DE10形機関車(KATO、TOMIX)

1966年(昭和41年)に登場した機関車で、入換機(いれき)の定番といえるDE10形機関車。
製造両数もDD51より多い。

KATO TOMIX DE10形機関車
これなら、どんな小さな駅のセクションの構内にたたずんでいてもいいかなぁと。

走らせるなら、2~3両の青色の旧型客車かワムやワフなど雑多な編成の貨車を数両というところでしょうか。

KATO TOMIX DE10形機関車


駅の隅っこに留置したり、電気機関車が混じると、(私としては)どうしてもディーゼル機関車は脇役のようなイメージとなってしまうが、ディーゼル機関車ばかりが並ぶと、それはそれでいい雰囲気になるかも。

DE10
稚内駅で見かけたDE10。
雪景色の中で、オレンジのディーゼルはいいかも。

もっとも写真では雪の白が飛んじゃって・・もう少し上手に撮らないと、「オッ、いいなぁ」という感動は得られませんが。

DE10とDD51の重連
同じく雪景色の中でDE10とDD51の重連を見かけた。