データを壊すUSBハブ

USBハブ U3H-A408S

2016年5月、USBハブを使用してハードディスクを接続するとエクスプローラではパーティションは残っているような感じに見えるのだが、エラーメッセージが表示されてフォルダもファイル名も表示されない事態に。
この段階ではUSBハブが悪いのか、ハードディスクが悪いのか、OSが悪いのか不明ということでUSBハブは「限りなく黒に近いグレー・・」ということで使用は控えていた。

先日、USBのハードディスクを使おうとしたが、コンセントに空きがない。
延長コードを使ってもUSBケーブルが届かない。
ということで、USBケーブルの延長用としてUSBハブを使用することにした。

・・・接続してエクスプローラが開いたまでは良かったが、そこには「このフォルダは空です」の文字が。
・・・ウ~ム。
コンセントの口をやり繰りしてUSBハブを介さなくても接続できるところまで持ってきて試したが、結果は同じ。
USBポートを変えても同じ。
プロパティでは全容量3Tbyte、使用中2Tbyteになってる。

USBハブ限りなく黒に近いグレー・・ではなく、完全にクロ。怒;
しかも、ディスク自体を壊しとる。怒;

ファイルリカバリーのツールで確認したところ、ディスクの頭は読めなくなっているが、データ自体は復元できそう。
新しいHDDを用意して復元することにした。
やはり、3Tbyteのディスクのうち2Tbyteほど使用していた。
復元・・別ディスクへのコピーに要した時間・・18時間。

一応データは別ディスクに復元できたので、安心して壊れたディスクをwindowsの機能のエラーチェックでチェックしてみた。
こちらでも、修復機能が動いたようで、ちゃんと読めるようになった。

まぁ、いずれにしてもディスクに異常があったらなんやかんや触る前にデータの保護が大事。
やっぱ、復旧ツールは1つ持っといた方が吉。

で、そのクロのUSBハブは・・

USBハブ U3H-A408S
ELECOM
USB3.0HUB/4PORT
U3H-A408S

自分が壊れるのはいいが、データ壊すな!!

自分が壊れるのはいいが・・
そういえば、半年ほど前に買ったエレコムのUSBのWifiドングル。
買ってすぐ取り外そうとしたら2つのパーツにポロっと別れた。
瞬間接着剤でつけたけど。

すぐ壊れても行かんじゃろ。
大丈夫かい、エレコム。