ntpサーバ

VM上で動かしているサーバの時間のずれが大きすぎるため、ntpを導入してみた。

・Linux単体で動いているサーバにntpを導入
(プロバイダの公開ntpサーバと時刻合わせ)

ntp.confはこんな感じ。
 restrict default ignore
 restrict プロバイダのntpサーバ名
 ~
 restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0
 restrict 127.0.0.1
 ~
 server プロバイダのntpサーバ名
 ~

・で、VM上のサーバでもntpを起動。
こちらはLinux単体で動いているサーバと同期あわせをしようとしているのでntp.confはこんな感じ。
 restrict default ignore
 restrict 単体で動作しているサーバのアドレス
 server 単体で動作しているサーバのアドレス
 ~

どちらのntpもそれなりに動いてちゃんと時間もあっている。
VM上のサーバの時刻は一日経ってもずれてはいない。

よ~し、OK...?

ただ、VM上のサーバの状態を「ntpq -p」コマンドで確認すると
refid(どこから時刻を取得してきているかを示すところ)が公開ntpサーバのアドレスになっている。

公開サーバにご迷惑をかけている状態か?
こうすると1台目のサーバから同期がとれると思ったんだけど..

やっぱ2台目以降はクーロンでntpdateなどを動かして同期をとるもんなんだろうか?

いや~、勉強不足ですな..わかんねぇや..