音の出る飾り台

音の出るプラモデルやNゲージのディスプレイ台を作ろうとしてPICマイコンでSDカード上のWAVファイルを再生したり、市販のMP3ボードを制御する部分はできたので、その続きの作業。

音声再生用ボードのほかにスピーカーと電源が必要となる。
市販のスピーカーをつないでもいいのだが、簡単に移動できてコンパクトになるようにスピーカーを組み込んだ箱にすることにした。
電源は006Pの乾電池でもよかったのだが、ACアダプターとしてある。

合板を組み合わせて箱を作る。
サイズは幅300mm、奥行き230mm、高さ60mm。

プラモデル飾り台
ボンドで接着するが、あまりゆがんでいても困るので、Vブロックをおいて垂直が・・でているように見えるくらい・・にはしておいた。

プラモデル飾り台

上部と側面、背面はきれいに仕上げられるようにプラ板を貼った。そんでもってつや消しの黒で塗装。

スイッチ部分だけ箱からでるようにしようと思ったのだが、半田づけをやり直さなくちゃならないので今回はパス・・・横着していて良いものができるはずがないが・・・とにかくパス(^^

プラモデル飾り台
ということで、底の部分はほぼくり貫いた感じで仕上げ、音を出さないときはボードとACアダプタの上にかぶせられるようにしてみた。

プラモデル飾り台
1/12スケールのバイクのプラモデルを置いてみるとこんな感じでほど良い大きさだと思う。

プラモデル飾り台
1/6スケールのバイクだとちょっと飾り台としては小さめ。

プラモデル飾り台
1/24スケールの車だとほど良い大きさか。

プラモデル飾り台
で、最後は1/48スケールのミリタリもの。

本来、こんな感じでベースの板付きで飾ろうとして作った箱なのであった。

一応、1/12スケールのバイク用の台も相当数用意しているので、台毎この箱の上に載せ代えながら眺めることにする予定。

ウ~ム、LEDでスポットライトのようなものを作って置いても良いかも。

 

PICマイコン部の製作記事はこちら。
鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生)
鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生2)