マフラー

2003年4月30日

4日前にHM341マフラーのディフューザを交換したばかりであるが、HM300マフラーの新品を購入。
と、いうのも錆もほとんどないくらい綺麗なマフラーであったが、1つ欠点がある。
1番マフラーのエキパイとマフラーのつなぎ目がパテ盛りで修復されているのである。しかも、雑な盛りかた。
腐食で穴があいた箇所を塞いだのであろう。

当面は綺麗にヤスリがけして乗るつもりであるが、最後に飾るときは新品をつけとこうかなと、いつもの衝動買い。

オリジナルにこだわるなら交換しないのだが、特にオリジナルへのこだわりはない。K6だし..
リプロの無番マフラーもあったが、18万円也...ウ~ム、財布が許さん。
それに、各パーツをK0のものに交換しても、「K0ですか?」と聞かれて、「いいえ、K6のバイクでK0仕様です」と答えるのもアホらしい。

でHM300とHM341はと調べると、不思議なことにHM300に比べてHM341の価格の方が高いようである。
ただ、HM300の新品は見つかったが、HM341はなかなか見つからない。というより、HM300を発見した時点でHM341は探さなかったのだが。

今手に入る新品のHM300はカナダ仕様のものが主流のようだ。
 

CB750 HM300マフラー CB750 HM300マフラー

マラフーに打刻されたUSA CANADA CAUTION 

しかし、こうしてパーツを集めていっているとだんだんK1、K2の形に近づいていき、投資額はどんどんK0の上物に近づいてきた。