LATITUDE X300

DELL LATITUDE X300

2003年にDELLから発売されたいわゆるB5ノートパソコン。
Pentium M 1.20GHz、メモリ128MB、OSはWindows XP Professional。
調べなおすとこの最小構成でメーカー価格は188,000円だったようだ。

今から見ても結構お高め。

出先でOfficeを使う必要があってメモリを512MB追加して買ったもの。
当初はそこそこ使えていたのだが、いつごろからかOSが重くなって起動もままならなくなっていた。

何ヶ月か使わないでおいて更新プログラムが溜まっていると電源をいれてからスタートボタンをクリックしてメニューが表示できるようになるまで1時間もかかることがしばしば。
やっと更新が終了して再起動したと思ったら、今度はアンチウイルスソフトの更新でこれまた数十分。

出先でのofficeを使った仕事は他のPCに譲って隠居状態。
OSを軽く動くLinuxに載せ換えた時期もあったが、あまり用途が無かった。

最近、プラモデルの名板をwordで作り始めたが気負ってやるものではないので、コタツに入ってテレビを見ながら作業ができたらいいなぁと思うナガラ族。

このPCのことを思い出した。

XPもサポートが終了して更新プログラムもなくたまに悪意のあるプログラムの削除ツールが配信されているのみのようだ。

全くのスタンドアロンでの使用というわけでもなく、他のPCとのファイルの交換もあるので一応アンチウイルスソフトAVGのフリー版を入れて第二の人生スタート。

電源を入れて、ハードディスクのガリガリが収まってスタートメニューがクリックできる程度まで動作するのに約10分強。
AVGの更新があるとさらに時間がかかる。

まぁ、時間がかかるのはなんとか我慢しよう・・と思っていたら「仮想メモリが足りない」というメッセージが出る。

何日か様子を見ていたが、AVGの更新があるとその処理でメモリ不足となるようだ。

まぁ、一応更新はできるようだが、それが終わるまで他のAPは使えない。

・・つまり、デフォルト128MB、追加512MBの計640MBのメモリではOSとアンチウイルス
ソフトの更新が動いたら、他のAPは動かないということ。
・・ダメじゃん。

ユーザーが使えるメモリスロットは1つのみで最大1GB、PC2100かPC2700のメモリが搭載できるようだ。

一応SOIMM DDR SDRAMの販売状況を調べてみたら細々と販売されていた。

PC2700、1GBで1,485円、送料無料。

今更お金をかけるPCではないが、1,485円くらいならままいいか。

DDR SDRAM-S.O.DIMM
底の蓋開いてメモリ交換。

無事に起動。
デフォルト128MBとあわせて1.11GBのRAMとなった。

PCの起動時間はこれまでの十数分が3分程度に短縮できた。
タイミングよくAVGの更新も走ったようだが、今回の更新ではメモリ不足が表示されることは無かった。

ということで、1,485円の投資でしばしの延命となったのでした。

1/48 メガサイズモデル MS-06S 「シャア専用ザク」

メガサイズ シャア専用ザク

全高365mm。
1/48スケールのシャア専用ザク。

 

1/48 メガサイズモデル MS-06S 「シャア専用ザク」

メガサイズ シャア専用ザク

2015年10月購入

購入時のメーカー価格 ¥7,800(税別)

2010年3月に発売された「ガンプラ」生誕30周年記念のガンダムに続いて2010年12月に発売されたメガサイズモデルの第2弾。

第1弾のガンダムは昨年のクリスマスに子供に買ってもらった・・
・・もう、子供にいろいろと買ってもらっているんですわ・・
・・孫ができたらお返しするから・・

先日、ipodを家電量販店で買ったときのポイントなどで、ポイント残高が3,000円分以上貯まってきたので、いつもプラモデルに投資する額に上乗せして6~7,000円くらいのものが買えそう。
となると、大きなパッケージのものに目が行ってしまった。

最近の成型技術はものすごいもので、小さなスケールのものでもホント精巧にできている。
ミリタリものなど1/35スケールより場所をとらない1/48スケールのものをどんどんストックするようになった今日この頃。

