GT125 エンジンを洗おう

GT125 1号機のエンジン。

泥だらけになっていたのが気になっていたので洗おうと思った。

しかし、粘土質のような泥がこびりついていて、簡単には洗い流せなかった。

ポイントカバーなども痛みが激しいし、ネジ類も結構錆びてきている。

ということで、バラして洗うことにした。

..なんでもバラしたくなるのは癖である。

GT125 ラムエアヘッド

ヘッド部を洗い油に浸け置きして洗い中。

 

GT125 ラムエアヘッドを外す

シリンダ部をひとまずガムテープで覆い、エンジン本体を洗い始めたが、なかなか綺麗にならない。

..このまま放置か!?