CB750レストア

試運転

2006年4月30日

昨日は雨のため試運転できず、今日に持ち越し。
とりあえず昼までテレビでも見て..

いざ、出発であるが、念のため持ち物は工具色々。ただし、同行するおかーちゃんのリュックの中であるが..

エンジンの始動性は非常に良くなった。
ちょっとの間、おっかなびっくりで走るが、特に問題らしきものは見あたらず、出だしは好調。

しばらく走ってエンジンが熱を持ち出すと1,000prmだったアイドリングが1,800rpmくらいまであがってきたので1,000rpmくらいに戻す。

2,000rpmまでは非常にもたつく感があるが、それ以上回すといい感じで回ってくれる。

渋滞にはまってエンジンがあつくなると途端にニュートラルに入りにくくなるのは以前からの症状。
また、エンジンが熱くなると3~4,000rpmあたりをキープして走るとパラパラと同調が崩れた感じになる。
今回はエンジン周りでいじったのはキャブのメインジェットのみ。つまり、エンジンの調子が悪くなってきてるのか..

エアスクリューを回して回転が高くなるところを探して調整してみようと試みるが、そのうちアクセルを戻すとポンポン音がするようになってきた。
やらなきゃよかった(x_x)
家に帰って規定値に戻そう。

1~2時間走ったら、フロントのブレーキあたりからカラカラと音がするようになってきた。
ブレーキレバーを握るとしばらくは静かになる。

片押しのパッドであるが、キャリパーアームが車体になじんできてちょっと隙間が空きすぎたようだ。
これもネジを締めて隙間を調整したら音はしなくなった。

ちょっと一休みして写真撮影。

HONDA CB750

HONDA CB750

HONDA CB750
写真を撮り終わって帰ろうとしたら..セルが回らなかった。
家の充電器で充電した時、メーターの振れ具合からバッテリーは危ないと思っていたので特にパニックには至らず想定内..

ただ、今のバイクと違ってキックがついているのが便利なところ。軽くキック一発でエンジン始動。
(まあ、セルが回りゃぁキックはいらないんだろうが)
試運転は無事完了したが、キャブの調整とバッテリーの新調が必要みたい。
その後、2回休憩したがセルは回らずじまい。また、出費がかさむ?

本日の走行距離 91km。

落下した部品は..たぶん..無い..と思うんだけど。
そうそう、まだリヤステップつけてないんだった。色も塗ってる途中だし..


エンジン始動

2006年4月23日

いよいよ最終整備。
フロントブレーキのフルードを入れてエア抜き。
CB750の場合、ブレーキライン上に圧力によるブレーキスイッチがある。
ブレーキフルードを入れて圧力がかからないと動作しないが、これも無事動作確認完了。

続いてエンジンオイルを入れる。今回は添加剤も入れてみた。
エンジンオイルを入れる
ドライサンプ式のため、サイドカバー内のオイルタンクにエンジンオイルを入れて、少しエンジンを回した後に再びエンジンオイルを継ぎ足して量を調整する必要がある。
そこでまずは一応レベルゲージ中央あたりまで入れておく。
最後にガソリンタンクの取り付け。輸出仕様の新品のK5のタンクである。
ラインはK4と同じであるが、大きな違いはガソリンのON/OFF、リザーブを切り替えるコックがタンクの左側にあること。
このコック、国内仕様はK0からずっと右側についている。
ただ、ガソリンがなくなって切り替えをするときスロットルから手を離さなくちゃいけないので不便といえば不便でもある。
ガソリンかなくなりかけてエンジンがボソボソといい始めてもコックが左手ならばなんとか速度が維持できるが、右手で操作するとなるとアクセルを放した途端に一気に速度が落ちるし..
CB750 K4ガソリンタンク
いよいよ緊張のエンジン始動である。
セルボタンを恐る恐るチョンと押してみるが...反応なし。アラ!?
再度押してみるが...アラ!?先日のテストの時は動いたんだけど。

