あら、まぁ

次のプラモデルを作ってみることにした。
1/32 ダイハツCM10T。昭和の三輪トラック。
ダイハツ CM10T
まずはキャブ周りからと思ったが、結構バリとパーティショニングのラインが目立つ製品だこと。

ダイハツ CM10T
フロントウインドウの左右の下部には注型のときの湯口と思われる大きな跡が裏側だけでなく表側にも出ている。
ウインドウの縁取りもつぶれているし・・
これを削って縁取りをきれいに仕上げるのはめんどくさそう。

また、この頃のトラックの色はなんと表現していいのかわからないが、いろいろと調合してみないと市販の塗料にはなさそうな色。

こりゃぁ、出来上がりは期待できそうもない。

それでなくても出来上がりは期待できないのに・・