W400納車 ~帰宅編~

売却、納車の手続きも終わって帰宅のためにエンジン始動、初めて聞くエンジン音である。
 
W1を彷彿とさせる..ことがない..キャプトンマフラーの音。
さすが、最近のバイク。騒音対策もしっかりやってるなぁ。..静かである。
 
環境面への配慮は今の世の中でバイクが生き残るためには必要なことなんだろう。
 
アクセルをひねるとちょっとしたうなり音とともにエンジンもスムーズに回る。
さすが、現代のエンジンである..おじさんには物足りないかも。
 
いずれにしても想定内であり、おかーちゃんが乗りやすければそれでいいんだし。
 
運転手は私、おかーちゃんはタンデムシートで帰宅である。
跨った感じは、シートは前が狭くなっており、シート高も低いため足つきも良好である。
走行距離はまだ600km弱なので慣らし運転の最中といった感じで、気を遣ってしまう。私のバイクじゃないし。
 
ギヤはちょっと斜め後方に引き上げるような感じになる。ちょっと足がつらい感じであるが、ギヤの入りも悪くない。
 
5速、50km/hだと2,300rpmくらい。音も静かで振動も少ない。
 
面白いのは2,800rpmくらいから下から突き上げるような振動が伝わってきはじめ、3,800rpmくらいで下から突き上げるのとは違う振動に変わってくるところ。
(鼓動といえるのどうかは疑問であるのであえて振動と書くが。)
 
わずか1,000rpmほどの幅であるが、シフトアップしながらの加速中には面白く、この回転域に入るのが楽しみになりそうだ。
ただ5速3,000rpm、70km/hくらいで巡航していると、この振動はちょっと不快に感じることもあった。
 
約30kmの道のり、無事到着である。
 
お~、いけねえ、いけねえ。このまま家に帰ったらおかーちゃんは運転してないじゃないの。
 
ということで、家の手前数百メートルのところの交通量が少ないところでおかーちゃんと運転交代。
..交代といっても私は後ろに乗るのは怖いから遠慮して歩くことにしたけれど。
 
ぎこちなく跨いでいるとろこを見ていると、今にもバイクは倒れそうである。
そのあともフラフラしてるし。
足つきはいいけど、車重はちょっと重め。こりゃあ、立ちゴケする日は近いかもね。
 
無事自宅に到着したW400。
w400
 
大きめの縁取りで「ミラーです」と主張しているようなミラー。もうちょっと大きく写ってくれた方がありがたいかも。
W400 バックミラー
 
バーチカルツインエンジン。
W400 バーチカルツインエンジン
 
やっぱバイクは眺めてても惚れ惚れする部分が欲しいもの。このエンジンの造形は眺めるにはいいねぇ。
 
400ccに限らず、バイク全体のモデル数も減少している中では面白い存在だと思う。
他に例がなく、飽きがこないスタイルだと思う。
 
いゃ~、バイクっていいですねぇ。
 
そうそう、メーターはもうちょっと(角度が)立ってた方が見やすいようだ。

W400納車

W400。納車の日である。
下取りとなるカタナとブロンコに乗って持ち込みである。
今日転倒したら大変なことになると、ちょっと気持ちを引き締めての運転であったが、無事バイク屋さんに到着。
 
庭のスペースを確保するために売られていくカタナとブロンコ、最後の記念撮影。
カタナとブロンコ
 
一方、納車を待つW400。
W400
 
今年の3月に発売されたW400。
購入した車両は中古ではあるが、4月登録、走行距離584kmというもので程度は上々である。
ただし、「メータ文字板の印刷に使用したインクの乾燥が不充分なため、直射日光が当たることによりメータ文字板の温度が上昇した場合に、文字板のインクが気化し、防曇材に付着・蓄積してレンズ内面に微細クラックが発生し、局部的に白い曇り現象を生じるおそれがある。」という。
 
(詳細はカワサキのホームページで。 http://www.khi.co.jp/mcycle/recall/06-07/index.html)
 
このサービスキャンペーンのため、メーターは交換されており、ODOメーターの数値は175kmに戻っていた。
 
..メーカーでは交換記録は残しているのだろうが、堂々たるメーター戻し!?
販売後2~4ヶ月での交換なのでどの車両もそれほどの戻しではないんだろうが..気になる。
 
ちなみに、先日セミレストアを行ったCB750はメーターも整備したのでODOメーターはちゃんと0kmに戻しておきました..自分でやったのは気にならない!?
 
まあ、しょうがないということですか。



速度警告灯

ハーネス類やらを交換して点灯するようになったCB750の速度警告灯。
ただし、キーONで点灯し、80km/hで消灯するのが欠点。(欠点というより、重大な欠陥ですなぁ)

スピードウォーニングユニットの配線を入れ替えてみたら、キーONでは点灯しなくなった。

さて、80km/hを越えたら点灯するのでしょうかという期待の試運転。

80km/hを越えても90km/hを越えても点灯しない。
ア~ア、ダメだったか..

もうちょっと見直しが必要みたい。

2020年完成を目指して

庭(と、いうほどのもんじゃないけど)の整理を兼ねて放置気味だったGT125のパーツも綺麗にしてしまっておくことにした。
思惑は、老後に近所にちょっと出かけるときの足として夫婦おそろいの2台のGT125という段取りである。
 
ということで、レストア完了は14年後の2020年と考えている。
(まあ、先の事だし、きりがよいから2020年ということにしただけなんだけど)
 
1つ持っているキャリアはそこそこ状態がよい。ワックスをかけておいた。
GT125 キャリア
 
続いて、リアフェンダ。
2型のものであるが、メッキも痛み始めていてちょっと状態が悪い。
まぁ、2~3m離れて見りゃ良いほうだと思ってるんだけど。何しろ、30年物なんだし。
 
写真は小さくすりゃ、綺麗なもんだ。って、写真で満足してもしょうがない。
GT125 リアフェンダ
 
裏側は錆がひどいが、地金はしっかりしている。
#30の粗めのサンドペーパーやらワイヤブラシでゴシゴシと錆落としをやってみた。
GT125 リアフェンダ
 
仕上げは、ジンク系のスプレー。
GT125 リアフェンダ
 
これで、しばらく保管しても朽ち果てていくことはない..と、いいなぁ。

液晶モニタ

サムスンの液晶モニタSyncMaster 192Tを使っていたのだが、ウインドゥの白い部分から1~2cmほどの黄色いチラチラとする筋がでるようになった。

もう一台モニタがほしかったところなので、応答速度2msを実現したというSyncMaster 940BF-R を買って、こちらをメインに使うことにした。

今度のモニタは白がやたら明るい感じである。

スカパーからパソコンでキャプチャーしたものなどは、そのままパソコンで見ている。
動きの早い映像でもきれいという応答速度はどんなもんだろうか。

早速、画像の再生を始めてゴロンと横になる。
そう、お行儀よく正座して見るなんてことはなく、ちょっとモニタを見上げる感じで横になって見るのである。

・・が、やたら画面が暗い。起きあがって正面から覗くときれいに映っているのだが。

SyncMaster 192Tの視野角は水平、垂直ともに170°、対して今回買ったSyncMaster 940BF-Rの視野角は水平、垂直ともに160°。

失敗だった!!たった、10°、されど10°。
この違いは大きかった。

SyncMaster 192Tの修理が終わったらこれを再びメインとするしかなさそうである。

動画を見ないPCのモニタに応答速度はいらない..ブツブツ

1 2 3 4