スワロー・エンジェル

(2007/07/15)



C62の2号機のデフに輝く”つばめ”のマーク。
フライング・スワロー、スワロー・エンジェル。
蒸気機関車がその末期を迎えた頃にSLファンとして目覚めた者にとっては、C62の巨体とこのワンポイントはたまらない魅力であった。

ご存じのように、”つばめ”のマークは2号機だけに付けられていた物ではない。たとえば、18号機だ。
18号機の”つばめ”マークは、名古屋機関区在籍中に、たまたま同区に入区してきた宮原機関区のC622号機を見た技工長の発案によって作られて取り付けられたものだ。
機関区にあったお召し用のステンレスの廃材を利用して作られ、昭和29年4月の交番検査時に付けられたとのことである。

C6217号機には、”はと”のマークを取り付ける予定であったそうだが、残念ながらこちらは実現しなかった。

昭和30年7月、米原電化に伴い、名古屋機関区のC59、C62は配転になるが、この回送手配時に18号機の”つばめ”マークは取り外されている。

18号機の”つばめ”マークは、やや下を向いた形をしている。
それに対して2号機の”つばめ”マークは大空に飛び立とうとするかのように上を向いている。
これも、好みの問題であるが、”つばめ”マークは2号機のものか。

追記すると、C623号機のデフには北海道の地図と星をデザインしたマークが付けられていた時期もあった。

C62 2

C62 18

C62 18