プラモデルの部屋・ストックリスト【艦船】

 

老後にじっくり作ろうとストックしている艦船関連のプラモデル。
買ったものをすぐに忘れるのでダブって買わないよう備忘録がわりにメモを。
・・最近では、備忘録につけるのも忘れるわ、つけてても見ないでダブって買ってるわで、さっぱりですわ。


日本駆逐艦 樅 (ハセガワ 1/700)

ハセガワ 1/700 樅 パッケージ

1/700 ウォーターラインシリーズ №436
日本駆逐艦 樅

株式会社 ハセガ ¥1,000 (税別)
2016年購入


1919年(大正8年)に竣工した樅型駆逐艦のネームシップ。樅型駆逐艦は樅、榧、楡、など計21隻がある。
ただ、現時点で確認できた樅以外の樅型駆逐艦のプラモデルはなさそう。

ハセガワ 1/700 樅 パッケージパッケージは両横が開くサック箱(キャラメル箱)。


ハセガワ 1/700 樅 パッケージ(裏)パッケージの裏面は実物の樅の諸元の他、塗料の色番号が記されている。


パッケージに書かれている樅の説明はこんな感じ。
ハセガワ 1/700 樅


ハセガワ 1/700 樅 キット構成

ランナーは一袋にまとめられている。


ハセガワ 1/700 樅 キット構成 水線長83.8mの船体を1/700にすると約12cm。
さらにちっちゃい第1号型哨戒特務艇もついている。


大型艦から駆逐艦クラスくらいまでは1/700 大型/小型艦装備品としい機銃やら搭載機の汎用パーツのランナーが付属しているが、このクラスにはついていないようだ。
また、艦名の「樅」というデカールはそれをつける看板状のパーツもなく、船底に貼るようになっている。
・・棚から落ちても「樅」だとわかるように・・

ハセガワ 1/700 樅 組み立て説明書


日本海軍駆逐艦 陽炎 1941 (アオシマ 1/700)

アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎

1/700 ウォーターラインシリーズ №442
日本海軍駆逐艦 陽炎 1941

株式会社 アオシマ文化教材社 ¥1,000 (税別)
2016年購入


陽炎型駆逐艦は1番艦が1939年(昭和14年)に就役した駆逐艦で、ネームシップである陽炎のほかに、不知火、黒潮、雪風など計19隻がある。
雪風はいくつかのタイプが発売されているようだが、ひとまずはネームシップである陽炎をストック。

アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎 パッケージは両横が開くサック箱/キャラメル箱。


アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎 裏面
 
実物の陽炎の諸元の他、塗料の色番号が記されている。


パッケージに書かれている陽炎の説明はこんな感じ。
アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎


アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎 キット構成は、陽炎本体のランナーが一袋、装備品という汎用品が一袋。


アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎 陽炎本体のランナーの袋は、船体、船底のランナーがそれぞれ1個、その他のパーツのランナーが2個というもの。 この袋の中に説明書も入っている・・


ひとまず、袋は開けずにそのまま箱に戻そう・・

実物の全長が118.5メートルくらい。1/700にするとざっくり169mmというところか。

アオシマ 1/700 日本海軍装備品(小型艦)機銃、搭載機、レーダー、アンテナ類などがある汎用品の小袋。


アオシマ 1/700 日本海軍装備品(小型艦) 汎用品の小袋の裏面。


陽炎は1939年(昭和14年)に就役し、1943年(昭和18年)5月8日戦没。

この模型の製品名に補足されている1941年とは。

1941年(昭和16年)11月26日、ハワイ攻撃機動部隊(赤城、加賀、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴)の護衛としてハワイ作戦(真珠湾攻撃)に参加している。

ということで、開戦時の仕様ということになる。

日本駆逐艦 吹雪 (タミヤ 1/700)

タミヤ 1/700 吹雪

1/700 ウォーターラインシリーズ №401
日本駆逐艦 吹雪

株式会社 タミヤ ¥1,200 (税別)
2016年購入


吹雪型駆逐艦は1番艦が1928年(昭和3年)に竣工した駆逐艦で、I型、改I型、II型、IIA型、III型と改良され、それらを合わせた同型艦は総勢24隻にも及ぶもの。
有名どころはコレクション・・というか作るものとして一応ストックしておかないと。

パッケージは両横が開くサック箱。いわゆるキャラメル箱。
タミヤ 1/700 吹雪 パッケージ
表面
 
イラストは小松崎茂さん。


タミヤ 1/700 吹雪 パッケージ(裏)
裏面
 
実物の吹雪の諸元の他、塗料の色番号が記されている。


パッケージに書かれている吹雪の説明はこんな感じ。
タミヤ 1/700 吹雪 パッケージ


タミヤ 1/700 吹雪 組み立て説明書

組み立て説明書は日本語のものと英文のものが2枚入っていた。

表面は吹雪に関する説明。

タミヤ 1/700 吹雪 組み立て説明書

裏面が組み立て図。

一枚紙で収まる簡単さ。

タミヤ 1/700 吹雪 キット構成

キット構成は、吹雪本体のランナーが一袋、装備品という汎用品が一袋。


タミヤ 1/700 吹雪 パーツ

吹雪本体のランナー。


タミヤ 1/700 吹雪 パーツ

ひっくり返してみるとこんな感じ。

実物は全長118.5メートル、全幅10.36 メートル。

1/700にすると約169 mm × 15 mm。

ちゃっちゃ・・


タミヤ 1/700 日本海軍装備品(小型艦)
もう1つの袋は「1/700 日本海軍装備品(小型艦)」という汎用品。


タミヤ 1/700 日本海軍装備品(小型艦)
八九式12.7cm連装高角砲、三年式12.7cm単装砲、二式水上戦闘機等々30個のパーツがある。


艦の側面に貼る艦名のスライドマークは「フブキ」しかついてなかった。

パッケージのイラストには艦首に「20」という番号が描かれている。
ただ、組み立て説明書と付属のスライドマークは「11」。

詳しくはよくわからんが、「第11駆逐隊」か「第20駆逐隊」かの違いらしい。
就役した1928年(昭和3年)には吹雪、白雪、初雪、深雪で第11駆逐隊を編制。
1931年(昭和6年)、吹雪は第11駆逐隊から除籍され、新たに吹雪、東雲、磯波の3隻で第20駆逐隊を編制。
ということらしい。

アタイは艦船なんかそんなに詳しくないので年代による兵装の違いやその年代がわかる番号にも一切こだわりがない(^^;

組立説明書どおりに組み立ててついてるスライドマークを貼るだけ(^^;

下手したら、付属の日本海軍装備品で余っている機銃なんかをあちこちにつけたりして・・

1 2 3 5
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト