マフラー交換 (2003/01)

1998年11月に購入したXJR号も車齢が4年を過ぎた。
カタナ2号機も大掃除し、XJR号を見回すと外見は綺麗なマフラーも、車体下部のサイレンサーとエキパイの結合部あたりは、かなりの錆である。

以前、パーツショップの店頭でSP忠男マフラーの試乗キャンペーンをやっており、試乗はしなかったものの音に惚れ込んでしまったが、小遣いは貯まらずじまい。

とりあえず、バラして錆を落とし、耐熱シルバーでも塗っておこうと、マフラーの脱着に必要なトルクスレンチとスプレーを購入した。
(新品の純正マフラーを1本持ってはいるのだが、今は付ける気になれない。 いずれ、展示車にする時に付け替えようと思ってはいるのだが。展示場所は..床の間か!?)

しかし、SP忠男さんのところでは定期的に試乗キャンペーンをやっているのを知っている..それも近日中にあることも..
カタナのキャブの注文に行った時、つい魔が差してしまった..仮予約のようなものをしてしまった..

フランジを締めるナットがかなり錆びており、スタッドボルト共々交換は必須である。これは、いずれにしても必要なため注文。

で、試乗会当日、早速支払いの話から (^^;
XJR1300 PureSport TwoTail

XJR1300 PureSport TwoTail

XJR1300 PureSport TwoTail

XJR1300 PureSport TwoTail

マフラーは、SP忠男 Exhaust System for YAMAHA XJR1300/1200 PureSport TwoTail

重量、価格面でも一本だしが有利なのであるが、好みは2本だし。ちなみに、バイクの重量を軽くしていってもライダーの自重の方の増加が..
定価 ¥198,000 購入価格はもう少し安いが、何を売って支払おうか(^^;

ちなみに、フランジは純正のナットで止めるつもりだったが、錆が心配。一応ステンレス製のものも準備はしておいた。
カジリが心配だが、グリスを塗っておけば大丈夫じゃないかということで、ステン製にした。
 
中、低速のトルクが売りのマフラーだが、まさに広告に偽りなしという感じ。
いつもは、ついシフトダウンしてしまうような時でも、そのまま行けてしまう感じである。もともと、街中を流れに沿って大人しく走る程度だとあまりシフトをする必要のないバイクだが、一層シフトが不要になった感じである。(いつまで大人しく走っているのかは不明!?)
また、定速で走っていると、一定の音色を保ち、結構静かである。

私はマフラーの音色を重視するタイプ。
ノーマル車のマフラーを換えただけの音を聞く機会はあまりないがために、このような試乗会は..小遣いの少ないおじさんを一層貧乏にさせる悪魔の会である。
 
そうそう、TwoTailの欠点は、ヘルメットホルダーが使えないため、別のロックが必要になること。