Nゲージ 踏切の製作(その2) 量産

踏切警報機の音とLEDの点滅はできたので、続いては遮断機だが、ここでちょっと寄り道。

購入した市販のキットは音とLEDを点滅させる基本部分の1セット分だけだが、他の工作に使う電子部品を買った際、ついでに踏切用のパーツも購入しておいたので、一旦量産。

昔は秋葉原に行っては抵抗1本、コンデンサ1本と買っていたが、最近は通販だと100本単位とか10個単位などで売られてるし・・
なもんで、他の工作の材料を買う時にいくつかパーツを買い足せば何セットか量産できることになる。

通販で買い忘れたものや、ネットで探せなかったものは先日秋葉原に行って買ってきた。
・・なんだ、結局出かけてるし。

ちなみに、ユニバーサル基板は約100円、DCジャックは4個入り100円、スピーカ100円、LM386オーディオアンプIC 2個で100円など。
とはいえ、ちりも積もれば高額に。

Nゲージ 踏切 量産
ひとまず、2セット製作。

左の基板は購入した製品のもの。
センサーなどを使って自動化しなければパーツは基板の半分を使っているだけ。

今回作っているのは現時点では、音を出してLEDを点滅させる部分のみ。

基板の空きスペースにセンサーやら遮断機の制御部を作りこむつもり。

 
  • 電源は、PC用の電源から12Vの方の出力を使用してDCプラグ、ジャックで基板に。
  • 基板上では、三端子レギュレーター(78L05)で5VにしたものをPIC用に、12VそのままのものをオーディオアンプLM386用に。
  • LED部の点滅と音の生成はPIC12F675。
  • PICからの音の出力は可変抵抗を通して音量を可変にし、オーディオアンプLM386で増幅。

スイッチになる部分は今後作りこむ予定なので、当面はスイッチ代わりにピンヘッダを立てて、ジャンパースイッチを使ってON/OFFできるようにしてみた。

PICのプログラムはネットから探したものをカスタマイズしたもんで、掲載してません。ゴメンナサイ・・

fumikirikit2_3
市販のものも電鈴式やらJR、私鉄、構内等のいろいろな音程のものがあるようで。
ならば、今作っているのも音程は違うのだが、せっかくだからPICさえ取り換えればどの基板でも動作するように。

ということで、LEDの出力用のピン、音の出力用のピンなど市販のものにあわせた。
すで作った基板を使ってもよいのだが、簡単な回路なのでブレッドボード上に組み立てて試験してみた。書き込み等は秋月電子のPickit対応ICPS書き込みアダプターキットとPickit3を使って。

購入したキットも少し手を入れ始めた。
ひとまず、006Pの電池以外にもアダプターから電源がとれるようにDCジャックを追加したり、LED部はコネクタで取り外しを容易にできるようにしたり。

Nゲージ 踏切 スピーカー
ジャンクボックスを探していたら、PCのマザーボードのSP端子に直付けするスピーカーがいくつか出てきた。
上端に写っている円柱状のもの。写真では大きく写っているが、φ12くらいのもの。

 

これでも、結構いけるかも。
ちなみに、センターにあいている穴を指で閉じると音質が変わった。

好みに合わせてテープを貼ってふさいだりしてもいいかも。
コンパクトにできるとレイアウト以外にもちょこっとしたシーナリーに組み込むことも容易にできるかと。