フロントフォーク磨きの続き

風が強かったため、W400の慣らし運転は中止。

GT125のフロントフォーク磨きの続きじゃ。

耐水ペーパー、化学繊維のヤスリ、ボンスター等の物理的に汚れを片づける軍団の後は、我が家の磨き用ケミカル軍団の登場。(参加していないメンバーもいるけど..どこにいったんだろう)
GT125 フロントフォーク磨きメンバー

ここで、メンバーの紹介。
前列はワックスとコンパウンド。
中列はアルミ磨きのマザース、金属磨きがワタに染み込ませてあるアサヒペイントのピカピcan、ご存じピカール。
(今日はアルミ磨きのメタルコンパウンドは欠席)
後列はシリコーンスプレー、レザーワックス
(CRC556は欠席)

まずは、アルミ製のボトムケース。
これは、耐水ペーパーで磨いた後、アルミ磨きのマザースで仕上げ。
写真下側のフォークが作業前、上側が作業後である。(フォーク外側)
GT125 フロントフォーク磨き height=

同様にフォーク内側(外側より汚れがひどかった。)
GT125 フロントフォーク磨き height=

インターチュブはほとんど錆がなく汚れのみだったので今日はボンスターの出番はなく、コンパウンドで処理。
黒いカバーの部分はレザーワックス。
GT125 フロントフォーク磨き height=

トップのボルトも軽く磨いておいた。(左:作業後、右:作業前)
GT125 フロントフォーク磨き height=

で、あと3本やらなきゃならないが、今日はこれまで。