Nゲージレイアウト用制御盤 (その2) 制御盤本体

Nゲージレイアウト用制御盤の天板部を作成。

 

Nゲージレイアウト用制御盤 天板下部
天板部にはコントローラやら、ポイントの切り替えスイッチなどを配置する予定なので、押しただけでペコッと曲がるペースでは心もとない。

 

手元にあった2mm厚の銅版を使ってみた。

 

ちなみに、制御盤の大きさは、幅460mm、奥行き300mm。
この大きさの銅版なので、結構な重さ。
白色の塗料で塗装しておいた。

Nゲージレイアウト用制御盤 天板下部取り付け
完成までにも内部にも結構頻繁にアクセスすると思うし、完成後も音声の入れ替えなどでアクセスする機会もあるので、後部にヒンジを取り付け開けられるようにした。
ただし、天板部もそこそこ重くなるのに対して、ベースにしているのは書棚の棚板。
この棚板は中が空洞に近い合板物なので、天板部を開けた状態で長く置いておくとベース自体が壊れる恐れがある。

 

大きめの角材で補強しておいた。

Nゲージレイアウト用制御盤 天板部側板
天板の側面になる部分は、真鍮のL型アングルと透明のアクリル板で作った。

 

アクリル版の塗装は剥がれやすい。
(というイメージを持っているが、本当に剥がれやすいのか?)。
合板では塗装前の下地処理が面倒そう。
合版にフィルム、シールを貼ろうとすると気泡が心配。それに、下地の凹凸も。
これ以上天板部に金属板を使うと重さが心配。

等々、なるべく加工も簡単に、見た目もきれいにということから最終的には、制御盤下部と同じように、アクリル板に両面テープで白色のポリエチレンボードを貼り付ける方法を選んだのだが。

 

ポリエチレンボードはカッターでカットできるので簡単施工!?

ポリエチレンボード、塗装や接着には難があるので素材そのものの色となるが、そのバリエーションはさほど多くないし、ベースは凹凸のないものでないと両面テープでの接着も難しいという問題もある。

 

Nゲージレイアウト用制御盤 天板部
こんな感じでできあがり。

Nゲージレイアウト用制御盤 天板部
左側前部にはアルミのアングルにPWMのコントローラ3組分のボリュームやスイッチ類を配置。
このボリュームは常時点灯や加速の度合いを調整するもの。

 

車両の速度を調整するボリュームはその後ろにある傾斜部に取り付ける予定。

 

この傾斜は隣にトミックスのコントローラを配置しても違和感がないように、トミックスのコントローラの傾斜と同じくらいの角度で傾斜をつけてみた。

・・トミックスのコントローラが故障して、操作面がフラットなコントローラを買ったら・・
似合わない。
また、コントローラを設置する切り欠き部の大きさも決まっているので、新しいコントローラを買う場合、大きさにも制約が出るが・・

 

Nゲージレイアウト用制御盤 天板部
トミックスのコントローラを置いてみた。

 

この制御盤には自作のPWMコントローラを3組配置し、別に電機用、電車用のコントローラも作成するつもりだが、手持ちのすべての車両が動くかどうかわからない。

 

ここはやはり昔ながらのコントローラも必須というところということで、一等地を与えた。

Nゲージレイアウト用制御盤 天板部
天板最上部、傾斜部は今のところ透明のアクリル板であるが、ここは最終的にはプラ版を貼ってスイッチの説明等も表示できるようにする予定。

 

内部にはユニバーサル基板を配置しているが、傾斜部の後部は高さが70mmあるので2段から取り付けるパーツによっては3段の基板を配置できる。

Nゲージレイアウト用制御盤 内部
天板を開けた内部。
右側はMP3再生ボード。
中央は古いPCの電源を流用した電源部。
左側は・・未定。

Nゲージレイアウト用制御盤 背面
背面は電源コードやら、レイアウトに接続するコード類をまとる予定だが、制御盤の最終的な機能がまでまとまっていないので、ひとまず埃よけに合板で蓋を作っておいた。