おむすびコロリン


外流しどこにでもある外流し。バイクの整備の際に部品を洗ったりするのに重宝である。


我が家の流しの下は直径数センチのパイプが1mほどまっすぐに地中に伸び、そこから曲がって下水に向かっているようである。
 
以前、GT125のニードルジェット類を洗っているときそのうちの一つが、コロリン、コロコロリンと流しの下に吸い込まれてしまった。
 
おむすびコロリンならねずみが届けてくれるのだろうが・・・流しからニードルをもったねずみがでてきたら、それこそびっくりだ。
 

ということで、ニードルが3個になってしまったのである。

その後、流しには網をつけたのだが。


..これじゃぁ、整備してるんだか不動車にしてるんだかわからなくなってくる。
 
ニードルジェットはすでに絶版部品ということだったが、ヤフオクでキャブレターごと買うことができたのでニードルジェットが調達できた次第である。

ということで、まだ洗っていない予備のキャブも洗ってニードルジェット類をとりださなくちゃ。
 
絶版バイクの場合、パーツの取り扱いには十分注意が必要ということですな。

ねずみくん、ニードルもって現れなくてもいいからね。



趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト