ラズベリーパイをリモートデスクトップ接続

ラズベリーパイ3 デスクトップ

Raspberry 3
Windows端末のリモートデスクトップ接続でラズベリーパイに接続できるようにしてみた。

 
ひとまずラズベリーパイ側の作業
 

xrdpをインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install xrdp
 

日本語キーボードの配列を追加

cd /etc/xrdp/
sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini #設定ファイルのダウンロード
sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
 

サービスの再起動

sudo service xrdp restart
 
 
つづいて、Windows端末からリモートデスクトップ接続で接続
 
もちろん、ラズベリーパイ側のIPアドレスを固定するなどして知っておく必要がある。
 
我が家の場合・・
有線LANは固定IPを割り振って、「/etc/network/interfaces」に記述。
無線は宅内の無線LANのルーターとモバイルルーターAterm MR04LNに接続できる。
これらのWi-Fiルーターはルーター側でラズベリーパイのMACアドレスなら固定のアドレスを割り振るようにしておいた。
3つの中からTPOにあわせて接続先を切り替えながら使用中。
 
 
リモートデスクトップ接続でラズベリーパイに接続すると・・
xrdp
接続方法、ユーザーID、パスワードを入力する画面が表示された。
すでに、xrdpが応答している画面。

xrdp
たら、たら、たら、と何やら表示されて・・

無事接続完了。
 
が、マウスポインターが×字だった。
キーボードの方はちゃんと日本語も入力できるみたい。
 
マウスポインターはルックアンドフィールで設定できるようだ。
 
ルックアンドフィール・・どこ?
設定メニューの編集
[Menu][設定][Main Menu Editor]を選択

ルックアンドフィールを表示
左の欄で[設定]を選択すると、右の欄に設定関連のアイテムが表示され、その中に[ルックアンドフィール]があるのでチェックを入れる。

ルックアンドフィール
[Menu][設定][ルックアンドフィール]を選択したら・・

ダイアログが開くとともにマウスポインターが矢印に変わった。
・・・特に変更することもなしに・・ダイアログをそっと閉じておいた。