旧型客車

やはり、蒸気機関車や旧型電気機関車が牽引するなら旧型客車。
我が家の旧型客車は展示スペースかレイアウトができるまでダンボールの中で休車状態。

旧型客車
いつでも展示スペースやレイアウトの作成ができるように何両かは手元においているが、なかなか工事に着手できない。

旧型客車もうみかけることがなくなった旧型客車の面々

オハ35 1027オハ35系
オハ35 1027

スハ43 235スハ43系
スハ43 235

スハフ42 136スハフ42 136

昭和50年代初めの奥羽本線

オハフ33 2431の車内オハ33系
オハフ33 2431の車内

牽引している機関車が目の前に見える。

走行中自連のドンツキもよく観察できる。
フッと引き込まれそうな・・恐ろしい

オハフ33 2066の車内オハ33系
オハフ33 2066の車内

旧型客車デッキから機関車が目の前に見えるなら、後ろもよく見える。
一歩間違えれば・・落ちる

赤岩駅に進入スイッチバックの駅、赤岩駅にバックで進入

ED78形機関車
牽引してきた機関車はED78形機関車

つばさ
特急つばさが駆け抜けていく

板谷駅付近キロポストは21km500。
板谷駅付近
赤岩、板谷、峠、大沢とスイッチバックの連続。

板谷駅付近
左下に線路。かなりの高低差となる。

峠駅
峠駅に到着

峠駅
峠駅の名物は「峠の力餅」

赤岩、板谷、峠、大沢のスイッチバックはもうないそうな。
レイアウトでもこんな風景が作れるといいでしょうなぁ。

桑園駅
北海道函館本線の桑園(そうえん)駅
昔は雪深い中、ひっそりたたずむさみしい駅だったが、今では高架駅の大都会の風情。
こんな風景の駅はもう見られないんでしょうなぁ。
レイアウトなら、小型蒸気機関車1両、旧型客車1両ってところでしょう。