PAGE TOP

GSX1100S 2号機 購入顛末記

GSX1100S

乗り易さ、所有感などトータルバランスではXJRは最高である。しかし、カタナを手放して4ヶ月余り。その間にカタナにモデルチェンジや絶版の噂が流れてる。カタナには常に絶版の噂がつきまとっているのだが、単なる噂としても気になる。20年近くそのスタイルを崩さなかったカタナがモデルチェンジするとしたらどのようなものになるのだろう?また、パワーユニットは?私ももう40歳。バリバリに走るマシンにはもう乗れない。そう、前傾姿勢のバイクは今が最終チャンスなのだ。

» 続きを 読む


GSX1100S 1号機 売却記

GSX1100S

念願のカタナを手に入れたもののどうも違う。
2,500rpmくらいでの息継ぎ、4,000rpmからのすごい振動と回転の伸び悩み。こりゃダメダと再びXJRに乗り換えを決意。ただ、これらは国内仕様のデジタルイグナイタのせいと知ったのは売却した後のこと。カタナ2号機でこれを取り替え、結構満足なものとなったのである。

» 続きを 読む

GSX1100S 1号機 購入顛末記

GSX1100S

40歳が足音を立てて近づいてくるようになって、子供も小学生高学年になった。週末毎にあちこちの公園、遊園地に出かける車の運転手というお父ちゃんの仕事も御用納めが近づいたようだ。そんな時、ふとバイクに乗りたくなった。手元にはなぜか1994年のバイク雑誌が..実は密かにバイク復活計画を立てていたのだ。 1994年の雑誌には、XJR1200とカタナ国内仕様のデビューの記事が載っていたのであった。

» 続きを 読む

XJR1200 売却記

XJR1200

乗り易さは評判どおり、ブランクを感じさせないフィーリングの良さ。欠点といえば、空冷エンジン故か、オイルの消費が激しいこと。1,000kmほどで点検窓からオイルが見えなくなる、等々。・・・しかし、これらの欠点以上に魅力の大きいバイクであった。といいながらGSX1100Sに浮気して売却。

» 続きを 読む

XJR1200 購入顛末記

xjr1200

40歳が足音を立てて近づいてくるようになって、子供も小学生高学年になった。週末毎にあちこちの公園、遊園地に出かける車の運転手という仕事の御用納めも近づいたようだ。そんな時、ふとバイクに乗りたくなった。手元にはなぜか1994年のバイク雑誌が..実は密かにバイク復活計画を立てていたのだ。1994年の雑誌には、XJR1200とカタナ国内仕様のデビューの記事が載っていたのであった。

» 続きを 読む
1 44 45 46
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト