’64ホンダ S600

1/32 オーナーズクラブシリーズ No.3

’64 ホンダ S600(昭和39年)

HONDA S600

株式会社 マイクロエース(有井製作所(アリイ))

2013年1月購入 (購入時価格 ¥600(税別))

日本初のDOHCエンジンを搭載した市販車S500に手を加えてデビューした2シーターのスポーツカー。

HONDA S600 キット構成一袋のパーツの他にもう一袋、屋根とタイヤ、説明書入りの袋が。

全長は98mmくらいと、このシリーズのマツダ キャロルよりちょっと大きい。

2シーターのライトウエイトスポーツということで、屋根の後部あたりは今のマツダのロードスターのような感じ。

このパッケージをみると、タイヤがホワイトウォールとして描かれている。

マツダ キャロルもそうだったが、このころ(昭和30年代の終わり)は、こんなタイヤがはやっていたのだろうか。
作る時はキャロルのタイヤと一緒に色を塗った方がよさそう..

’62マツダ・キャロル

1/32 オーナーズクラブシリーズ No.8

’62 マツダ・キャロル(昭和37年)

1/32 オーナーズクラブシリーズ マツダ キャロル

株式会社 マイクロエース(有井製作所(アリイ))

2013年1月購入 (購入時価格 ¥600(税別))

2+2シーターのマツダR360の後継として昭和37年にデビューしたマツダ・キャロル。
と、いってもピンとこない。
デビューから12~13年使われたとして、初期に売られたものでも昭和50年近くまで走っていたのだろうか?
リアウインドゥが垂直に立った特徴あるシルエット。パッケージに描かれたベージュ系の色がトレードカラーなんだろうか。確かに見たことがあるような気がするが、あまり記憶に残っていない。
今、こんな新車があったら欲しいけど。乗り降りする時も..窮屈そうだけど..

マツダ キャロル キット構成
パーツはシンプルに一袋におさまってる。

全長は90mmくらい。

パッケージを見るとボディの上から1/3くらいのところにモールがあって、その上下で色のトーンが変わっているように見える。
屋根とボディ2色の3トーンなのか?
キットの車体を見るとモールは表現されておらず、このあたりを境に下部はへこんでいるような形になっている。
ささっ、とネットで調べた限りでは、ボディは単色で屋根との2トーンみたい。

また、パッケージを見るとタイヤのサイドウォールは1/4くらいが白になっている。
このパッケージのとおりに作れたらいいかも。

たら…れば..