でも、重厚長大産業の時代を知っているおじさんとしては大きいプラモデルも気になる。

プラモデルに限らず、大きな模型を作っている人はどこに飾っているんだろう・・

私の1/8.4スケールのライブスチームの機関車ですか?
まだ、庭にあります(^^;

まぁ、もう数年以内には今の家は子供たちに譲って、あたいは実家に帰ってNゲージの固定式レイアウトを作ったり、プラモデルの飾り台を作ったりと今以上に気ままに暮らす予定なので!?、置く場所もなんとかなるんじゃないだろうか・・と思っているのだが。

まぁ、そんな夢は置いといて。

メガサイズ シャア専用ザク
やはり、全高365mmだけあって1つ1つのパーツもでかい。

色もいい感じ。

接着した境をパテ埋めするとどうしても塗装が必要になるが、塗り直すのももったない気もしないではないが。

1/48 メガサイズモデル
パッケージはザクの方がでかい。

ちなみに、メガサイズモデルの第3弾は量産型ザク、4弾、5弾にはガンダムAGEが
ラインナップされているようだ。



誕生日プレゼント

誕生日プレゼント

子供から誕生日プレゼントをもらうようになってから、数年が経つ。
今年こそは辞退・・と思いつつ、またもらってしまった(^^;

でも、今年こそはちっちゃいものを一つだけでいいと言ったのだが、まぁいいからと押し切られて?結局5つも買ってもらった・・
大きいのを1個買ってもらった方が安かったみたい。
誕生日プレゼント
ちなみに、今年はトラックが欲しかったのだが、アオシマのものは7~8,000円。
フジミの安いのがあったので、それで一つでいいと言ったのだが・・2つ買ってもらった。

船の方は、現在ウォーターラインシリーズの空母をストックしていっているのだが、備忘録代わりのこのホームページも更新がおろそかで、ダンボールの中を覗かないと何をストックしてるのか忘れてる始末。

せっかく買ってくれるのならまだストックを始めていない戦艦を・・

いよいよ戦艦の収集がスタートをきりました。

もう、すっかり子供に迷惑をかけるようになって・・!?

山肌の素材

山肌の素材

Nゲージのレイアウトを作るとき、山の地肌がプラスターや石膏だけじゃなぁ、ということで多少目が粗いがティーバッグ、コーヒーの出し殻などをビンに入れてストックし始めていた。

ところが、コーヒーの出し殻の方にカビが出始めていた・・ひぇ~

だいぶ乾燥させたつもりなのだが、まだ乾燥が足りなかったみたい。
それをビンにつめたもんだから、下の方には空気がまわらず、カビてきたようだ。
ティーバッグの方は量が少なかったのも幸いしてカビは生えていなかった。

レイアウトに接着してからカビでも生えてきた日には目も当てられない。
一旦今あったものは全て処分して新たにストック開始。

山肌の素材
今回は窓際でしっかり乾燥させてビン詰めに・・

ビン詰めにする前に早くレイアウト作って貼り付けろってか?

ハードディスクがボロボロと・・

壊れたハードディスク

数日前から、Windows メディアプレーヤーでプレイリストを切り替えようとすると砂時計の状態が長引くようになってきた。

・・もしかして、ハードディスクか・・・

S.M.A.R.T. 情報を見るためのツールを物色。
いざという時こんなツールは必要だが、通常時にはほぼ使うことがない。
インストールしても忘れてるし、いざ使おうと思ったら、新バージョンのお知らせがでてくる。
ものによっては常駐するためメモリも圧迫するし・・

できれば、インストールなしでダウンロードしたファイルを解凍するだけで使えればいいなぁ、という自分勝手な私です。

で、今回使わせてもらったのが、CrystalDiskInfo ディスク情報ツール
常駐させてメールや音声でハードディスクの異常をどちらかを通知できるらしいが、解凍だけでも使えるみたい。

チェックしてみる

元々2組のミラーリングしたハードディスクを搭載していたが、windows10に移行して毎日のようにダンマリになったり、エラーを吐いて落ちたりするので、 連日リビルドが走っている状態。

