マフラーにガソリンがしたたり落ちる

暖かい日だったので今日はキャブレターのエアスクリューの調整をするつもりで工具を背負ってCB750でお出かけ。

ひとまずガソリンスタンドで給油して、いざ出発と思ったら..
あら~キャブからガソリンがダラダラ、ダラダラ流れ出てる~~

コックをオフにしたら何とか止まったみたい。ガソリン入れすぎた?

キャブの下はオーバフロー用のチューブで流れ出たガソリンは車体脇に流すようにしている。
ただ、車体脇といっても実際はマフラーの上である。
もともと家に止めているときに流れ出たものがエンジン上部に貯まらないようにしてあった。
多少はマフラーにかかるかな思いだったんだけど、こんなに流れ出るとは想定していなかったもんで。

恐る恐るコックをオンにするとオーバーフローも止まったみたいなので少し走りだしてみる。

ただ、止まって様子を見るとやっぱガソリンが流れ出る。
ヒェ~、熱いマフラーの上にガソリンをダラダラ垂らしてたら..マフラーが冷える!?
いや、フツーは燃え上がるんじゃないのか?

ただ、走ってる時は流れ出ていない様子なので、コックをOFFにして走ってガス欠状態になればコックをONにすることを数回繰り返して様子を見るとなんとか収まったみたい。

ホッ..やれやれ、とんだ一日だった..って、まだ出かけたばかりで、肝心のキャブの調子を見てない。