eth0を認識しなくなった

VM上でテストしているVineLinuxであるが、IPアドレスを変更したらNICを認識しなくなった。

コマンドでネットワークを開始させると「インタフェース eth0を活性化中: デバイス eth0は存在しないようですので初期化を送らせます」と出てくる。

存在しないようですって、ついさっきまで存在してたじゃないの。しらばっくれてもダメ。

シャットダウン時には「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring」というメッセージも。

どういうアドレスを期待してるっていうの..

VMでLANを切ったり、繋いだりしてもダメ。
kudzuの設定状態も色々調べたがよくわからん。

悪戦苦闘の結果、次の処置で回復。

・ビールと餃子で気分転換(まずは再インストールしようという短気を押さえる)

・vmwaretoolを停止
・/etc/modprobe.conf、/etc/modules.confからvmwaretoolが追加した記述を削除
・/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0からHWADDRの行を削除
・リブート



aptでパッケージ更新保留のテスト

postfixのrpmをビルドし直したのでaptを使っている時に勝手にアップデートされると困るのでpostfixのみ保留するようにしてみたい。

と、aptの設定と動作確認をしてしているのだが、どうもうまくいかない。

/etc/apt/apt/confをこんな感じに編集
 RPM
 {
  Hold
  {
  “^postfix”;  ←テスト中は別のモジュール名に置き換えてますが..
 }
 }

で、実行すると、ウ~ム、ちゃんと更新できる..だめじゃん

ちなみに、
  HoldPkgs
  {
  “^postfix”; 
 };

と書くと、
W: Rename obsoleted option RPM::HoldPkgs to RPM::Hold
というメッセージが出るからHoldというオプションがあることは間違いなさそうなのだが。

ちょっとaptの設定自体HOLD。

postfixadminでドツボにはまる..3

postfixadminの画面からドメインを追加してみる
postfixadminの画面からドメインの追加をしようとしても「そのドメインは存在しません」というエラーが表示される。
ユーザの登録もできない。

DBやらpostfixの設定を何度も見直すが、どうもうまく動かない。

で、結局いきついたのがapacheのエラーログ。

お~、こんなところにエラーがでとる。

PHP Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /~/functions.inc.php on line 131, referer: ~

いろいろと調べていったら、phpのmagic_quotes_gpcがOffになっていた。
そもそも、これはpostfixadminのsetup.phpを実行してOnになっていることを確認したはずなのだが。

どうやら、今回はphp5でいこうとしていたのでphp5-mysqlを入れたのだが、後で間違ってphp-mysqlも入れたからmagic_quotes_gpcがOffのphp4が動いていたみたい。

postfixadminでドツボにはまる..2

postfixadmin + mysql

postfixadminがpgsqlで動かないなら、mysqlで。

rpmビルド
 rpmbuild -ba –define “_with_mysql 1” postfix.spec

..だが、pgsql対応の時は問題なくできたのだが、mysql対応のものがどうしてもできない。

で、結局わかったのは defineの指定で”_with_pgsql”と”_with_mysql”の両方とも指定する必要があるらしい。(postfix.specの中は全ておっかけていないので詳しくはわからんが。)

こんな感じでビルド。
 rpmbuild -ba –define “_with_mysql 1” “_with_pgsql 1″postfix.spec

インストール
rpm -ivh postfix-mysql-2.2.10-0vl6.i386.rpm

確認

postconf -mで表示される中にmysqlが表示されることを確認してOK

1 2