息子のカタナに試乗

息子のGSX400Sカタナをちょっと借りて乗ってみた。
私の1100カタナと比べるとやはり、一回り小柄である。

ハンドルは1100と同じクリップオンながら、たれ角はちょっと控えめ?
ハンドルに手を添えると何やらスクリーンがやけに下の方にあるように感じる。
1100はちっこいこのスクリーンが高速では意外に効果があるのだが、400のはちょっと期待できないかも。

上: GSX1100S 下: GSX400S
【上: GSX1100S】

【下: GSX400S】

私はどちらかというと低いギヤで思いっきり引っぱる乗り方。
ローでグーーーンと引っぱると..あら30km/hからあまり伸びない。
1100のレッドゾーンが9,000rpmに対して、400のレッドゾーンは12,500rpmから。
もっと回転を上げても..低いギヤではやかましいだけで伸びは期待できなかった。

速度をあげてシフトアップしていくと、あら、もうギヤがない。
もうちょっと低いギヤでも伸びてくれるとよさそうなものだが。(400と1100を比べるからそう思うだけ?)

1100のエンジンはゴリゴリ、ガリガリと回っている感じだが、400の方はモーターのように滑らかに回る。
最近の大型バイクもおとなしく回るタイプが多いが、私はゴリゴリ、ガリガリと回っているゾ~と主張するエンジンが好きである。

ステップに足を上げると1100に比べると足の曲げ角は比較的緩やかで非常に楽である。
また、車重自体も乾燥重量で50kgも軽いだけあって、気楽にバイクを振ることができる。

なんせ最近は「おりゃ~」と自分に気合いを入れないとバイクが振り回せないのだから..

ブレーキもほどほどに効くし、軽快でいいかも知れないなぁと思っているうちに30分の試乗終了。
いゃ~、面白かった。

1100などの大型バイクは乗せられている感じがするが、400クラスだと自分が操っている感じがしていいかも知れない。

でも、無茶しそうな自分を想像すると..やっぱ、1100に乗っておこう!?