プラモデルの飾り台

最近、変質しかかったシリコンゴムやらレジンの処分をかねてNゲージ用のコントローラ用のハンドルなどを作っているが、その少し・・いや、そのずっと前から着手していたのが、プラモデルの飾り台。

台がない状態で飾っておくと、新しいものを飾るためにちょっとずらそうとしただけで壊れてしまうことがあるので、市販のトールペイント用の素材を飾り台にしていたが、ちぃっちゃなプラモデルでは台の方の値段が高くなことも。

ということで、余ったシリコンゴムとレジンで台を作ろうと着手はしていたのだが、寄り道だらけの人生。

なかなか完成の日の目を見ることがなかったが、やっと型どりが完成。
あとはまとめて塗装するか、模型ができる都度塗装してもいい状態になった。

プラモデルの飾り台
白いのが今回作った飾り台。

当初は余ったレジンを使ってと、思っていたのだが、寄り道をしている間に肝心の余ったレジンは他の用途に使われ、どんどんなくなってきた。
まぁ、有効に使って処分しようと思っていたので、それはそれでいいんだけど。

結局、こちらは石膏で成形。

詳しくは、プラモデルの部屋の「プラモデルの飾り台」で。