と、いうことでテスターを持ち出して調べるが特に異常なし。
充電器を取り出して接続してみるとどうやらバッテリーが重症みたいである。
もともとハーネスがショートしたらしくてバッテリーがおかしくなったのが今回のハーネス取り替えのきっかけだったのであるが。
しばらく充電してみるが、メインスイッチONで電圧が降下する。交換が必要かもしれない。

セルボタンをチョンと押してみるとセルは何とか回るようになったみたいだ。

さぁ、今度こそエンジン始動である。
とりあえず、キックを10回ほど軽く踏んでオイルを回して、セルを2~3回回してみるとあっさりエンジンがかかってしまった。
かからなきゃ、かからないで困ってしまうが、こんなにあっさりかかってしまうと拍子抜け。

これまでしばらくエンジンをかけてないと始動にかなりてこずっていたのであるがハーネス交換の効果か!?
CB750 エンジン始動
エンジンも暖まってきたところでアイドリングの回転数をちょっと上げようとするが..
ガソリンのコックが邪魔になってアジャスティングのスクリューが回しにくいのなんの。
これでほぼ終了であるが、気になる点が2つ。
・2,000rpmから上は非常にスムーズで排気音も満足なのだが、やはりアイドリング付近のガラガラ音が気になる。(もっとも今回はそのあたりは何もいじっていないので直っていなくて当然なんだけど)
・K4以降の速度警告灯はステアリングステム上にあるのでそのまま踏襲したが、ずっと点きっぱなし。
スピードウォーニングユニットの導通はサービスニュアルのとおりに調べたが異常はなかった。
メーター内のセンサー回路がおかしいのか?

まぁ心のブレーキとして点きっぱなしでもいいけど。

あとは小物をつけて全てのネジの締め忘れをチェックすれば試運転に出られそうだ。
CB750 レストア完了


マフラー取り付け

2006年4月22日

フロント、リアタイヤがついて、大物の最後、マフラーの取り付けをした。
メッキの艶が引けてきているので新品のマフラーである。
0422-cb750-02.jpg

モトメンテナンス誌によるとエキパイの内部にはジンクのスプレーを吹いておくとさび止めになるらしい。
0422-cb750-03.jpg

やっぱ、CB750といえば4本出しのマフラー・・ええなぁ~
0422-cb750-04.jpg

これで、ほぼ大物部品の取り付けは終わった。

エンジンオイルを入れればいよいよエンジンの始動ができそうである。

フロントタイヤ取り付け

スピードメーター用のギヤボックスリテーナの再メッキができたので、いよいよフロントタイヤ取り付けである。
0422-cb750-01.jpg

これでフレーム下のブロックと板を取り外して4ヶ月ぶりの自立である。


メッキパーツ到着

2006年4月19日

再メッキを依頼していたパーツが届いた。

再メッキしたパーツ

やっぱ、ピカピカはいいなぁ~

ただ、再メッキについて思う。
車両全体をレストアする時じゃないと再メッキしたパーツが浮いた感じになるだろうなぁ..
錆がでているパーツを再メッキしても、表面はピカピカでもやはり地肌の荒れは気になるなぁ..
少量を頼むとほとんどが手間賃と言われるだけあって、高額である..

今回頼んだ物は当然ながら絶版パーツ。やむなしというところではある。


メッキはまだか?

2006年4月18日

ギヤリテーナーボックス、クラッチカバー、トップブリッジのナットを再メッキに出したものの、なかなか仕上がってこない。

問い合わせをしていたら、やっと出来上がったそうな。

何しろ、ギヤリテーナボックスがなければフロントタイヤが組めないし・・

今週末はいろいろフロントタイヤの組み込みができそうである。


リアタイヤ取り付け

2006年4月9日

リアタイヤを取り付けた。
スイングアームはサンドブラストと再塗装をしていたため、その塗膜の厚さでアクスルシャフトが入らなかったのでサンドペーパーでアクスルシャフトが入る部分の塗膜を落とした。

