Nゲージ 踏切の製作(その4) 量産2

センサーのテストも終わったので、制御用基板部分を最終仕上げ。

遮断機のない踏切、遮断機が2セットの踏切、遮断機が4セットの踏切など合計5セット分を作成した。

踏切に構成に応じてPICの構成やらコンデンサの容量などが少しずつ異なっている。

警報音とLED用のPICはPIC12F675、遮断機はPIC12F629、センサーと進入方向を示すLED用はPIC16F630を使用した。

踏切によって機能が異なること、プログラムを格納できるサイズの制約、ポートの数、アセンブラを使った際のデバッグのしやすさ等々から3種類のPICに機能を分けたが、結果からいうとPIC24FJ64GA002などを使ってc言語などで書けば1つのPICで良かったみたい。あとはコンデンサの容量だけ変えれば。

PIC12F675が80円、PIC12F629が70円、PIC16F630が100円など。片やPIC24FJ64GA002は330円で購入と若干高め。
けど、遮断機が4セットある踏切はPIC12F629を2つ使ってしまったので、PICのコストはトントン・・・

今後作るならPICはPIC24FJ64GA002の1つにまとめた方がいいかなぁ、と思うが、踏切は5セット以上いらんしなぁ・・

踏切制御基板量産
一番下のは、試しに購入した市販の踏切音とLEDのキットの基板をくっつけて機能を少し拡張したもの。