機(いれき)の定番といえるDE10形機関車。
製造両数もDD51より多い。

KATO TOMIX DE10形機関車
これなら、どんな小さな駅のセクションの構内にたたずんでいてもいいかなぁと。

走らせるなら、2~3両の青色の旧型客車かワムやワフなど雑多な編成の貨車を数両というところでしょうか。


KATO TOMIX DE10形機関車



駅の隅っこに留置したり、電気機関車が混じると、(私としては)どうしてもディーゼル機関車は脇役のようなイメージとなってしまうが、ディーゼル機関車ばかりが並ぶと、それはそれでいい雰囲気になるかも。


DE10
稚内駅で見かけたDE10。
雪景色の中で、オレンジのディーゼルはいいかも。

もっとも写真では雪の白が飛んじゃって・・もう少し上手に撮らないと、「オッ、いいなぁ」という感動は得られませんが。


DE10とDD51の重連
同じく雪景色の中でDE10とDD51の重連を見かけた。


 


DD51形機関車(KATO、TOMIX)

1962年(昭和37年)に登場したディーゼル機関車。
KATO DD51形機関車
小さな駅のセクションにDE10をゴロンと留置しておくと絵になるかもしれないが、DD51はちょっとという感じでしょうか。

海岸沿いの架線が無いレイアウトでブルトレを牽かすと気分は寝台特急出雲か。

あとは、雑多な貨車を引かすより、長めの編成の茶色のコキあたりがいいかも。


ディーゼル機関車の排気口はかなり黒く汚れているが、まだまだウェザリングの技術が未熟なため未実施。
もう一両買ったらやってみてもいいかも。やっぱ、失敗のことを考えるとボディだけ買って試すのが一番かなぁ。

DD51 北斗星重連

青色塗装の北斗星の牽引機。
北斗星の牽引機はやっぱ重連でしょうということで2両揃えたが、KATOとTOMIX双方から出ているので、それぞれ1両ずつ調達した。

違うメーカの機関車を重連で走らすと・・まだ試していない(^^;
まぁ、他の機関車の例をみるとどちらかにひっぱられて・・ギクシャクなるかも。



一応、先頭にたつ機関車のみヘッドマークをつけておいた。


並べてみると、ひかえめな?おじさんの部類の私は華やかで話題性のあるものより、やっぱ一般色が好きである。


 

EF65形機関車(KATO)

我が家でのブルトレ牽引機のエースはEF65形機関車。

EF65(500番台)形機関車
EF65(500番台)形機関車
前面非貫通のEF65(500番台)形機関車。
0番台に比べて、前面のクリーム色がフロントガラスの上部まで伸びて、側面に帯が回りこむだけで「ああ、特急牽引機だぁ」と感じるもんですなぁ。
ブルトレ牽引機は1000番台もいいが、500番台もいい。もうちょっと増備したい。


EF65(500番台)形機関車
EF65(500番台)形機関車


EF65(1000番台)形機関車
EF65(1000番台)形機関車
前面に貫通扉をもつEF65(1000番台)形機関車。


EF66形、EF65(500番台)形、EF65(1000番台)形機関車
EF66形、EF65(1000番台)形、EF65(500番台)形機関車。
我が家でのブルトレ牽引機のエースなのだが、こうして並べていると東京機関区の撮影会みたい。



EF66、EF65(1000番台)、EF65(500番台)


EF65(1000)とみずほ
寝台特急「みずほ」を牽引するEF65(1000)形機関車。
ネガフィルムをスキャンしてデジタル化しようとしているが手遅れのものが多い。
ひとまず、ちょっとでも色あせが少ないものが見つかるまでこれを載っけとこう。

海岸線沿いを走るようなレイアウトが作りたい海育ちの私です。


EF65(1000)と瀬戸
寝台特急「瀬戸」を牽引するEF65(1000)形機関車。
こちらも、写真は色あせ。


 

1 2 3 7
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト