飾り台

1/32スケールのプラモデル。
いくつか出来てきたのでアクリルのミラー板の上がいっぱいになってきた。

駄作なれど、いいものができるまではちょこっと飾っておくことにした。
・・・いいものが出来る予定はないのだが!?

手芸店で売っていたアガチスの飾り台を油性のニスで仕上げた。
薄い色のニスを使ったが、板自体に綺麗な木目があってそれが引き立てばよかったんだろうけど、そんな木目がある板ではないので軽い感じに仕上がった。

ということで、何度も重ね塗り。

最初から、濃い色のニスを使えばよかった・・・

あまり大きい板だと場所ばかりとるので、10センチ×15センチくらいの小さいのにしたのだが、数が多くなるとやっぱ邪魔になりそうな気配がする。

ダイハツ ミゼット
ミゼットは小さいので、これくらいの大きさの台でも良い気がする。

ということで、これだけは地面を作った。

ダイハツ ミラ ウォークスルーバン
ダイハツ ミラ
バンなので荷台が大きく、この板にはアンバランス。

フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲンくらいの大きさになると10センチ×15センチの台では小さすぎるか。

飾り台
10センチ×15センチの台だと1/32スケールでは軽四より小さいミゼットクラスが限界のようですなぁ。

板の形状はひとまず2種類買ってみた。

板は1枚500円くらい。
通販だともうちょっと安いものがありそうだが結局送料がねぇ。

ちなみに、プラモデルは実売価格440円。

もっともアクリルのミラー板なども大きさによるが500円~1000円くらい。

駄作を量産するモデラーにはコスト的にあわないようで。