水冷化

=2005/08=

夏、真っ盛り。 外気が効率よく取り込めないケースAD-FDB2の温度は急上昇。
排気ファンの後ろはすごい熱で、部屋の隅っこということもあり空気の循環もあまりよろしくない。
Pentiun側はmpegのエンコード処理を行うとCPUの稼働率は80%程度、CPUの温度はいつも65度ほどもある。
片やCeleron側はエンコードの負荷がかかるとCPUの稼働率が100%となり、CPUの温度は70度を超えることもある。
結果的には処理速度が落ちるがCPU稼働率は下がらず、温度も下がらない。
温度が高いため、CPUクーラーのファンはブンブン音を立ててフル稼働状態。とくかく騒々しい。
夏のピークは越そうとしているが、騒々しいファンをなんとかすべく、水冷(液令)化を図ることとした。

水冷ユニットはZALMAN社の「RESERATOR」。ラジエータは直径150mm、高さ592mm、重量6.5kg、結構場所を取るものである。これを購入したときはすでに後継のRESERATOR-1
Plusが発売されていたが、何となく青色に惹かれて旧型を購入。 2台のCPUを冷却するためにオプションの水冷ヘッドZM-WB3 Goldを追加した。
ZM-WB3はRESERATOR-1 Plusからのヘッドで、従来のものより薄型、軽量化されている。 ケースの外で仮組して通水テストの準備完了。冷却液は精製水2リットルと防腐食効果のあるクーラント液。
PCIスロットからチューブを引きこみ、ケース左側のマザーのCPUを冷却。 その後、ケース右側にチューブを引き回す。
左側のマザーから引き回したホースは、右側のマザーのCPUヘッドを経てPCIスロットから外へ。
マザーが2枚入るケースも大きいため、それと比較するとラジエータはさほど大きくないように見えるが、実物はやはり大きい。ケースともどもちょっと場所をとりすぎ..

残暑続く中、いよいよ稼働開始。 室温32度、マザー温度39度

  アイドル時 mpegエンコードによる負荷時 ラジエータを扇風機で冷却
Pentium4 3.20G 44度 CPU使用率 78% 58度 50度
CeleronD 335(2.8GHz) 39度 CPU使用率 100% 55度 47度

通常の使用では60度を越えることはなさそうである。 ちなみにラジエータをさわると予想以上に熱くなっている。これだけの熱量がケース外に移動したのだからケース内部の温度低下は充分であろう。
ラジエータを扇風機で冷却するとその効果もよく現れて、10分程度で8度も温度が下がった。 騒音のことを考えなければ、ケース外部にラジエータがあり、それをファンで冷却するタイプのものが現時点では最良のものであろうか。


現在このPCの使用方法は、Celeron側を24時間運転でテレビキャプチャーが主体、Pentium側が昼間はエンコード、夜間は騒々しいため停止としている。
一つ循環経路で発熱量の異なるCPUを2つ冷却することの問題は、発熱量が大きいPentium側に引きずられて比較的アイドリング状態の多いCeleron側の温度が上がることである。
室温の下がった9月の早朝に温度を調べてみた。

  CeleronDのみ稼働時 Pentium4電源投入後 Pentium4軽負荷稼働
CeleronD 335(2.8GHz) 32度 34度 37度
Pentium4 3.20G ? 44度 47度

結果としては水温上昇分の温度上昇はあるものの、特に問題視するほどではなかった。 Pentium4のアイドル時は44度とCeleronDに比べて10度ほど高い。
これは単に発熱量の違いなのか、水冷ヘッドの違いによるものかは判らない。 Celeron側のヘッドと交換してみれば簡単にわかるだろうが、あまり水回りの取り外しは気が進まない..