Nゲージレイアウト用制御盤 (その5) 音の部分2

レイアウトの音としては、市販のMP3プレーヤーボードMK-144を使ってBGMのほか、列車の接近、発車時のアナウンス、自作のWAVプレーヤーを使ってディーゼルエンジンのアイドリングの音やら汽笛の音などを再生。

今作っている制御盤にはMP3プレーヤーボードMK-144は4台を組み込んでいて、MK-144が持っている機能でボタンを押すとBGMが流れるところまでは作ってあるので、今度は駅のアナウンス類の再生のスイッチをPICマイコンで作って取り付けるのと、WAVプレーヤーの組み込み。

ちなみに、レイアウトは4番線まで作る予定で4台のMK-144はそれぞれの番線のアナウンスを行う。
スピーカー部はステレオで2組を用意してあり、切り替えスイッチで全ての音をミキシングして1組のスピーカーに出力したり、2組に分けて出力したりすることができるようにしてある。

試しに手動で1~4番線の音を全て出したりして試したところ・・・一応聞き取れることはできるが・・やかましい(^^;
2組のスピーカーを使って分けて出力してみると・・聞き取り易さは増すが・・やかましさもさらに増す。

まぁ、実際にレイアウトに組み込んだときは全ての番線の音は一斉に出すことはしないと思うが、それでもスピーカーは1組だけで良いかもしれない。

WAVプレーヤーは鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2で作ったものをカスタマイズ。

押しボタンを押されることによって、対応するWAVファイルをSDカードから読み込んで再生する。
ただ、性能上サンプリングレート8kのものが限度で、それ以上のレートのものの再生は難しい。
なもんで、音質は求められないのでもっぱらエンジン音やら汽笛などの音の再生専門。
ただし、1つのPIC24FJ64GA002でモノラル2ch分の処理は可能。従ってスピーカーは2つで、同時に2種類の音を再生することができる。

PIC16F886が1個で20個のスイッチのON/OFFを判定し、PIC24FJ64GA002に再生するコマンドを送信する仕様。

MK-144の方は同じようにPIC16F1823で4個のスイッチのON/OFFを判定し、再生するコマンドを送信する。
こちらは1つのMK-144に対してPIC16F1823は1個が受け持つ。

WAVプレーヤー
で、基板が完成。
左がWAVプレーヤーとアンプ部。
青色のパーツは端子台で、12V、5V、3.3Vの電圧を他の基板に供給するためのもの。

右下はPIC16F1823が4個。
MK-144はすでに制御盤の箱の中に組み込んである。

空き地にはポイント制御用の回路を作りこむ予定。

 

WAVプレーヤー組み込み
出来上がった基板を制御盤に組み込む。
この基板の上部の蓋となる部分に押しボタンが並ぶ。

白く見えているのが蓋。

その右側の黒いロータリースイッチは、PWMコントローラの出力をどの線路に出力するかを設定するスイッチ。



アラ!?


アラ、アラ!?


蓋となる部分にある押しボタンスイッチの配線やらPWMコントローラの出力切り替え用の配線が突っかえて蓋が閉まらん・・


ウ~ム、行き当たりバッタリ方式は最近行き当たりバッカシ・・


さて、天井のスイッチの配線を直すか、基板を直すか。
WAVプレーヤー 基板
ウォーリャっと、PIC16F1823が4個ある部分の基板をギーコ、ギーコと鋸で欠き取り、後方に後退。

ここの空き地は、ポイント制御用の回路を作りこむ予定地。
行き当たりバッタリで、エイ、ヤーと基板を欠き取ってしまったが、本当に良かったのだろうか!?

ポイント制御用の回路を作りこむ時に後悔するのかも知れない・・

 

WAVプレーヤー 基板
・・基板を欠き取るとき、じっくり考えもせず、天井から見て基板の部品が見える位置まで後退させりゃいいやとギーコ、ギーコと鋸を入れたが、その後で気がついた。
・・ホントにここの部分だけが干渉していたのだろうか・・・

 

WAVプレーヤー 基板
・・ひとまず綺麗に収まった。
一安心。

 

WAVプレーヤー 制御スイッチ
天井部分には再生用の押しボタンスイッチ34個。

押しボタンスイッチもこれだけあると結構なお値段がするので、コストを抑えるため1個あたり10円と一番安価なタクトスイッチにした。

基板上にハンダ付けし、天井部分の板に穴あけしてスイッチの頭がのぞくようにしてある。

 

基板の上部にはポイントの制御盤がつくので、基板上のWAVプレーヤー部のボリュームには直接アクセスできなくなるであった・・
・・ウ~ム、忘れてた(^^;

制御盤 内部
制御盤の箱の前方左側に穴をあけてボリュームとスピーカーの切り替え用のロータリースイッチを配置した。

WAVプレーヤーの再生音は、制御盤の箱の後方につけたスピーカーから出すことができるほか、レイアウトに組み込むときはレイアウト付近に配置したスピーカーからも音を流すことができる。

レイアウトが大きくなればなるほど離れたホーム付近からアナウンスが実感的に聞こえる。
が、現実にはちっこいレイアウトしか作れないのでどこで音がしても同じかもしれない。
カナシー・・

 

MP3 制御部
箱の中の右側には市販のMP3ボードとBGMをダイレクトに再生するための押しボタン(タクトスイッチ)。

 

制御盤 背面
背面のスピーカーにはネットを貼った。

外部スピーカーを接続するコードもMP3音源、WAV音源用それぞれに配置。

 

これで制御盤の下半分は完成・・したのか!?