リアタイヤ取り付け

暖かい一日だったのでバイクで出かけても良かったのだが、なんとなくボンヤリと過ごしてしまった・・


ホーン 解決

2006年4月8日

社外品のハンドルスイッチを使ったらビームの切り替えとホーンの線が共用されていて、純正の物より線の数が少なく、ホーンが鳴らなかったCB750。

バイク屋さんに聞いたら、ホーン本体のアース(-)に接続する線を+側に接続すればよいと教えてくれた。
実際に接続する前に一応テスターで電圧を測定し、ホーンボタンを押すとちゃんと電圧がかかるのを確認。

そこで、ホーンを接続して無事動作確認完了である。

これで、電気回路はすべての接続と動作確認が終了したため、ヘッドライトケースにライトを取り付けた。

CB750 ヘッドライト
CB750のウインカーリレーであるが、カチカチと音がするタイプと音がしないタイプがある。
私のは音がしないタイプと思っていたのだが、メインハーネス類を交換したら音がするようになっていた。
それにメーター照明も明るくなったようだ。

やはり、配線の劣化で抵抗が増えてたんだろうなぁ。
こりゃぁかなり改善効果が期待できそうである。


メインスイッチON!!

2006年4月2日

交換中のCB750のメインハーネス。いよいよ接続である。

まずは、アーシング用のケーブルの接続。基本的には外から目立たないところに。

エンジン下部に2本、左側はジェネレータ下部、右側はポイント下部のボルトに共締め。
アーシング用のケーブル

また、エンジン上部に2本、#2シリンダヘッドと#3のシリンダヘッドのボルトに共締め。
アーシング用のケーブル

合計4本をバッテリーのマイナス端子に配線。
バッテリー端子

続いてヘッドライトケース内の配線を接続していく。

ここまで出来たところでいよいよメインスイッチオンである。
念のため、ヘッドライトは外しておいた。 万が一、ボン!!と来たら代替品がないし、高価だから・・

オイルプレッシャー、ニュートラルランプが点灯し、ホット一安心。

続いてウインカーのテストをしてみたが・・リレーが動くような音がしたものの・・ウン?
つかない (T_T)

リレーの線を入れかえてみたら無事点灯した。
・・極性があったのね。でも、どれを繋ぐのか目印がなかったし。
リレー

その他、セルやらヘッドライトのロー、ハイなどチェックしていった。

ホーンは鳴らなかったが、それ以外はすべてOK。 ホッと一息である。

ハンドルの左スイッチはK2、K4用とうたわれている社外品を使ったのだが、配線の本数も違っており、テスターで導通を見て結線したのだが、どうやらダメみたい。

ヘッドライトのハイ、ローの切り替えとホーン用の線が共用されているようだ。

さて、どうしたものやら。


ニュートラルスイッチ交換

2006年4月1日

購入したニュートラルスイッチが届いたので取り替え。

ニュートラルスイッチストッパーがどこにつく部品なのか、本当に無くなっているのか調べなくちゃ。

場所的にはチェンジペダル付近のエンジン下部、バイクリフトをリフトアップして覗いてみると..
バイクリフト上のCB750

あった、あった、部品は無くなっていなかったみたい。

ストッパーを外してプライヤでニュートラルスイッチをつまむと、いとも簡単に抜けてきた。

ニュートラルスイッチ
左が壊れたスイッチ、右が新品のスイッチ。
その真ん中の上部に写っているのがスイッチストッパーである。


ニュートラルスイッチ注文

2006年3月28日

ニュートラルスイッチを注文した。

もとのニュートラルスイッチはどうやって外すのか聞いてみたが、簡単に外れるらしい。

やはり、パーツリストにあるスイッチストッパが押さえるようになってるみたい。
しかし、私のバイクの場合、スイッチ周辺の汚れから推測するに、かなり以前からなくなっているみたいだ。
固形化して堆積した油が接着剤の役割をしてたのか!?

