キャプチャーボード・DC-HC3PLUS

年末に買った、1080p60の入力がキャプチャーできるというDRECAPの録画ボード「DC-HC3PLUS」。
添付ソフトのDVR2.5で録画したものはお世辞にも綺麗なものとは・・・

試しにMTV2000でアナログ録画してみたが、こちらの方が綺麗だった。
もっとも、「綺麗」というのは主観的なものだが・・・
 
 
DRECAP社のホームページのQ/Aにも「アニメや特定な映像を録画した場合、画質が著しく低下し、ブロックノイズが発生する。」の項に「人工的に作られた動画は出力される映像の信号が特殊であり、~この場合はアマレコTVなどのサードパーティソフトで録画をお試しください。問題が解決され、より高画質な画質で録画することが可能です。」と記載されている。
 
ということなので、アマレコTVを使うことにした。
ちなみに、有償のAMVコーデックは販売を一時停止しているようなのでAMVのロゴが表示される。
そこでフリーのUt Video Codec Suiteを使用してみた。
 
かなりの高品質で録画できた。
ただし、1時間録画すると120GByteくらいになった。
他のコーデックでは調べていないが、おそろしや・・・
 
やっは、圧縮が必要なので、aviutlを使ってmp4に圧縮。
容量は希望する画質に応じてパラメータを変更して綺麗なまま保存したけりゃ容量食うし、容量抑えりゃ当然画質はそれなり。
まぁ、試行錯誤して決めていきましょうか。

 

ウン?音が・・

色々と試しているうちにちょっと違和感が・・・
価格.comのレビューにステレオ音声が左右逆転するというレポートがあった。

・・・もしかして・・・
ステレオの右チャンネルのみを再生、左チャンネルのみを再生、両方再生という動画を作成して録画してみた。
当たってしまったみたい・・
添付ソフトのDVR2.5でキャプチャーしてもアマレコTVで録画しても左右の音が反転している。
ただ、出ていないチャンネルはない。

発売されたばかりの製品なのでいつ生産のロットがダメというより全滅じゃないのか?
一応、販社に返品、交換の可否等々を打診しておいた。

左右逆転してるのなら、逆転して圧縮すればいい

音が反転しているだけで他に致命的な障害がないなら、おそらく、メーカーとしてもドライバの変更だけで対応するはず。
まぁ、時期はいつになるか分からない。もしかしたら、製品自体が廃盤になるかも知れないし・・

添付のソフトはおまけ程度だが、アマレコTVを使えば綺麗に録画できる。
この画質から見ればコストパフォーマンス的には良いと思う。

アマレコTVを使用して録画したものは容量的にみて、aviutlを使って圧縮することが必須。
ならば、そこで音声の右左を常に入れ替えればいい。

と、いうことで「ステレオチャンネル変換」というプラグインを使用して音声を反転させることにした。
ステレオチャンネル変換の設定
音声を反転を指定

結果は良好。

これで、エエんでねぇ?

まあ、注意すべき点は音声プラグインの適用順序。
フィルタ順序の指定

音声フィルタには、aviutlのデフォルトの設定で音量の最大化とか音量の調整とか幾つかのものが入っていた。
上の方に「ステレオチャンネル変換」を適用をしてるとダメだったので、一番下にしたらちゃんと左右の音声が入れ替わってOKとなった。

「ステレオチャンネル変換」で左右のチャンネル入れ替えやフィルタの順番やを間違えないようにしないとソースを消した後ではキャプチャーからのやり直しとなる。
 
 
これで、メーカー対応がどうなるかわかるまでも使用できそう。


天罰

ちなみに、私はパッケージにあるような剣はまだ抜いていないので天罰はあたらず堂々と交換、返品が要求できそう・・

 
そうか・・剣を抜くと返品、交換が効かないというという一つ目の天罰もあるわけですな・・
とても大きなトラップですなぁ・・

剣を抜くときはまず一つ目の天罰がくだらないよう十分製品のチェックをしてからということみたい。
怖い、怖い。