趣味の部屋にある一番ゲージ車両

  C57 C56
全長 683.5mm 536mm
全幅 102mm 102mm
全高 133mm 148mm
重量 6kg(エンジン4.4kg 炭水車1.6kg) 6.4kg(エンジン4.9kg 炭水車1.5kg)
シリンダ 2気筒(直径13mm×行程20mm) 2気筒(直径12mm×行程20mm)
弁装置 ワルシャート式 ワルシャート式
ボイラー型式 煙管式(9φ煙管6本)  
缶水容量 270cc(80%水位時) 150cc(80%水位時)
給油器 ロスコー式 ロスコー式
給水装置 手動給水装置(直径10mm×行程16mm) 手動給水装置(直径8mm×行程10mm)
一言 10年も経つと塗装が落ち着いてきた。

飾って見ている時にヘッドライトのレンズがないのが

非常に気になる。

これは、アスターホビーの製品全般であるが。

非常に艶のある塗装である。

個人的には同社の9600形の落ち着いた塗装が好きなのだが..

(それなりに価格差もあるが。)

ディテールはC57に比べると大変良くなっている。

スタイル
一番ゲージ C56
スナップ C57 スナップ  

(2001/09/03)

C56 スナップ  

(2001/09/03)

 

ブロア

これらのキットは燃料用アルコール(薬局で売っている)を燃料にしている。
 
燃料用アルコールの炎は青白く外が明るいと燃えているのがよく見えないときがある。
一度マンションのベランダでC57の試運転をしているとき、アルコールがもれて機関車が火につつまれたことがある。
中国では蒸気機関車のことを火車と言うんでしたっけ? まさに火の車。
アハッ、ハッ、ハッ..と笑い事ではない。
水と濡れ雑巾を用意していたので助かったが。
..皆さんも火事のないよう気をつけて楽しんで下さい。
 
運転に際しては、煙突にプロワをとりつけ、バーナーに着火する。
ブロワはモーターで回るファンで、これを煙突にとりつけることで煙室内の空気を吸い出してバーナーの火を煙室に導く役目である。

ブロワの調子が悪かったとき、ヘアドライヤーで試したことがある。
これでも十分蒸気あげを行うことができたが、シリンダからの排水が煙突から噴き出してドライヤ内部に吸い込んでしまった。
..用途外の使用はやめましょう。