Nゲージレイアウト用制御盤 (その1) 音の部分1

電機用コントローラ製作に着手はしたものの音源を作ったり、踏切を作ったりと脱線続きなので、もうひと脱線。

制御盤を作ることにした。

電機用コントローラはアダプターから電気をとるつもりだったが、PICマイコンでBMGの音やらを再生したり、踏切を制御したりということを考えると電源アダプタばかりになってしまうので、古いキューブパソコンの電源を流用することにしたが、これも裸のまま置いとくわけにもいくまい。
ということで、電源やら音源ユニットやらの電気部品の収容を兼ねた制御盤にしようかなと。

Nゲージ用制御盤 音源用MP3ボード
ひとまず制御盤に格納するのは、市販のMP3の再生ボード4枚(中央)。
先日作ったWAVとMP3再生用のボードとは別に、こちらは市販のMP3ボードだけを4枚立てらせてみた。

左にあるボードはタクトスイッチを一杯並べたもの。これを押すとダイレクトに選曲して音を鳴らすことができる。

右にあるボードはアンプ部。
4つのMP3ボードの音源をミキシングして出力させ、ステレオの音声を2系統に出力することができる。

さらに、左のボードにはスピーカーの系統を切り替えるスイッチがある。

スピーカーはひと組を制御盤付近に配置し、もうひと組はレイアウト付近に配置する予定。
MP3ボードごとに手元のスピーカから音を出すのか、レイアウト付近のスピーカーから音を出すのかを切換えができる。

気持ち的には、上りホームのアナウンス音、下りホームのアナウンス音、駅構内の機関区などの雑多な音を2つのMP3ボードで受け持ってレイアウト付近のスピーカーに出す。
電機用のコントローラを使うときは機関車のコンプレッサーの音やら、走行音を2つのMP3ボードで受け持って手元にスピーカーに出す。

お~、想像しただけでやかましいレイアウトになりそうじゃぁ~

Nゲージ用制御盤 音源用MP3ボード
タクトスイッチ44個とスライドスイッチ4個を配置したボードは結構ごちゃごちゃ。
テスターでさわってショートしていないことを確認するのが結構手間取った。

Nゲージ用制御盤 音源制御部
ベースはいつものとおり、本棚のボードを流用した。
(それでも、まだまだ本棚のボードが余ってる)

この天板には、ポイントの切り替えスイッチなどを配置するつもり。

Nゲージ用制御盤 音源確認用押しボタンスイッチ
前面には音をダイレクトに選曲して再生するためのボードをとりつけ、前面からタクトスイッチを押すようにしてみた。
・・が、こんな低い位置では操作性が悪い。

いやいや、心配ご無用。
このスイッチはあくまで音の確認用で、実際にはPICマイコンで制御するつもりなので。

一部、上部がはがれているようで・・
いやいや、心肺ご無用。
コーナーの処理は天板をつけるときにやりますので。

Nゲージ用制御盤 音源制御部
MP3ボードはUSBで音の入れ替えができるが、頻繁に行うつもりはないので、天板を取り外してアクセスするつもり。

Nゲージ用制御盤 電源部
古いキューブパソコンから外して流用した電源。
これでコントローラや音の出す機器のすべてをまかなう予定。

壊れたら、別のパソコンを分解して・・!?

Nゲージ用制御盤 音源制御用PICマイコン
音の制御はMP3ボード(MK-144)1枚に対して1個のPIC16F887を使って、UARTで制御用のコマンドを送信する。

PIC16F887は40ピンのマイコンで、電源用やUART用を除いても30ピン以上が入力に使用できるので、ここにセンサーやら押しボタン、他のPICマイコンからの制御信号を入力させて音の制御を行う。

Harley-Davidson FLH1200 POLICEBIKE

1/6 オートバイシリーズ No.38 ハーレー・ダビッドソン FLH 1200 ポリスタイプ

ハーレー・ダビッドソン FLH 1200 ポリスタイプタミヤ

2013年購入  (購入時価格 ¥14,000(税別))

2013年の誕生日に子供からプレゼントしてもらったプラモデル。

1/6オートバイシリーズには以前からハーレーがいくつかラインナップされていたが、なかなか再販されたのを見たことがなかった。
CB750の白バイタイプもなかなか再販されていないようであったが、2011年に再販されたものを発見。
続く2012年にはハーレー・ダビッドソン FLH クラシック ブラックスペシャル。
で、2013年にはこのFLH 1200 ポリスタイプが再販されたのを知った。
年に一度くらいは何か大きな物が再販されているのか?

