メインスイッチON!!

交換中のCB750のメインハーネス。いよいよ接続である。

まずは、アーシング用のケーブルの接続。基本的には外から目立たないところに。

エンジン下部に2本、左側はジェネレータ下部、右側はポイント下部のボルトに共締め。
CB750 アーシング

また、エンジン上部に2本、#2シリンダヘッドと#3のシリンダヘッドのボルトに共締め。
CB750 アーシング

合計4本をバッテリーのマイナス端子に配線。
CB750 アーシング

続いてヘッドライトケース内の配線を接続していく。
CB750 ヘッドライトケース

ここまで出来たところでいよいよメインスイッチオンである。
念のため、ヘッドライトは外しておいた。 万が一、ボン!!と来たら代替品がないし、高価だから・・

オイルプレッシャー、ニュートラルランプが点灯し、ホット一安心。

続いてウインカーのテストをしてみたが・・リレーが動くような音がしたものの・・ウン?
つかない (T_T)

リレーの線を入れかえてみたら無事点灯した。
・・極性があったのね。でも、どれを繋ぐのか目印がなかったし。
CB750 リレー

その他、セルやらヘッドライトのロー、ハイなどチェックしていった。

ホーンは鳴らなかったが、それ以外はすべてOK。 ホッと一息である。

ハンドルの左スイッチはK2、K4用とうたわれている社外品を使ったのだが、配線の本数も違っており、テスターで導通を見て結線したのだが、どうやらダメみたい。

ヘッドライトのハイ、ローの切り替えとホーン用の線が共用されているようだ。

さて、どうしたものやら。