CPUとメモリの威力

これまでメインで使っていたパソコンは、Pentium4 3.2GHzでメモリは3GByte。

VM上で1つのLinuxを動かすには何不自由はなかったが、2つとなるとちょっと厳しい。まして、そのLinux上で同時にウイルススキャンが走ったときにはホストOSにすら中々制御が戻ってこない状態になる。

結局2台のPCを立ちあげて2つのVMを動かしていた。

今回のパソコンはCPUはi920、メモリが8GByte。そもそも、VMを快適に動かしたいという目的だった。

Linuxを3つ、Windows2000を1つ。それぞれのメモリは1GByteとして動かしてみたが結構サクサク動く。こりゃぁ、エエ。

CPUとメモリはこれで十分。

ただ、当然ながら次のネックになるのがディスクI/O。

P6T WS ProfessionalのオンボードRAIDは0,1,5,10に対応しているようだ。(SASの場合、0,1 とExpanderをつけて10に対応)。

…OSをインストールしたディスクは7,200rpmのもの2台でRAID1、先日、データ用にと追加したディスクは5,400rpmのもの2台でRAID1。

やはり、よ~く考えて7,200rpmのものを追加してRAID10にすべきだったようだ。あちゃ~~(>_<)