リビルド中にリセットがかかったりすると心配なので、ミラーリングはやめ、現時点では4本のハードディスクにいろんなパーティションがある状態。

crystaldisk画面
代替処理済のセクタに黄色表示がついていた。
セクタ代替処理が進んでいるようで、代替処理保留中のセクタ数にも黄色表示がでていた。

ちなみに、4本のディスクのうち2本に黄色の注意の判定。

もう一組、ほぼ同じような構成、同じ時期に作ったP6T WS Proもチェックしてみた。

同じように4本あるディスクのうち1本に黄色の注意の判定。

合計8本のディスクに3本の注意の判定ということになった。
もう、丸5年も経過したPC。
ほぼ毎日どちらかを使っているのでディスクの劣化もいたし方ないこと。

同時期に壊れると出費はいたいが、作業は一度にできるので楽といえば楽かも。

Windowsのバックアップ機能でも劣化を検知

Cドライブも黄色判定だったので、OSもバックアップして引越し。
Windowsのバックアップの画面では、別パーティションでも同じドライブにバックアップしようとしていたら「同じドライブじゃ危ないですよ~」という感じのメッセージが表示される。

今回バックアップの画面を開いたら「このドライブは危ないですよ~」という感じのディスクの劣化を通知するようなメッセージが表示されていた。
・・詳しいメッセージの内容はメモしなかった(^^;

へ~、やっぱWindowsもディスクの情報はチェックしてるんだ。

あれ? もしかしたらWindowsにもSMART情報に類するものを見る機能もついたのかな?
それとも、出し惜しみして、障害情報を収集してマイクロソフトに送るときには送っているのか?
よ~、わかりません・・

ハードディスク購入

ディスク3本が障害だが、財布は許さない。
3Tbyte2本、お安めの5400rpmにした。
WD30EZRZ-RT
ハードディスクも数多く買ってきたが、箱入りは初めて。
しかも、1年保障付き。・・保障付き買うもの初めて(^^;

通販で買ったのだが、ちゃんとした箱に入っていた。

壊れたハードディスク
壊れたかけたハードディスク・・3本も。

OSのリストア

Windows10のバックアップで作成したCDでブートしてOSをリストアするのは初めて。

詳細オプションから「イメージでシステムを回復」のメニューを選択すると表示されるのが「システム イメージ バックアップの選択」画面。

win10 復元イメージの選択
イメージの場所の下にはバックアップデータを取得した日付が表示されていると思われる部分が「次へ」などのボタンの下に隠れ、ほぼ確認できない状態。

これで、いいかと言われても・・・

もうちょっと頑張れよWin10。

このPCには他のPCのOSのバックアップも取っているのでそれでは困る。

一旦OSをリカバリするディスクと、バックアップを取っているディスクの2本のみ接続して再度リカバリ実行。

何が復元されるかは、神のみぞ知る・・
・・ちゃんと戻りました。

まぁ、これで後は時間をかけて3Tbのディスクにデータの再配置。

復元後、メディアプレーヤーでプレイリストを切り替えを行ってもサクサクと表示されるようになっていた。
わかりやすいところで障害が起きてくれたので完全にデータがぶっ飛ぶ前に交換できましたわ。

crystaldisk画面

ちなみに、今回障害となった日立のHUA722020ALA300は使用時間7081時間、HDE721050SLA330は使用時間10162時間、ウエスタンデジタルのWD20EARSが使用時間9061時間。

もともと同じ銘柄同士でミラーリングしていたのでペアのものは同じくらいの使用時間のはず。
ぼちぼち全部寿命を迎える時期か?

HDE721050SLA330は使用時間10162時間に対して電源投入回数1028回。
1回の電源投入で約10時間使用。

もう一台のPC、ウエスタンデジタルのWD20EARSが使用時間9061時間に対して電源投入回数1753回。
こちらは1回の電源投入で約5時間使用。

P6T WS Professionalを組み立てたのが2010年7月だから、5年3カ月、63カ月経過。
ざっと1900日くらい。

電源投入回数1028回と1753回で2781回。

1日平均1.5回電源投入。

土日、祝祭日もなく5年間。1回の電源投入で約10時間とか、約5時間使用している。

S.M.A.R.T. 情報からはライフスタイルも見えてくるんですなぁ・・

1 2