1/6スケールの可動デッサンドール

1/6可動デッサンドール:完成

娘が漫画のデッサンをするときに使用する可動デッサンドールを買った。
「漫画家がつくった1/6可動デッサンドール」というもの。

DMM.makeのクリエイターズ マーケットに3Dのデータがアップロードされており、それを3Dプリンタで造形し配送してくれるサービスを利用して購入することができる。
造形にはいろいろな素材が指定できるようだが、一般にはナイロンが指定されているよう。

送られてきたパーツの組み立ては・・
我が家では「組み立て」というキーワードが出れば自動的にアタイの仕事になるシステムとなっている!?

説明書はないが、一応ググッてみたら出てきた。

1/6可動デッサンドール:パーツ構成
パーツは3つのブロックとなっていた。

・右手足のブロック
・頭部・胴体のブロック
・左手足のブロック

まず、ランナーからパーツを切り出す。
1/6可動デッサンドール:切り出し
「ナイロン」という素材はこれまで扱ったことがあまりない。
ニッパでプツンといったときどのように割れるのか想像がつかない。
まして、自分のじゃなく娘のだから壊したらと思うといきおい慎重になる。

で、ニッパ、カッター、デザインナイフを動員して試行。

結論としてはニッパでプツンとやっても勢いで他の部分まで割れることは・・あまり・・なさそう。
1/6可動デッサンドール:切り出し
が、ニッパが入らなそうな箇所ばっか。

1/6可動デッサンドール:切り出し
顔面なんか、頭部に埋まってる。

1/6可動デッサンドール:バリ取り
ということで、ランナーからパーツを切り出すにはデザインナイフが一番でした。

続いては、パーツから不要なランナーのバリを削る作業。
1/6可動デッサンドール:バリ取り
リューターを使ってササッとやろうとしたのだが、どうも歯がたたない。
どうやら、刃先が表面で滑っているようだ。

なるほど、ナイロンですからな。

・・いいおっぱいしてますな・・

ちっちゃいおっぱいのアフターパーツもあるみたいだが、アタイはこっちの方が好き。
あっ!これ娘のデッサンドールだった。

で、見とれてないで我に返って作業に戻る。
ランナー跡はリューターではなくヤスリで仕上げていく。

1/6可動デッサンドール:表面
3D造形の表面は積層の跡が見える。
この段々の粗さはCADやらスライサーソフトやらプリンタの積層ピッチやら素材やらの組み合わせによって決まる・・んでしょうが、この製品結構細かくできてると思うのだが。

ランナー跡をどんどん削って表面近くになると当然ヤスリは周辺もヤスるようになるが、ヤスったところは「ナイロンです」って感じでテカってくる。
耐水ペーパーで全体の積層跡をなめらかにするのは難しそうだ。(素材がナイロン以外だとまた違ってくるだろうが。)

ということで、ランナー跡のバリ取りは表面近くまでデザインナイフでカットし、後は軽くヤスリでその部分を整える程度にするのが良さそうである。

HPで見かけた説明書には観賞用には適していないと書かれてはいるのもしかり。
今回試すことはできないが、ナイロンに使用できるサフェーサーなどがあれば積層の跡が見えなくできる・・のか?
ナイロンに塗れる塗料はあるのか?

1/6可動デッサンドール:胴
頭部と胴体完成

1/6可動デッサンドール:右手足
右の手足完成

おまけパーツとして指が曲げられる手がついていた。

1/6可動デッサンドール:組み立て
頭部と胴体に右の手足をくっつけてみる。

1/6可動デッサンドール:左手足
左の手足完成

1/6可動デッサンドール:完成
完成

ランナーのバリ取りに結構時間がかかった。

どんなポーズもとれるようなデッサンドールらしいが、
1/6可動デッサンドール:完成
オジサンが思いつくのはおそ松くんに出てくるイヤミのシェーのポーズ。

オジサンかジイサンか・・

初期のおそ松くんがテレビ放送されたのは1966年(昭和41年)。
漫画やこのアニメを見た純真な少年たちは写真に写るときはシェーのポーズをとった。
なんせ、ピースサインなんてまだこの世にはなかったのではないか。

2期のおそ松くんがテレビ放送されたのは1988年(昭和63年)。

初期のイヤミのシェーをリアルで見た人はまもなくジイサン。
2期のイヤミのシェーをリアルで見た人はまもなくオジサン。

アタイはジイサン・・・

1/6可動デッサンドール:手
おまけパーツの手は骸骨みたい。

1/6可動デッサンドール:手
こんなんあるとどうしても何か持たせてみたくなる。

オ~、ガンプラみたい。

ということで、めでたく娘に納品です。
なお、ググって見つけた説明書に目玉が描かれており、これをカラープリントして頭部にはめ込むことができる。

ps.
アタイの観賞用フィギュアは娘から目につくところに飾ってはイケナイと厳命されている。
これを機に規制解除の方向で検討してもらいたいものだが・・

ps.ps.
許可は下りなかった・・