SB61G2

Shuttle SB61G2

SB61G2
パーツ 製品名
ケース Shuttle SB61G2 Ver2.1
マザー ボード FB61 Intel 865G (North 865G +South ICH5 FSB 400/533/800MHz)
CPU Intel Pentium4 3.0 GHz (Northwood)
メモリ PC3200 DDR 256MB ×2
ビデオ オンボード
ハード ディスク 内蔵IBM IC35L060AVER07-0  U-ATA/100 7200rpm  60GBIBM IC35L120AVVA07-0 U-ATA/100 7200rpm  120GB

計 180GB

CD/DVD USB
サウンド カード オンボード (AC97 Audio Codec)
モニター メインマシンと共用(SAMSUNG SyncMaster 193Tにデジタル接続)

=2004年5月= セカンドマシン組み直し =もう台数はわからない=

2004年3月、おかーちゃん用PCが故障し、それまでファイルサーバとして使用していたShuttle SS51Gを急遽おかーちゃん用PCに転用。
 

ファイルサーバがないとやはり便利が悪いのでセカンドマシンをファイルサーバに仕立て直した。
このファイルサーバは2階に置いているため、リビングにはメインマシン1台となっていた。
メインマシンではスカパーのキャプチャーをしている時間が多いため、1台では不便。
 

おかーちゃんに直訴して次のパソコンを作ることにした。 これまでに購入したPC、自作したPCの台数は..もうわからない
 

ケース

リビングの一角は私のパイクのパーツやらPCやら、あれやこれやでゴミ箱状態。 いつのまにか5.1chサラウンドスピーカーシステムも..
 
今回はこのスピーカシステムの横に並べてみようと思い、キューブ型とした。
 
Shuttle SS51Gが結構静かだったので同じくShuttleのSB61G2を選んだ。

CPUが3.0GHzまで対応ということで、電源ユニットは200W。

..が、あまり静かなマシンではなかった.. というか、騒々しすぎる。

CPU

マザーが3.0GHzまででPrescott未対応ということで必然的にPentium4 3.0C GHzを選択。

ビデオカード

I/Oデータ GA-5200/AGP

我が家にはUXGA(1600×1200)のモニターはないが、ちょっとUXGA対応のカードが必要となって購入。 その後遊んでいたのでこのPCに使用することにした。

一応GeForce FX 5200、デジタル出力対応である。導入前のオンボードの機能とベンチマークをとって比較してみた。 2Dでもオンボードと大差なし、なんと3D描画に至ってはGA-5200/AGPは満足に動作せず、完敗。

何のためのボードじゃ?

=2004年12月=

それまでデジタル出力用ボードとして使用していたが、切り替え器導入に伴い撤去。
 

モニタ

SAMSUNG SyncMaster 193T
メインマシンと共用である。 これまではメインマシンをデジタル接続、セカンドマシンをアナログ接続としていたが、せっかくデジタル出力対応のボードをつけたのでこっちのマシンをデジタル接続とした。

せっかく狭い箱の中で電力を消費しているのだから..
 

と、言いつつ2004年12月、手元に2台分のキーボードがあると誤操作の元ということで、切り替え器を買った。

切り替え器はアナログ対応なので、不要なビデオカードを撤去。
 
音は気になるがエンコード機としては充分。
 
昼間と夜間はメインマシンでキャプチャーしたmpgを一所懸命エンコード。 夜間はちょっと音が気になるが エンコードは次のとおり。

  • TMPGEncとDivX、
  • 640×480
  • PCで見ることが多く簡易色調補正
  • 地上波はたまにゴースト除去
  • 動き予測検索
  • 2パス

ちなみに、ファイルサイズは50分の番組で元のmpgファイルのサイズが約1.1~1.2Gbyte、エンコード後のaviファイルのサイズが630~650Mbyte。

半分強の圧縮となる。

これまでのPentium4 2.0AGHz(2.3Gにクロックアップ)のマシンでは、50分の番組で1パスが1.5倍強の1時間半。 2パスで約3時間。

このマシンになってから1パスの時間がほぼリアル。50分の番組が2時間弱で2パス終了である。
 
クロックの影響か、ハイパースレッドの効果か好調である。

セカンドマシン組み立て記

不安定なマシン

エンコード中、メインマシンからキャプチャーしたmpgファイルをLAN越しにコピーしている途中、いつのまにかリブートがかかってる。 同様のことをやっていたらまたしても画面真っ暗。
 
 
今度は悲惨なことに、ブートディスクが見つからないというメッセージが出てOSの起動すらできない。

ディスクが飛んだかと思ったが、BIOSの画面で確認するとハードディスクすら認識していない。

電源ON/OFFとBIOSの設定をAUTO/MANUALの変更を2~3回やったら何とかハードディスクを認識。 無事起動した。
 
 
BIOSのアップデートを行った後も、同様の事象が多発。

さらに悲惨なのはハードディスクを認識してもOSが起動できなくなるケースが多い。 WindowsのインストールCDから起動して修復を行うとその後は動作する。

どうやらMBRが壊れるみたい。 これまた、USB接続のドライブでWindowsインストーラを起動したら途中でメディアの読み込みエラーとなる。

IDEにCD-Rドライブを接続すると大丈夫。

本来CD-Rをつけるべき5インチベイにはハードディスクを入れているため、本体のカバーをあけたままCDドライブをつけたままの状態が続く。

ハードディスクを疑うべき点もあるが、Windowsの修復で直るためそのままにして早半年。

BIOSのアップデート版を2回も当てたが改善しなかった。

別々のIDEチャネルに1台ずつのハードディスクを接続しているが、OSのディスクを認識しない場合と、両方のディスクを認識しない場合がある。明らかにBIOSじゃないのか?

でも、飽きてきた.. エンコード中にLAN越しのコピーを控えることで事象は起こらない。

ウ~ム、エンコード中にタスクマネージャを見てCPUが2つ動いていることで喜んでいたが、マルチタスクの処理ができないPCなんて..

1年足らずで子供に売却