レイアウト・ベースボード

Nゲージ・レイアウトベース

コの字形の固定式Nゲージレイアウトを作る予定なのだが、諸事情により着手待ち。
 
 
PICマイコンを使った踏切やらポイントマシンなどは最後の調整待ちといったものが増えてきてはいるが、組み込む場所がないので箱詰めの状態。
そんな状態でも次の工作に着手しようとしているので電子パーツなとが使う予定なのか不要なのかわからないままゴチャゴチャになり始めた。
 
 
ひとまず、でかいメインとなる部分以外のレイアウトのベースを作って取り付けられる基盤類、スイッチ類、スピーカーなどの部品を取り付けていくことにした。

Nゲージ・レイアウトベース
コの字の「-」の部分。
250×1200mmのボードに小さな駅を作ることにした。

 
メインとなる部分はちょっと大き目の駅を配置し、ターンテーブルを置く予定。
ワールド工芸のディスプレイ用のターンテーブルを電動にしてみようと思っているのだが、このテストをするのにはやはりベースがないと想定しているものでちゃんと車両を乗せて回転できるのか、停止位置の検出をできるのかなど不明な部分も多い。
ということで、このあたりを作りこむためにも機関区のベースが必要だった。
Nゲージ・ターンテーブルベース
600×900の板にピット用の穴をくりぬいた。

最終的にはメインの部分にこのベースごとはめ込む。

Nゲージ・レイアウトベース
コの字のもう一方の「-」の部分。
300×1820mmのボードにこちらも小さな駅を作ることにした。
 
駅だらけになるかも・・

Nゲージ・レイアウトベース
ベースの板の周りには5mm~10mm程度大き目の足となる板。
この段差はアクリルで作ったカバーをかぶせて置くためのもの。
 
周囲は木目調のシールを貼った。
 
1.8m、出入り口につっかえる。

 
 
このベースの裏側にいろいろと電子パーツを取り付けていく予定なのだが、・・・立てかけても結構邪魔になる。

ラズベリーパイでLAMP環境

デスクトップ

Nゲージの制御盤用のPICマイコンを制御させようとして導入したラズベリーパイ。

 
これまでに作ったPICマイコンのプログラムやら回路の結線情報やらがすでにわからなくなりつつある・・・
 
ボタンを押すとMP3ボードでBGMを流すように作ったものもあるが、ボタンが多すぎてどの音がでるかわからなくなっている・・
 
一覧表を作ってパウチして置いておこうかと考えたこともあったのだが。
 
 
せっかくラズベリーパイを導入したので、制御盤のとなりに置いてこれらの情報をwordpressやmediawikiで記録できるようにすることにした。
 
 

利用方法のイメージ

基本的にはラズベリーパイの中で完結し、あまりLAN上にあるいろいろなPCからの操作は望まず、使うとすればリモートデスクトップで接続して使うことにした。
データのバックアップのためにはsambaを利用してLAN上のPCで共用フォルダを介してアクセスすることにした。
システム自体はSDカード全体をコピー。
 

いろいろとインストール

BIND
wordpressなどを使用する場合IPアドレスでアクセスすると何かと問題があるのでネームサーバーを立てた。
over-rabbit.comというドメインであればローカルホスト(127.0.0.1)にアクセスするようにした。
 
・・・なぜ、127.0.0.1か。
現在、このラズベリーパイが接続できる先は有線のLAN、その有線LANとは異なるセグメントにある無線LAN、モバイルルーターの3つ。
どの接続先でもIPアドレスは固定しているが、3種類のアドレスを持つ可能性があり、将来的には変更するも知れない。それに、他の機器からこのネームサーバーは参照しないので127.0.0.1にしておいた。
 
設定後、digコマンドで確認しようとしたら・・digコマンドが入っていなかったのでインストール。
  sudo apt-get install dnsutils
 
apache2、php
デフォルトではapache2がインストールされていた。あたいは初めてのご対面。

piユーザーのホームディレクトリ配下にHP公開用フォルダーを作成し、ここをsambaで共有して外部のPCからエクスプローラでバックアップが取れるようにした。
・・がなぜかブラウザでアクセスするとエラーになる。
フォルダーのパーミッションには問題がなさそうだが・・
 
これまで別のサーバーで使っていたapacheの設定ファイルを参考にして設定していたのだが、調べたらDirectoryディレクティブに、
Require all granted
AllowOverride all
を書けばよさそうとのこと。
 
ウ~ム、やっぱバージョンが変わったらちゃんと調べてやらないといろいろと不都合がでそう。
特にサーバーなんかセキュリティの問題もあるんで怖いですなぁ。
 
・・と、いいつつ、今回は外部からはアクセスしないのでとりあえず動きゃいいや。
 
mysql、phpMyadmin
wordpress、mediawiki使うなら必須。
 
iceweasel
デフォルトではEpiphanyというブラウザが入っているが、そのうちデバッグが必要になると思うのでFirebugが使えるfirefoxとほぼ同等のiceweaselをインストール。
wordpressとmediawiki
設計情報のメモなどはmediawikiで管理、ちょっとした備忘録をwordpressで管理することにした。
 
 
・・特に設定でトラブルというほどのものもなく、ラズベリーパイ上でネームサーバー付きでwordpressとmediawikiを動かす環境の構築はできた。
 
性能的にはさすがに快適とは言い難い部分もあるが、webサーバーの構築やらphpなどの言語を学ぶ環境なら十分だと思う。
・・サーバープログラムを作って勉強するならEclipseも必要か?
Eclipse
・・ちゃんと動いた。
 
 
デスクトップ
ラズベリーパイでLAMP環境を構築し、サーバープログラムの勉強をする。
十分な機能をもってます。

あとはメールサーバーがあればいいけど、これも問題なく構築できるはず。
 
 
ここで、あたいはサーバープログラムの作成が目的ではないことに気がついたのでやめます。
・・鉄道模型作らなくちゃ。
 
 
さらに、嫌なことに気がついた。
当初、パソコンを起動しなくてもレイアウトのそばでMP3によるBGMが流せればいいと思ってMP3ボードを使ってレイアウト付近に組み込むものを作ったのだが、もしかして、それと同じくらいのサイズのラズベリーパイではるかに高機能なことができるってことか。
モニタ、キーボードを含めればちょっと高価になるが、本体だけだと同じくらいの価格。

 
押しボタンの一覧表をラズベリーパイで表示させて実際のボタンを探すくらいなら、その一覧表のリンク先に音楽ファイル置いといてラズベリーパイで再生すりゃいいってことか・・
ウ~ム、今までやってきたことが音を立てて崩れていく!!
ひぇ~~