再びガソリン臭くなったCB750

ここ2日ほど、ガソリン臭い。おそらくCB750だろう..と、そのままにして置いた。

(陰の声・・オイオイ、ガソリンなんたから、すぐになんとかしろよ..)
(ワシ・・スンマセン)

今日見てみたら、やっぱキャブからガソリンがしたたり落ちてエンジンの上に貯まってたり、地面をぬらしている。

いやな予感。
エンジンの上に貯まっているガソリンをふき取ったら予感的中。エンジンに塗った耐熱塗料もふき取れてしまった。
あ~あ、やっぱ焼き付けてないとダメなようだ。(でも、焼き付けてもガソリンに浸されたら落ちるのか?)

こうしてみると、やはりメーカーの仕上げは凄いモンですなぁ。

新しいタンクと新しいコックなので、油断してコックをOFFにしてなかった。

で、コックをOFFにしたらもっとガソリンがあふれてきた。ひぇ~
どうやらゴミでも詰まったのか、数回コックをひねったらガソリンは止まったみたい。

今度は本当に大丈夫なんだろうか。
これじゃOFFにしても安心できたモンじゃない。