戦艦 大和

1/700 タミヤ ウォーターラインシリーズ No.105 戦艦 大和

1990年代に作ったウォーターラインシリーズの戦艦大和。
ウォーターラインシリーズ 戦艦 大和

書棚の棚板の上に作ってみたが、波が景気よくなりすぎたようで..
写真撮るため、ライトを当てたり、ストロボで波がいっそう光って見える。
写真の撮り方も奥が深いですからなぁ。
なもんで、モノクロにしてみたが、やっぱ光ってる。

ウォーターラインシリーズ 戦艦 大和
艦橋のあたりがこれくらい暗い方がいいかも。

ウォーターラインシリーズ 戦艦 大和

ウォーターラインシリーズ 戦艦 大和

ウォーターラインシリーズ 戦艦 大和

昔は張り線に関する情報も少なかったので、一応「張ってあるぞ」程度に(^^;
今ではネットで調べれば続々と情報がでてくるので、逆にそれをみると構想ばかりで実際に作らなくなったりして・・

また、デジカメの画素数を増えて隠したいところまで写ってしまうので余計に嫌になったりしてねぇ。

まぁ、自分の技量にあわせて楽しむのが一番でしょう。

ちなみに、タミヤのウォーターラインシリーズの大和は1998年?に新たな資料を基にNo.105としてリニューアルされた模様。

ウォーターラインモデル

艦船の吃水線から上の部分のみとした模型。このウォーターライン・モデルで連合艦隊などの戦艦を再現したのがウォーターラインシリーズ。
青島文化教材社、田宮模型、長谷川製作所の3社(フジミは脱退)が共同で企画しているもので、縮尺は1/700で統一されている。
ちなみに、どの会社も会社名がカタカナ表記になるなど時代の流れも感じますなぁ。