ところが肝心のスイッチストッパはメーカー欠品のようである。

とりあえず、1~2mm厚の鉄板で作ってみよう。
スイッチ中心の電極と接しないようにすりゃ大丈夫・・だろう。

ちなみに、ニュートラルスイッチあたりからもオイル漏れが発生することもあると言うけど・・
そのうち固形化して堆積すりゃぁ大丈夫!?


ニュートラルスイッチが・・・

2006年3月26日

CB750のメンテナンスはもともとメインハーネスの交換が目的。
車体後部はほぼ接続もできているし、前部はヘッドライトケースの中にハーネスの端を納めて後は接続すればよし。

エンジン周りはジェネレータやオイルランプ、ニュートラルスイッチなどの結線があるので、今日はここをつなごう。

と思ってたら、本日のあら!?が発生。

エンジンの左底面にあるニュートラルスイッチに結線しようとして古い配線を止めているネジを緩めているときである。
結構固くてなかなか緩まない。そこでネジがなめないようにドライバを押しつけてオリャ~と力をこめるとやっとこさ緩んだ。
で、ネジを緩めて配線を外そうとしたが線がとれない。ネジは回るのだが・・
あら!?そのうち、スプリングとボールが出てきた。
こんな仕組みなのか!と感心してる場合じゃない・・ちょっとちがうんでないかい?

パーツリストやら雑誌を調べてみると、どこか違う。
このスプリングやらボールはニュートラルスイッチのケースの中にあるもののようだ。しかも、ネジの部分を綺麗に拭くとボロボロとネジ山らしきものが崩れてくるし・・
スイッチの接点があるためベークライトのようなもので作られた台座か?

それにしても、ウ~ム、恐るべし、経年劣化!!
と、ここでも感心している場合じゃない、ヒェ~、ニュートラルスイッチが壊れた・・
しかも、ニュトラルスイッチの本体はエンジンに残ったままだし。

このスイッチはエンジンの底部からエンジン内部に押し込まれるようにくっついている。
パーツリストには押さえるようなパーツがついているが、ワシのバイクにはそんな部品なかったぞ?

ニュートラルスイッチとエンジンはツライチ。どうやって抜くんじゃ?

また、難題がでてきてしまった。

キャブ、フロント周り 仮組

メンテナンス中のCB750、本日はキャブの取り付けとフロント周りの仮組をした。

キャブ周りではインシュレータを交換。
バラした時はすっかり硬化していたためなかなか取り外せなくてカッターで半分に切って取り外したのであるが、さすがに新品は弾力があっていい。
インシュレータを交換
ちなみに、インシュレータのバンドは昨年新品に交換したものである。ただし、純正パーツを取り寄せても昔の地肌のままのシルバーのバンドは出てこないで、黒色に塗装された物がでてくるガッカリの一品である。

続いてフロント周り。
前輪を入れる前にブレーキラインを組み立てようと思い、ハンドル、ブレーキレバーをつけてヘッドライトケースを取り付けた。
ヘッドライトケース取り付け

ハンドルが付いたところでメーターも仮組して様子をみた。
メーター仮組

やっとバイクらしくなってきたかな。


シート取り付け

2006年3月12日

本日シートの取り付け。

シート取り付け

春には完成させたいと思っていたが、まだ前輪も後輪もついてない。

こりゃぁ完成は夏になるかも!?


ブレーキダストの掃除

2006年3月5日

今日はリヤタイア周りの掃除をしてみた。
CB750のフロントは量産初のディスクブレーキであるが、リヤはドラム。

ブレーキダストが結構溜まっていた。
ブレーキダスト

分解してブレーキ・パーツクリーナで掃除。カムの部分はグリスアップ。
ブレーキ・パーツクリーナで掃除

ドラムと反対側のダンパーゴムの部分にもダストが回り込んでいる。
ダンパーゴム付近のダスト

こちらもブレーキ・パーツクリーナで掃除。
ブレーキ・パーツクリーナで掃除

ここまでバラしたのならダンパーゴムも交換したいところである・・お金があれば。

あいにく持ち合わせがないため、今回はこのままにしとこっと。


ブレーキローター

2006年3月2日

なぜかブレーキローターの中心部は色が塗られている。
しかし、これも年代とともに色あせていく。

なもんで、最近どうも塗装がうまくできないんだけど、週末にスプレーで色を塗ってみた。

塗装は下地作りが勝負!
で今回も負けてしまった(^^;  なにせ、下地作らなかったんだから・・

どうせローター自身もくたびれてるし、まぁいいか。
(最近ojisanのやることは何でも雑になってきた)