XS1100LG、CX500、YZ250など中身が若干変更されてシリーズ番号が新しく振り直されたものもあるようだし、結構頻繁に再販はされているのかもしれない。

ハーレーについてはその後、FXE 1200 スーパーグライド、FLSTFB ファットボーイ ローなども発売されたようだ。

けれど、1/6スケールのバイクのプラモデルはパッケージサイズも大きく、なかなか街中のプラモデル屋さんで目にすることがなくなった。・・プラモデル屋さん自体が絶滅の危機か!?
これからプラモデルはネットで発売状況を調べて、通販で注文、出来上がったものはネットで公開という完全に家の中に閉じた趣味というスタイルになるのだろうか・・イベント見に行く元気もないし。

ハーレー・ダビッドソン FLH 1200 ポリスタイプ
届いたものはラップで巻かれていたので、中も見ないでそのままストック。

工場から、卸売店、宅配便を経て家の倉庫に直行・・

家の中でも仕舞ってるだけじゃコレクションにもならん。ということで、ためこんだプラモデルも作り始めなくちゃ。

で、現在は完成品を飾る台の付近でBGMを流すものをNゲージと共用で使用できるように製作中。
鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2

プラモデルを飾る台も作成中。
これらができたら、ぼちぼちプラモデル製作にも取り掛かれる。かも。



Nゲージ 踏切の製作(その4) 量産2

センサーのテストも終わったので、制御用基板部分を最終仕上げ。

遮断機のない踏切、遮断機が2セットの踏切、遮断機が4セットの踏切など合計5セット分を作成した。

踏切に構成に応じてPICの構成やらコンデンサの容量などが少しずつ異なっている。

警報音とLED用のPICはPIC12F675、遮断機はPIC12F629、センサーと進入方向を示すLED用はPIC16F630を使用した。

踏切によって機能が異なること、プログラムを格納できるサイズの制約、ポートの数、アセンブラを使った際のデバッグのしやすさ等々から3種類のPICに機能を分けたが、結果からいうとPIC24FJ64GA002などを使ってc言語などで書けば1つのPICで良かったみたい。あとはコンデンサの容量だけ変えれば。

PIC12F675が80円、PIC12F629が70円、PIC16F630が100円など。片やPIC24FJ64GA002は330円で購入と若干高め。
けど、遮断機が4セットある踏切はPIC12F629を2つ使ってしまったので、PICのコストはトントン・・・

今後作るならPICはPIC24FJ64GA002の1つにまとめた方がいいかなぁ、と思うが、踏切は5セット以上いらんしなぁ・・

踏切制御基板量産
一番下のは、試しに購入した市販の踏切音とLEDのキットの基板をくっつけて機能を少し拡張したもの。

PICでWav再生3

鉄道模型、プラモデル展示台用の音源としてPICマイコンで作成しているWAV再生ボード。
ちょっと小さめに作ってみた。

PIC24FJ64GA002 WAV再生ポード
ただ、今回もMP3ボードを載っけたため、やっぱ大きめか。

ボードは、95mm×72mm。

[youtube]http://youtu.be/_IyeWwwKgXs[/youtube]

次回はMP3ボードなしで、さらにコンパクトに・・・って、幾つ作るつもりじゃ!?。

鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生)
鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2

鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生) 2

先日、鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音源を作ったが、手元にあった市販のMP3ボードの制御用のボードとくっつけたため、ちょっと大きくなったので、小さめのものを作ってみた。
ただ手元にもう一つMP3ボードがあったので、これを載せておくことくしたため、やはり、ちょっと大きめか。

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード
前回のものは単純に市販のボードと連結しただけなので、大きめ。
Nゲージのレイアウトの下に隠すぶんには問題ないけど、単体のプラモデルを飾る台には大きすぎる。

今回のものは電源、スピーカを除いて、95mm×72mmのボード上に収まった。

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード

MP3ボードが7つの押しボタンに応じてダイレクトに選曲できる機能を持っているが、このスイッチは無くしたが、「やっぱ使いたい」と気が変わった時のためにコネクタで接続できるようにはしておいた。
・・こんなことやってるからなかなかコンパクトにならない・・

PIC24FJ64GA002 WAV再生ボード
一応スイッチ類も小さめのものを使った。

これで、鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用に使える手持ちのMP3ボードはなくなったが、SDカードのスロットと、PICが残っているので、もう少しこんなのを作っておこうかな・・
おそらく、この2/3くらいの大きさにはできそう。

microSDカードや圧電スピーカを使って、電池駆動にすれば1/24スケールの自動車の模型に乗っけられるものもできそうであるが・・

鉄道模型レイアウト・プラモデル展示台用の音(PICでWAV再生)

で、プラモデルの飾り台として作った「箱」はこちら

1 2