銀ロウづけ

ホ~ンと久しぶりに機関車の外装の工作で銀ロウづけをした。

ちょっと大きめの材料なのでトーチ1つじゃ足りなくて2つで過熱を始めたがどうもガスが少ないのか火力が弱く材料が一向に赤くならない。
そのうちにとうとう1つがガス切れに。

家捜ししたらキャンプのランタン用のガスが見つかった。

ところが、これは缶の口がネジ込み式でなくただ押し込むだけ。
これじゃダメじゃん。

しょうがなくて買い出しに。
ガスを交換して無事銀ロウづけ完了。

まぁ、いろいろ理由があるんでしょうが規格は統一できないもんかねぇ。