ブレーキローター マスキング
とりあえず、マスキングした新聞紙剥がしとこ。

いゃ~、写真は小さめにするとまずいところが見えなくていいねぇ。
ブレーキローター塗装完了


和室占拠

2006年2月26日

買いだめして置いた新品パーツ。部屋の中はおろか、屋根裏、床の下にまで隠し持っていたものを取り出し始めたのが昨年の11月頃。

すでに4ヶ月が経過しようとしている。

取り出したのはいいが、やはり置く場所がなく、和室の一角を占拠したままの状態。

ここ最近、やっとバイクにパーツが付き始めて徐々に片づき始めたように見えるのだが..

せっかくなので記念撮影。
CB750 パーツ

ちなみに、小物パーツはダンボール詰めで洋間の一角を占拠している。
こちらは・・まだ記念撮影ができる状態まで片づいていない。

その昔、本気で部屋の中にバイクを入れてしまおうと思っていた時期があった。
それを思えばまだマシな方、と、おかーちゃんの攻撃から身を守っている今日この頃である。


アーシング

2006年2月23日

車体の各部にアース線を追加することで電気の流れが良くなり、アイドリングが安定、パワーも燃費もよくなる(かな?)というアーシング。

いろんなHPを見ていると、大半が・・気持ちの問題という結論に落ち着いてるようだけど。

しかし、我が30年物のCB750、電気系統はその動脈ともいうべきメインハーネスがカチカチの動脈硬化状態で限界である。
そこで、今回のメインハーネスの取り替えを行っているのであるが、ついでにアーシングもしてみようと思い、ケーブルを買ってみた。

アーシング
ちなみに、1年前の車検ではヘッドライトの光量が規定の1/3しかないということで不合格。
急いでヘッドライトブースターを購入してなんとか車検がとれた経緯がある。
このブースターはヘッドライトの電源をメインハーネスからではなく、バッテリーから直接取るものである。
メインハーネスも劣化してかなり抵抗が増えているのは事実である。

また、プラグの火花も弱々しいので点火コイルも取り替えるつもりである。

さらに、アーシングが加われば・・電気系統はポイントを除いて全て取り替えたことになり、どれが効果があったか分からなくなる!?

まぁ、いいか、気持ちの問題だから(つける前から悲観的になってるし・・)
それより、メインハーネスの結線間違えてメインキーをひねったらヒューズが飛んだなんてことにならないよう注意しなくちゃ。 ボン!!
 
 
PAMSヘッドライトブースター シングル用(プラスアルファー社)
これはオススメである。


フロントフォーク取り付け

2006年2月19日

昨日のヒェ~にもめげず、今日はフロントフォークの取り付け。

一応三つ又の下の部分は先日塗り直しておいた。
三つ又
..のだが、砂埃が溜まっていたのでとりあえず掃除から。

トップブリッジはヤフオクで購入したK0用の初期の速度警告灯の穴がないものをブラストと塗装を外注していたものだ。
トップブリッジ
本来のものも一応ブラストと塗装をして保管することにした。
K4のフロントフォークのオイルはK0~のものと違って少なくなっていて、155~160cc。
ヤクルトの80ccの商品の容器換算で2本分である。
メスシリンダーは持っていないので、本当にヤクルトの容器で計ってみた(^^;

事前準備
・まず、おかーちゃんに頼んでヤクルトを買ってきてもらう
・一応ヤクルトがどれだけ入っていたのかの目印をつける
・ヤクルトを飲む (容器2本でちょうど160ccなので、2本飲む)
・おかーちゃんに頼んで容器を洗ってもらい乾かしておく (自分で洗ってもよい)

作業当日
・ヤクルトの容器2個にフロントフォークのオイルを入れ、それをフロントフォークに入れる
・フロントフォークを十数回延ばしたり縮めたりしてエア抜きをする
・フロントフォークの上部に先ほどのヤクルトの容器を逆さまにして最後の一滴まで流し込む。(気持ちの問題)
 ちょっと変な光景ではある。
・待つこと2~30分、油面を計って微調整

油面!?・・油面のデータがなかった (^^;

なにせ、分解はオイル漏れしてたから分解したんだから、そのときの油面なんて計ってもしょうがなかったんだし。
とりあえず棒でつっついてみて左右同じくらいだったからいいかなぁ。
(開き直った上、だんだんテキトーになってきている。)

ということで、ひとまずフロントフォークがくっついた。
フロントフォーク取り付け

ちなみに、K0~のオイルの量は220~230cc。
ヤクルト容器で計る人には計りやすいK4~がおすすめということか!?

サービスマニュアルによるとホンダATFを使うようになっている。当時はフロントフォークオイルという分類はなかったのかな?

今回使ったフロントフォークオイルは容器にマッチして飲みたくなるような綺麗な赤だった。

最後に気になったのは、ヤクルト・・本当に80cc入ってたんだろうね!?


スイングアーム取り付け

2006年2月18日

ブラスト&塗装から帰ってきたスイングアームを取り付けた。

スイングアーム
ひとまずフロントのスプロケットとチェーンを取り付ける。
スプロケットのネジを締め付けていってたら、最後のグイッでなにやら急に軽くなったような・・嫌な予感

ネジを緩めるとちゃんと緩んでいく・・が、そのうちにネジの頭がポロッと落ちた・・
ヒェ~ (T_T)
3~4ミリはネジがのぞく所まで緩んでいたので簡単にプライヤで外すことができた。ホッ。

とりあえずネジ1つでもスプロケットは止まっているので作業続行。
スイングアームのセンターボルトにグリスを塗って差し込むが、なかなかセンターがあわずボルトが入っていかない。
おかーちゃんに応援を求めてスイングアームをゴリゴリとよじりつつセンターの穴をあわせようとするが・・ガリッ・・嫌な予感

フレームのリヤテップを取り付ける部分でスイングアームの下側の塗装が剥げてしまった・・
ヒェ~ (T_T)
数ミリ程度なので、とりあえずタッチアップペイントで補修。

なんとかスイングアームもついたのでリヤショックとクラブバーを取り付けネジ止め・・ガリッ・・嫌な予感
クラブバーにナットの角が食い込んで傷がついてしまった・・
ヒェ~ (T_T)
隣ではおかーちゃんがVOXYの洗車とワックスがけをしていた。
朝はそこそこの天気だったが・・アラッ!?
夕方になって雨が降ってきた・・
ヒェ~ (T_T)
せっかく綺麗にしたのに・・

今日は散々な一日だった (T_T)

スイングアーム


シート

2006年1月29日

張り替えを頼んでいたシートが出来上がってきた。

K0風シートである。

CB750 K0風シート

昨日、今日はヴォクシーをいじっていてバイクはいじれなかった。
早くエンジン磨かなくちゃ組み立てにも入れない・・


フロントフォークのケースを磨く

2006年1月21日

雪で車のタイヤ交換ができなくなったので、その時間を使ってフロントフォークのケースを磨くことにした。

外は雪が降っているが、風がないためいつもより暖かいかも。

サンドペーパーで下地を作ってメタルコンパウンドとマザースで仕上げ。
あまりピカピカにして他のパーツと差ができすぎても困る。

とりあえず、一本完了。

フロントフォークのケースを磨く

二本目もざっと仕上げて本日は終了。

この後、中の洗浄とオイルシールの交換、最後の仕上げへと続く予定である。